インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

独学でWebプログラマーになる方法

独学でWebプログラマーになる方法

Webプログラマーになるためには、プログラミング言語を学ぶ必要があります。Webプログラマーが一般のプログラマーと異なる点は、Web上のシステムやサービスに特化したプログラミングを行うというところです。

現在、別の仕事に就いている、または高校や大学などに通っていてスクールに通うのは難しいと言う場合、独学で勉強するのも一つの方法です。

しかし、独学で挫折してしまう人が多いのも事実です。プログラミング言語に触れたことがない人が、いきなり書籍などで勉強しようと思った場合、意味の分からない大量のアルファベットと記号の羅列を見て、絶望的になってしまう場合が多いようです。

そこを突破できたとして、実際に取り組み始めると、

  • うまく動作しない
  • 不明点が解明できない
  • エラーの原因がどうしてもわからない
  • 出てくるメッセージがすべて英語で意味が分からない

という場面に遭遇した時などに勉強が止まってしまうようです。

また、どこまで勉強すれば実践で使えるレベルになれるのか、という先が見えない不安もあるでしょう。

スクールなどに通っている場合は、一緒に勉強する仲間もいますし、不明点を教えてもらえる講師もいます。就職支援・保証があるスクールもありますので、即戦力になれるレベルの感覚がつかめるかと思います。

Webプログラマーになるにはまず環境を整える

PCから用意するのであれば、プログラミングが学習しやすいMACをお勧めします。そして、プログラミングを勉強するには、まず、開発環境を整えることが必要です。

初心者の場合、中級者でも1~2日ほどかかると言われている環境構築で躓いてしまう場合もありますが、簡単に環境を構築できるクラウド型の統合開発環境(IDE)として、いくつかのサービスが公開されています。

例えば、「Cloud9」は、ブラウザさえあれば無料で短時間で開発環境を整えることができます。

Cloud9
https://c9.io/
Djang (Python)/WordPress/Metor(Node.js)/C++/Ruby on Rails/Node.js/PHP/HTML5、などのテンプレートがついています。その他の言語についてもインストールすることが可能です。コード補完機能や、デバッカーなどがついていて、効率的に作業が行えるようになっています。いきなりこのサイトを見てもわからないという場合は、ネット上に詳しい使い方などを説明したサイトなどがありますから参照することができます。

Webプログラマーは何を学べばいいの?

どこまで学べば全てかというときりがありませんが、おおむね

  • HTML、CSS
  • JavaScript
  • PHP、Java、Perl、Ruby、Python、
  • データベース(SQL)

などの知識が必要となります。

さらに上級者になると

  • Linux
  • Apache
  • Tomcat
  • MySQL
  • PostgreSQL

などを習得して行きます。

Webプログラマーは、Web上のシステムやサービスに特化したプログラミングを行うわけですから、Webサイトをブラウザで表示させるためのHTMLやCSSは基本中の基本となります。

HTML、CSS
HTMLやCSSはルールさえ覚えてしまえば、記述自体は他のプログラミング言語のようにごちゃごちゃしていないので習得しやすいと言えます。
JavaScript
JavaScriptは、Webサイトに動きを与えるプログラムです。
PHP
PHPはプログラミング言語の中では最もよく使われ、また、需要も多いので、早い段階で習得したいものです。

まずは、この4つをしっかり勉強するのがよいでしょう。

Webプログラミングを効率的に行えるツール

実際のプログラムを見ると、膨大な量のプログラムが記述されていて、これらを少しの間違いもなしに、1から記述するとなると気が遠くなるかと思います。

しかし、実際の現場では多くの場合

  • ライブラリ
  • フレームワーク
  • API

などを利用して効率的に作業を行うため、実際にプログラマーが記述する部分はものにもよりますが、全体の1%未満である場合が多いのです。

ライブラリ
ライブラリとは、他の人が書いたコードを活用する仕組みです。最近Webサイトでよく使われているjQueryはJavaScriptのライブラリの一つです。
フレームワーク
フレームワークとは、頻繁に使われる基本的な機能をまとめて提供してくれるものです。つまり、すべてのプログラミングを1から書かなくて済むようになり、効率的に仕事ができるようになります。たとえばRuby on RailsはRubyをベースとしたフレームワークです。
API
APIとはApplication Programming Interfaceのことです。簡単に言えば、外部のプログラムを使用するために必要なインターフェースです。たとえばGoogle MapをWebサイトに表示させるためにGoogleのAPIを使います。

どうすれば挫折しないで勉強できる?

一般的に独学で勉強した場合、実践で使えるレベルになるには1000時間以上はかかると言われています。

プログラミング言語を書籍などで1から習得しようとすると、挫折の原因となりますから、まずは無料のオンラインの学習サイトなどで概要を学ぶ事をお勧めします。

おすすめオンライン学習サイト

全ての知識を習得するのは難しいかもしれませんが、概要をつかむことが可能となります。有名なサイトでは下記のようなものがあります。

ドットインストール
https://dotinstall.com/
プログラミング初心者向けのサイトです。HTMLやCSSの入門編も用意されていて、一回当たりの動画時間が2~3分と短いので隙間時間を使って勉強するのにも最適です。時間が短いので講義が早口で進みます。

ホームページ制作/アプリ開発/ブログサイト(WordPress)/サーバーサイド言語/フロントエンド言語/データベース

Progate
http://prog-8.com/
初心者でもわかりやすく、楽しく学べるサイトです。初心者が躓きやすいポイントをしっかりサポート。使いやすい画面設計になっています。

HTML & CSS/JavaScript/Ruby/Ruby on Rails/PHP/

Schoo
https://schoo.jp/
無料の講座は生放送のみで、過去の動画は月額980円となっています。業界屈指の講師陣が講義をし、生放送の合間に質問も受け付ける場合もあります。Webプログラミングだけではなく、さまざまな分野の講座が開講されています。

無料のオンライン学習サイトで概要がつかめれば、書籍などでいきなり難しいプログラミング言語に触れるよりは知識が入り込みやすくなり、挫折しにくくなります。

乾いた土に肥料を撒くよりも、湿った土に巻く方が浸透しやすいのと同じです。モチベーションを維持するために下記のことを常に意識しておきます。

Webプログラミングを学ぶ目的を明確にする

Webプログラミングを学ぶ事により〇〇会社への就職を目指す、〇〇のようなシステムやサービスを作りたいなどの目標を明確にしておきます。

不明点が出たところで作業を止めないこと

意味が分からない、エラーが出たなどの理由で挫折する場合も少なくありません。無料のオンライン学習サイトでも講師に質問できる場もありますし、WebプログラマーのコミュニティやQ&Aサイトなどを利用して、なんとしても不明点は解明しておきましょう。

プログラミング関連のQ&Aサイトを2つほどご紹介しておきます。

terateil https://teratail.com/
Qiita http://qiita.com/

仲間を作る

同じように独学で勉強している仲間を作ることをお勧めします。仲間と言ってもそう簡単に見つかるものではありませんから、学習サイトなどのオンラインコミュニティに頻繁に参加する、セミナーなどに参加してみるなど、「人」関わってみるのがよいでしょう。

独学で学習する人の9割は挫折するとまで言われています。プログラミング言語を習得すること以上に、モチベーションを維持することが難しいと言う人もいます。

しかし、最近では簡単に開発環境を整えることもできるサービスが公開され、無料の学習サイトもたくさんあります。自分に最も適したサービスを利用しながら、楽しく、効率的に学ぶようにすることが大切です。