インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

ユーチューバーに向いているのはどんな人?どんな適正が必要?

子供がなりたい職業にもランクインし、いまやYouTuber(ユーチューバー)は大人気の職種のひとつです。

これからYouTuberとして活躍したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、YouTubeの世界はライバルも多く、適性も重要です。YouTuberに向いているのはどんな性格か、適正について解説します。

\西日本在住の20代男女求む!/

 YouTuberに向いているのはどんな人?

自分で動画を作ってYouTubeに投稿するのがYouTuberの仕事です。

自分の好きな時間で好きなように仕事ができてお金を稼げるため、楽な仕事と思われがちですが、実際にはユーチューバーに求められる能力は非常に高いです。

好奇心旺盛でクリエイティブ

YouTubeの世界は流行の移り変わりが激しく、同じような事をしていると、すぐに視聴者に飽きられてしまいます。

第一線のユーチューバーとして長く活動するためには、視聴者を飽きさせない工夫が必要です。YouTubeをはじめ、ネットの世界はマンネリを嫌います。

視聴者を末永く引き付けておくためにも、ユーチューバーは常に新しいものにチャレンジし続けなくてはならないのです。

YouTuberは、基本的に全ての工程を1人でこなします。企画立案、撮影、編集など、全てがアイディア勝負です。

視聴者の印象に残る動画を作るためには、常に新しいものを生み出すための努力が求められます。

そのため、好奇心旺盛でクリエイティブな人でないと、YouTubeの世界で活躍するのは難しいでしょう。

自分の軸がぶれない強いメンタルを持っている

YouTuberは、基本的に自分たちの好きなものを動画として投稿しています。

しかし、人気が出てくるにつれて、視聴者から色々な意見が出てくることもあります。中には厳しい意見をぶつけられることも少なくありません。

そのため、ユーチューバーとして長く活動していると、自分のやりたいことと視聴者から求められるもののギャップに苦しみ、思うように自分の好きな動画を上げられなくなってしまうということがあります。

それが悪化すると、楽しかった動画投稿も苦痛になってしまい、ユーチューバーとしての活動を止めたくなってしまうということもあるでしょう。

YouTubeの世界で長く生き残るためには、自分の好きなものを持ち続け、自分の軸をぶれさせないことが大切です。

もちろん、視聴者からのアドバイスで良いと思うものは取り入れることも必要ですが、あまり周囲の意見に左右され過ぎても、自分の良さが失われてしまいます。

自分の動画に自信をもって、堂々と投稿を続けていかれるメンタルの強さも重要です。

周囲に対する気遣いができる

YouTuberの適性と人に対する気遣いと言うのはあまり関係がないように思えますが、実は非常に大切なポイントです。

YouTubeから収益を得るには、視聴者に動画を見てもらわなくてはなりません。

人気のあるユーチューバーとして活躍するためには、どれだけ多くのファンを獲得し、自分の動画を見てもらうかが重要になります。

人気のあるユーチューバーの動画と、まだ経験の浅い新人ユーチューバーの動画を比較してみて下さい。

人気のある動画は、視聴者が見やすいように様々な工夫がされているのがわかります。

自分のチャンネルの視聴者はどんな層なのか、どんな動画が喜ばれるのか、見やすくするにはどうしたらいいかなど、YouTubeの世界でトップに立つ人は、非常に視聴者に気を使って動画を作成しています。

自分に求められるニーズを上手く組み取って、需要に合わせた動画を投稿できれば、自然とユーチューバーとしての人気も高まっていくでしょう。

ストイックに努力できる

ユーチューバーというと、華やかで楽しい職業というイメージがありますが、実際は非常に地道な仕事です。

人気のあるユーチューバーであるほど、その日常は地道な作業の繰り返しであると言われています。

新しいネタを考え、企画の準備をし、実際に撮影して編集するという作業を毎日のように繰り返すのがユーチューバーの仕事です。

そのため、ストイックに努力を続けられる性格を持っている人は、ユーチューバーの適性があると言えます。

また、自分の動画のクオリティを向上させるための努力も大切です。

人気のあるユーチューバーは、自分の動画の魅力を100%視聴者に伝えるために、非常に細かい部分まで気を配って、日々進歩を続けています。

たとえば、テロップの文字の読みやすさや話す時の声のトーンなど、視聴者が気付かないようなところでもユーチューバーは細かく気を使っているのです。

自己プロデュース能力の高さ

日本のYouTubeのメインユーザーは小中高生と言われています。

そのため、現在日本で人気のあるユーチューバーは、若年層に受ける親しみやすいキャラクターの方が多いです。

ユーチューバーとして活躍するためには、やはり視聴者に受け入れられることが第一です。

そのため、視聴者にとって魅力的なキャラクターを演出できるかどうかは、ユーチューバーの適性に大きくかかわってきます。

セルフブランディングや自己プロデュース能力など、自分の魅力をアピールできる能力が高い人は、YouTubeの世界でも人気が高いです。

自分の魅力を最大限に伝えるための努力ができる人や、自己プロデュースのセンスがある人はユーチューバーの適性が非常に高いです。

まとめ

ユーチューバーの仕事は、見た目とは裏腹にストイックで地道な仕事です。求められる能力も多く、様々なスキルが必要であることは意外と知られていません。

とはいえ、大切なのは楽しみながら動画投稿を続けられる意欲です。まずは自分が楽しむことを第一に考え、動画投稿にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

\西日本在住の20代男女求む!/
[記事公開日]2018.03.08
[最終更新日]2018.03.19
[ライター]首藤