インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

バーチャルシンガーとは?今話題の3人を紹介!動画や絵師や中の人など解説

インターネット上に突如現れた、バーチャルシンガーYuNiをご存知でしょうか?

バーチャルYouTuberが世界的なムーブメントを起こす中で生まれた「バーチャルシンガー」が、今注目を集めています。

トークが主体のバーチャルYouTuberが多い中で、歌ってみた動画を中心に活動するバーチャルシンガーは異色の存在です。

バーチャルとは思えない自然で伸びやかな声と可愛らしいキャラクターが人気のバーチャルシンガーと、その可能性について解説します。

\西日本在住の20代男女求む!/

バーチャルシンガーとは?

バーチャルシンガーとは、人間の声を元に作られた、合成音声を使って生み出されたキャラクターの事です。

大ブームとなったボーカロイドの初音ミクや、最先端の技術を利用してYouTubeで活躍しているYuNiなど、さまざまなバーチャルシンガーがいます。

バーチャルシンガーとボーカロイドの違い

バーチャルシンガーというと、パソコンの合成音声で一躍有名になった「初音ミク」をイメージする方も多いのではないでしょうか?

初音ミクは、ヤマハが開発した「ボーカロイド(VOCALOID)」というソフトの技術を使って、クリプトン・フューチャー・メディアが生み出したバーチャルシンガーです。

つまり、ボーカロイドというのは、バーチャルシンガーを作るためのソフトの一種です。

クリプトン・フューチャー・メディアからは、初音ミク以外にも、鏡音リン・レンやKAITOといった、数々のバーチャルシンガーが誕生しています。

また、ボーカロイドとは違ったソフトを利用したバーチャルシンガーも存在します。

ボーカロイドと人気を二分する歌声合成ソフトのCeVIOは、歌声だけでなく会話も合成することができます。

CeVIOを使ったバーチャルシンガーは、さとうささらやONEなどがいます。その他にも各メーカーから音声合成ソフトウェアを駆使したバーチャルシンガーが活躍しています。

YouTubeで活躍する新世代バーチャルシンガー

これまでのバーチャルシンガーは、初音ミクをはじめとした音声合成ソフトウェアを使ったキャラクターが主流でした。

しかし、2017年末ごろからYouTubeを舞台にキズナアイなどのバーチャルYouTuberが活躍し始め、バーチャルシンガーの新しい形が生まれました。

その代表的な存在が「(自称)世界初のバーチャルシンガーYuNi」です。

バーチャルYouTuberは、 3DCGで作成したバーチャルキャラクターに人間が声を当て、モーションキャプチャーの技術を使ってリアルタイムで人間の動きをリンクさせています。

つまり、YuNiとこれまでのバーチャルシンガーとの最大の違いは、音声を人間が担当していることです。

初音ミクは音声が合成(=バーチャル)なのに対し、YuNiはキャラクターの動きが合成(=バーチャル)です。

同じバーチャルシンガーといっても、その仕組みは全く異なります。

今後も、楽曲制作などで音声合成ソフトウェアによるバーチャルシンガーがますます活躍する一方、YouTubeの世界では、YuNiのような新しいタイプのバーチャルシンガーが増えていくでしょう。

人気のバーチャルシンガーは?

ネット上で活躍するさまざまな人気バーチャルシンガー達をご紹介します。

バーチャルシンガー yuni

バーチャルシンガー yuniは、2018年5月に突如現れた新世代のバーチャルシンガーです。

わずか半年足らずで17万人近い登録者数を獲得し、バーチャルシンガーとして大きな注目を集めています。

透明感があり芯の通った歌声は、どこか癒しを感じさせます。

アニメソングやボーカロイド曲、J-POPなど様々なジャンルの「歌ってみた」動画をアップしていましたが、2018年10月には、初のオリジナルソング「透明声彩」が公開されました。

YuNiは、「Activ8株式会社」とタレント事務所「Candee」が共同プロデュースしているバーチャルシンガーです。

Activ8株式会社は、バーチャルYouTuberキズナアイをはじめ、多くの人気YouTuberをプロデュースしています。

バーチャルYouTuberに強い事務所がバックについているため、これからもさまざまなバーチャルシンガーYuNiの活躍が見られることでしょう。

バーチャルシンガー yuniの動画

【自己紹介】プラチナ 歌ってみた – YuNi【カードキャプターさくら】

バーチャルシンガーYuNiが最初に公開した「歌ってみた」動画です。人気アニメ『カードキャプターさくら』の主題歌を、YuNi独特の伸びやかな美声で歌い上げています。

YuNi MV 「透明声彩」

これまでカバーのみの活動だったYuNiの、初めてのオリジナルソングです。YuNiの歌声を引き立てる曲調と、印象に残るMVがユーザーに大きな反響を呼びました。

バーチャルシンガーYuNiの絵師は?

バーチャルシンガーYuNiのキャラクターデザインは、イラストレーターの桜木蓮さんによるものです。

ライトノベルの挿絵やソーシャルゲームのイラストを中心に、キャラクターデザインや原案でも活躍しています。

まんがタイムきららフォワードにて、『ひまりのまわり』の連載も始まり、今最も旬のイラストレーターの一人です。

バーチャルシンガーYuNiの中の人は?

バーチャルシンガーYuNiの中の人は公表されていません。

しかし、YuNiの共同プロデュースを行うタレント事務所のCandeeに所属している優茉(ゆま)さんではないかと推測されています。

優茉さんは自身もYouTuberとして活躍しているほか、アイドル活動も積極的に行っています。

今後、バーチャルシンガーYuNiの中の人としての活動も期待できるかもしれません。

バーチャルシンガー初音ミク

初音ミクは、バーチャルシンガーの先駆けとなった存在です。

クリプトン・フューチャー・メディアが2007年に発売したボーカロイドのソフトウェア音源で、現在に至るまで数々のアップデートを繰り返し、より人間の声に近いバーチャルシンガーに成長し続けています。

初音ミクが登場したことによるインパクトは非常に大きく、DTMソフトウェアとしては異例の大ヒットを記録し、これまでボーカロイドを知らなかった一般層にもその存在が認知されました。

その後はキャラクターとしても人気に火が付き、音楽CDだけでなくゲーム化やフィギュア化など、様々なメディア展開が行われています。

さらに国内外のライブイベントにも数多く出演するなど、元祖バーチャルシンガーとして、世界的に活躍しています。

バーチャルシンガー初音ミクの動画

【Hatsune Miku】 World is Mine / ryo(supercell)【初音ミク】

YouTubeで750万回再生を超える、初音ミクの代表曲のひとつです。

製作者のryo氏は、この曲の他にも『メルト』『ブラック★ロックシューター』『恋は戦争』といった、初音ミクの名曲を数多く生み出しました。

【雪ミク10th】「SNOW MIKU 2019」プロモーション動画【初音ミク】

バーチャルシンガーとしてネットの垣根を超え、リアルイベントでも活躍し続ける初音ミクの「SNOW MIKU 2019」プロモーション動画です。

DECO*27氏によるテーマソング『アイ』が雪ミク10周年記念のイベントを盛り上げます。

バーチャルシンガー初音ミクの絵師は?

バーチャルシンガー初音ミクは、イラストレーターのKEI氏によるものです。

初音ミクが出世作となり、その後も鏡音リン・レン、巡音ルカといったバーチャルシンガーのキャラクターデザインも担当しました。

その他にも、現在バーチャルYouTuberとして活躍しているミライアカリのキャラクターデザインを手掛けるなど、幅広い分野で活躍しています。

バーチャルシンガー初音ミクの中の人は?

バーチャルシンガー初音ミクは、声優の藤田咲さんの声をもとに作られた音声合成ソフトです。

藤田咲さんの声をサンプリングして加工しているため、完全に藤田咲さんの声というわけではありません。

初音ミクの声は、様々な技術を駆使して作られた、初音ミクそのものの声と言ってもいいでしょう。

バーチャルシンガー七瀬大空

既に人気男性バーチャルYouTuberとして活躍していた七瀬大空(ななせたく)が、2018年11月にバーチャルシンガーとしてデビューしました。

力強い歌声と独特のキャラクター性が魅力の、注目のバーチャルシンガーです。

七瀬大空は、テレビ東京と株式会社BitStarが共同プロデュースしているバーチャルシンガーで、今後はCDデビューやライブなども目指して活動する予定です。

既に地上波放送の出演も果たし、バーチャルとリアルの垣根を超えた活躍が今後も楽しみな存在です。

バーチャルシンガー七瀬大空の動画

Lemon/米津玄師(cover)【初の歌ってみた】

2018年11月に公開された、七瀬大空のバーチャルシンガーとしてのデビュー曲です。ファン待望の「歌ってみた」動画で、米津玄師の『Lemon』を情熱的に歌い上げています。

【危険】電流流しながら歌ったら、痙攣してしまって・・・【ロキ】

七瀬大空の人気動画シリーズ『極限状態で歌ってみたシリーズ!』の中の1曲です。プロとしてのプライドをかけて、極限状態の中でみきとPの『ロキ』を歌うユニークな動画です。

バーチャルシンガー七瀬大空の絵師は?

七瀬大空のキャラクター原案は、イラストレーターのべっこ氏です。

女性向けゲームの原画やキャラクターデザインで活躍しており、特に『刀剣乱舞』のにっかり青江のキャラクターデザインが有名です。

バーチャルシンガー七瀬大空の中の人は?

バーチャルシンガー七瀬大空の中の人は公開されていません。

七瀬大空のバーチャルYouTuberデビューの前にオーディションにて公募があったため、新人声優の可能性もあります。

今後はさまざまな場面の活動が予定されているので、その中で正体が明かされるかもしれません。

\西日本在住の20代男女求む!/

まとめ

今回は、バーチャルシンガーの元祖として世界的に活躍している初音ミク、新世代のバーチャルシンガーとしてデビューしたYuNi、そして珍しい男性バーチャルシンガーの七瀬大空と、動画配信サイトで活躍しているバーチャルシンガー3人をご紹介しました。

ボーカロイドから端を発したバーチャルシンガーのムーブメントは、形を変えて今新たに花開きました。

これからもさまざまなバーチャルシンガーが登場するでしょう。是非、この流行に乗り遅れないように、自分のお気に入りのバーチャルシンガーを見つけましょう!

\西日本在住の20代男女求む!/
[記事公開日]2018.11.23
[最終更新日]2019.08.20
[ライター]首藤