インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

ユーチューバーの収入源は何?

ユーチューバーの収入源は何?

小学生の将来なりたい職業の中にもランクインしたと話題になった「ユーチューバー」ですが、人気ユーチューバーともなると億単位の収入があると言われています。

ここでは、ユーチューバーたちの収入源にはどのようなものがあるかについて、ご紹介したいと思います。

ユーチューバーの主な収益源には下記のようなものがあります。

(1)動画コンテンツに広告を掲載して得る収益
(2)企業とタイアップして商品などを紹介する収益
(3)Super Chatで視聴者からチップ(投げ銭)を受ける収益
(4)その他の収入源

などの方法があります。

(1)~(3)までは誰でも可能と言うわけではなく、チャンネルの再生回数や、時間、知名度、などの条件が課されますから、まずはそのレベルに達することが大切です。

(4)は決まった条件があるわけではないものの、人気ユーチューバーになることで、TV出演や雑誌の取材など、メディアに登場する機会も出てきますから、その収益が期待できます

\西日本在住の20代男女求む!/

動画コンテンツに広告を掲載して得る収益

YouTubeの動画に広告を掲載するためには、YouTubeパートナープログラムに参加する必要があります。

YouTubeパートナープログラムとは、ここに登録した人がYouTubeに動画を公開する際に広告を表示して収入を得ることができるというシステムです。

当初は、商用のみに開放されていましたが、やがて、2011年には一般にも開放されるようになりました。

その後、2017年4月より、チャンネルの動画総再生数が10,000回を超えた投稿者にのみ、参加審査が行われ、審査条件を満たしている場合のみ参加が許可されるようになりました。

さらに、2018年2月20日よりその条件は、過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上でチャンネル登録者数が1,000人以上になり、基準がより厳格化されました。

現在は、この条件をクリアした場合、パートナープログラムへの参加資格の審査が行われます。

審査を通過した場合、Google AdSenseを介して広告を掲載することができるようになります。

広告のフォーマットの種類

広告のフォーマットにはいくつかの種類があります。

いずれも、広告を見たユーザーが商品を購入しなくても、クリック、あるいは一定時間以上視聴されることで報酬が発生すると言うものです。

ディスプレイ広告
動画の枠外(右側)に表示される広告です。おすすめ動画の一覧の上に表示されます。
オーバーレイ広告
動画の下部20%の位置に表示される広告です。クリックされることで報酬が発生します。
スキップ可能な広告/スキップ不可能な広告
動画始まる前後または途中に流れる広告で、スキップ可能なものと不可のものがあります。

スキップ不可なものはこれまで30秒ほどの広告が流れていましたが、長すぎると不評だったので、2018年にユーザーエクスペリエンスを向上する目的で廃止。

代わりにバンパー広告を推進していくようです。

バンバー広告
最長6秒のスキップ不可の動画広告で、最後まで視聴しないと動画を見ることができません。
スポンサーカード
動画に登場する商品などに関連するコンテンツが掲載された広告です。
ユーザーには、ティーザーが数秒間表示されます。

企業とタイアップして商品などを紹介する収益

人気ユーチューバーになると、投稿動画に広告を掲載するだけではなく、企業から声がかかることがあります。

その場合、動画に広告を掲載すると言うよりも、動画そのもので商品を紹介するということになります。

人気ユーチューバーが紹介している商品であれば、多くの再生回数が見込める可能性があります。

また、ユーチューバーオリジナル作品でなくても、企業とタイアップしたCMを制作するという場合もあります。

企業とタイアップしたことによる報酬は、動画に広告を掲載するより、はるかに多くの収益が見込めます。

\西日本在住の20代男女求む!/

Super Chatで視聴者からチップ(投げ銭)を受ける収益

2017年に、ユーチューバーのライブ配信中、視聴者のコメントの表示にSuper Chat(スーパーチャット)という機能が追加されました。

この機能を利用できる条件は、YouTubeパートナープログラムに参加していること、チャンネル登録者が1,000人以上、年齢18歳以上などがあります。

ライブの視聴中に、チャットのコメント送信を利用し、「チップ(投げ銭)」を行うかのように、100円~50,000円の範囲の金額を払えるという機能です。

通常、次々と流れて行ってしまうコメントですが、チップを払ったユーザーのコメント欄は蛍光色で目立つようになり、すぐに流れて行かず、金額に応じて数分間継続的に表示されます。

常連の視聴者ほど、チップの額は多くなる傾向にあると言われています。

これによる収益は、Googleとユーチューバーとのレベニューシェアとなるようですが、人気ユーチューバーになると、コメントの数も多くなりますから、チップによる収益もばかになりません。

その他の収入源

トップユーチューバーは、日本のみならず世界からも注目を集める可能性があり、TV出演や雑誌に掲載されるなどの収入を見込むこともできます。

日本のトップユーチューバーであるヒカキンさんなどは、海外大物アーティストとコラボするなどして話題になったことがありますが、そのようになると、いろいろなところからひっぱりだこになり、様々な収入が発生します。

また、自身でECサイトなどを運営しているのであれば、投稿動画からECサイトへの誘導し、商品の販売へつなげることもできます。

その他、トップユーチューバーであれば、ユーチューバーのためのコンサルティングなどを行うこともできます。

\西日本在住の20代男女求む!/