インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

VTuberとは?特徴やメリットデメリット、月収や年収を調査!

皆さんこんにちは。突然ですが、皆さんは「VTuber」という言葉をご存知でしょうか?

VTuberとは、バーチャルユーチューバーとも呼ばれ、YouTubeなどの動画配信サイトで、動画の配信を行っています。

しかし、その歴史はYouTuberよりもずっと短く、まだまだ成長可能性があると言えます。

今回は、そんなVTuberについて、詳しく解説してみました。

\西日本在住の20代男女求む!/

VTuberとは?

VTuberとは、一体どのようなものなのでしょうか?

そんな疑問に答えるべく、この項ではVTuberの特徴、人気の秘密、YouTuberとの違い、VTuberになるにあたってのメリットとデメリット、そして収入についてまとめています。

VTuberの特徴?

VTuberは、GC技術などで制作されたキャラクターを使って、動画配信を行っています。

要は、初音ミクのようなキャラクターが動画配信を行っている、ということです。

もちろん、架空のキャラクターが意志を持って存在し、あまつさえ動画配信を行うなど、現実にはあり得ないことです。

多くのVTuberは、動画配信の際、配信者の動きと連動してキャラクターが動く、という技術を使っています。

つまり、キャラクターの声や動きを再現する「中の人」が、画面の向こうにいる、ということになります。

VTuberの人気の秘密とは?

2016年12月、「キズナアイ」というVTuberが動画配信を始めたことがきっかけで、VTuberの人気、知名度は高まります。

その後、動画再生数は伸び続け、現在ではIT系、メディア系の各社が、VTuberに活路を見出そうと、投資まで行っています。

なぜ、キズナアイ及びVTuberは、ここまでの人気になったのでしょうか?

ずばり、どこかアイドル的な存在でありながら、動画配信や公式ツイッターを通して、相互方向のコミュニケーションがとれる、という親近感にあると思われます。

VTuberは、YouTuberに感じる親しみと、キャラクターに対する憧れ、その両方が合わさった、いわば「痒い所に手が届く」存在であるといえるのです。

YouTuberとの違いは?

では、ヒカキンなどに代表されるYouTuberとの違いは何なのでしょうか?

関係性で言うと、YouTuberという動画配信をしている人々の中に、キャラクターを使って動画配信を行うVTuberがいる、という関係になるので、VTuberもある意味YouTuberと呼ぶことができます。

しかし、YouTube以外でキャラクターを使った動画配信を行っていても、VTuberと呼ばれることもあるので、VTuberという概念は曖昧な概念です。

このように、厳密な定義の話になってくると難しくなってくるので、YouTuberは生身の人間で動画配信、VTuberはキャラクターで、というようにイメージしていただいたほうがいいかもしれません。

VTuberのメリットは?

VTuberのメリットですが、まず挙げられるのは、キャラクターを使うことによって配信者のプライバシーが保たれる、という点です。

配信にキャラクターを使用することで、配信映像を悪用されるリスクや、住所や本名を特定されるリスクが格段に減ります。

次に、配信者自身の「なりたい姿」で配信ができる、という点です。

性別や年齢、顔の印象まで変えることができるのは魅力的です。ボイスチェンジャーを使えば、声までもを変えることができます。

最後に、部屋を片付けることや、(特に女性の場合)メイクをすること、などの面倒な準備なしで気軽に配信できる、という点もかなりいいです。

気軽に配信できることで配信回数も増えて、その結果ファンが付きやすくなります。

VTuberのデメリットは?

反対にVTuberになることのデメリットとして挙げられるは、ある程度はキャラクターの設定やイメージに囚われる、という点です。

「中の人」など必要ない、キャラクターの配信が見たい、という層からすれば、設定やイメージを守らないVTuberの評価は、低くなるでしょう。

もっとも、見え隠れする「中の人」の人柄が、面白みに繋がっていくという見方もできるので、絶対に守らなければならない、というわけでもありません。

キャラクター性と「中の人」の人柄、この二つの兼ね合いをどう見ていくのかは、難しい問題です。

VTuberの月収や年収はいくら?

では、VTuberの月収や年収はどれくらいになってくるのでしょうか?

ユーザーローカルのランキングによると、VTuberの中で一番の人気を誇るキズナアイの推定月収が、約121万8000円です。(ユーザーローカルYouTubeランキングより、キズナアイの通常チャンネルとキズナアイのゲーム専門チャンネルの推定月収を足した金額)

この金額を年収に直すと、約1461万6000円となります。

VTuberは、リアルタイムで発展しています。そのため将来的に、この金額を上回る可能性もあります。

とはいえ、キズナアイの場合、個人ではなく会社ぐるみで動画配信をしているので、キズナアイとしての収入が全額「中の人」に配分されるとは考えにくいです。

また、個人としてVTuberになる場合だと、当然ですが定収入の保証はありません。

VTuberとしての収入を考えている場合は、まずは副業として初めることや、収入が多いときには貯金をすることなど、何かしらの対策を立てることが必要になってきそうです。

VTuberの将来性、可能性について

VTuber事業は、多くの企業の注目を集めています。

例を挙げると、今月18日、KDDIとグリーの子会社Wright Flyer Live Entertainmentが提携し、VTuber事業で協業していくことを発表しました。

ちなみに、このグリーの子会社ですが、親会社のグリーが今年に入ってから設立した会社で、1~2年で100億の投資を行っていく予定だそうです。

また、「少年ジャンプ」でおなじみの集英社も、今年中に「少年ジャンプ+」に登場するキャラを、VTuber化する事業を発表しています。

このような企業の動きから、VTuber事業がリアルタイムに発展しているコンテンツであると読み取ることができます。

\西日本在住の20代男女求む!/

まとめ

今回の記事では、VTuberとはどのようなものなのか、職業としての将来性や可能性も含めて紹介させていただきました。

この記事では紹介しきれませんでしたが、VTuberにはそれぞれ特色があるので、皆さんの好みのVTuberを見つけ、応援するのも楽しそうです。

記事を閲覧してくださりありがとうございました。

\西日本在住の20代男女求む!/
[記事公開日]2018.10.10
[最終更新日]2018.10.15
[ライター]マーガレット