インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

稼げるユーチューバーを目指す方への最新情報

日本におけるユーチューバーの第一人者としてヒカキンが挙げられますが、今や子供が将来なりたい職業のベスト3に入っているのがユーチューバーというお仕事。大人の間では「ユーチューバーが仕事?」と疑問視される声も数多くございますが、YouTubeはテレビに変わる立派なメディアとして確立され、そこに投稿される動画はエンタメとして支持され、その動画を投稿するユーチューバーはテレビタレントをも超える立派なエンターティナーとして認められても良いのではないでしょうか。当ページでは稼げる次世代ユーチューバーを目指す方への最新情報を掲載してまいります。

YouTubeとは

YouTubeとは、個人がアップロードした動画を、ユーザーが無料で楽しむことができるインターネット動画共有サービスです。2005年にアメリカでサービスが開始されて以来、現在も多くのユーザーに利用されていて、2006年にGoogleにより買収され、2007年に日本でのサービスが開始されました。

YouTubeとユーチューバーの歴史

YouTubeと言えば、現在では世界中で月間15憶人を超える人が視聴している動画共有サービスであり、現在もその視聴者数は伸び続けています。多くの人がYouTubeの動画を視聴するようになり、自身で公開した動画に広告を掲載して収益を得るようになったのがユーチューバーです。YouTubeがいつ頃設立され、どのような経緯で現在に至るのか、また、ユーチューバーがいつ頃から登場したのかなどについて、ご紹介してみたいと思います。

ユーチューバーとはどんな職業?

世界中で月間15憶人を超える人が視聴している動画共有サービスYouTubeに、投稿した動画に広告を掲載して収益を得ている人をユーチューバーと言います。YouTubeの運営会社であるGoogle社によると、現在80以上の国で数百万人がYouTubeの動画により収入を得ているとのことです。

ユーチューバーになる方法と手順

ユーチューバーはYouTubeに動画を投稿して、収益を得ている人のことを言います。収益を得るようになるまでには、それなりに大変ですが、多くのファンを獲得して、数千万から億単位の収入を得ているユーチューバーもいます。ここでは、ユーチューバーになるための方法や手順をご紹介したいと思います。

ユーチューバーに必須なスキルとは

ユーチューバーとは、動画共有サービスYouTubeに投稿した動画に広告を掲載して収益を得ている人のことを言います。YouTubeのアカウントを取得して、動画を投稿するところまでは特別なスキルは必要ありません。おそらく、日ごろスマートフォンで写真や動画を撮影することがあるかと思いますが、その程度のスキルでも構いません。しかし、ユーチューバーは投稿した動画に広告を掲載して、収益を得る必要があります。2018年2月には収益を得るための「YouTubeパートナープログラム」に参加するためには・・・

ユーチューバーの収入源は何?

小学生の将来なりたい職業の中にもランクインしたと話題になった「ユーチューバー」ですが、人気ユーチューバーともなると億単位の収入があると言われています。ここでは、ユーチューバーたちの収入源にはどのようなものがあるかについて、ご紹介したいと思います。ユーチューバーの主な収益源には・・・

ユーチューバーの月収と年収について

ユーチューバーの主な収益源は、Google AdSenseを介しての動画広告となります。2017年4月にはパートナープログラムの参加条件が課され、「チャンネルの総再生回数が10,000回以上」とされ、さらに、2018年2月には「過去12ヶ月間のチャンネル総再生時間が4,000時間以上」および「チャンネル登録者数が1,000人以上」と変更になりました。つまり、収入のあるユーチューバーはこの条件に当てはまる人ということになります。現在は、規定が改定になったばかりでもあり、その人数がどのくらいいるのかも不明ですが、まずはトップユーチューバーと言われる人たちの収入をご紹介したいと思います。

ユーチューバーの次に目指す所はどこ?

ユーチューバーとして成功をするということは、投稿した動画が多数再生され、広告により多くの収入を得ることができたということです。トップユーチューバーのほとんどは、自らが動画に登場することにより多くの人気を博していて、芸能界のタレントのような存在になりつつあります。スマートフォンでYouTubeを見る人も多いことから、場所を選ばず、いつでもどこでも何度でも視聴することができますので、YouTube動画での広告は、今やテレビCMの影響力を凌ぐとも言われています。

ユーチューバーの将来について考えてみた

YouTubeの再生回数は、世界中で月間15憶回を超えると言われています。スマートフォンが登場して以来、いつでもどこでもインターネットの情報を見ることができるようになり、動画を楽しむ人も増え続けています。今や老若男女がスマートフォンを利用し、その普及率は上がる一方ですから、このままで行けばYouTubeのユーザーも増え続けることでしょう。このような中、ユーチューバーの数も並行して増え続けてきましたが、2017年、2018年と連続してYouTubeパートナープログラムへの参加条件が厳しくなり、広告を掲載できるユーチューバーの人数は制限されました。