インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

あなたもバーチャルYouTuberデビュー?VTuber100体プロジェクトとは

2018年6月20日に、株式会社ZIGがバーチャルYouTuber事業を発表し、「VTuber100体プロジェクト」を開始しました。

100体(100人)のバーチャルYouTuberのデビュー、およびプロデュースを支援するというプロジェクトです。

日本のバーチャルYouTuber界を変える画期的なプロジェクトで、バーチャルYouTuberの世界がますます発展していくことが予想されます。

これからバーチャルYouTuberを目指す方のために、概要や作り方をまとめました。

\西日本在住の20代男女求む!/

 バーチャルYouTuberとは?

バーチャルYouTuberは、VTuberとも呼ばれるYouTuberの一種です。

一般的なYouTuberは、人間がそのまま動画に登場しますが、バーチャルYouTuberは、3DCGで作成されたキャラクターであることが最大の特徴です。

キズナアイをはじめ、さまざまな人気キャラクターが登場し、YouTubeの新ジャンルとして一大勢力となっています。

バーチャルYouTuber になるには?

バーチャルYouTuberになるには、必要なものがいろいろあります。バーチャルYouTuberの基本となるものをいくつかご紹介します。

魅力的なキャラクター

バーチャルYouTuberになるには、動画の主人公となる、キャラクターデザインが必要です。2Dのキャラクターを作成し、3DCGに起こしていきます。

また、キャラクターボイスも用意する必要があります。バーチャルYouTuberの場合は、機械音声ではなく、自然な人間の声を採用している場合が多いです。

3Dモーションキャプチャー

キャラクターの3DCGを、モーションキャプチャーによって動かします。

バーチャルYouTuberをよりリアルにするためには、精度の高いモーションキャプチャーが必要ですが、顔だけのモーションキャプチャーにするなどの方法もあり、工夫次第でモーションキャプチャーの手間を省くこともできます。

3Dデータを動かすためのプログラム

バーチャルYouTuberを動かすためには、主にUnityという開発言語を用います。

その他にもいろいろな開発環境がありますが、Unityが最もバーチャルYouTuberの開発に優れており、使用しているユーザーも多いです。

\西日本在住の20代男女求む!/

 スマホでできるバーチャルYouTuber

バーチャルYouTuberは、手間をかければかけるほどクオリティが上がります。

そのため、バーチャルYouTuberになるには高額な機材や高度なプログラミング知識が要求されると思われがちです。

しかし、スマホのアプリを活用することで、誰でも手軽にバーチャルYouTuberデビューができます。

iPhone Xに搭載のフェイストラッキング機能を利用した、パペ文字(https://www.puppemoji.com/)というアプリを利用すれば、自分の顔の表情をリアルタイムでキャラクターに反映できます。

表情だけでなく、手の動作も反映できるため、アプリひとつでバーチャルYouTuberデビューが可能です。

iPhone Xユーザー以外の方は、ホロライブ(http://cover-corp.com/2018/04/05/hololivevtuber/)というアプリがおすすめです。

使用できるキャラクターは限られていますが、バーチャルYouTuberを試してみたいという方にはぴったりの手軽さです。

なにより、パぺ文字もホロライブも基本無料のアプリです。まずはこうしたアプリを利用して、バーチャルYouTuberの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回、株式会社ZIGがバーチャルYouTuber事業に参入したことで、バーチャルYouTuber市場がさらに活性化するのは間違いありません。

開発までのハードルが高いと思われがちなバーチャルYouTuberですが、スマホアプリからでも簡単にバーチャルYouTuberデビューできる時代です。

この先ますます盛り上がることが予想されるバーチャルYouTuberにチャレンジするなら、今が最高のタイミングと言えるでしょう。

\西日本在住の20代男女求む!/
[記事公開日]2018.07.05
[ライター]首藤