インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

システムエンジニア(SE)の平均月収と年収と立場について

システムエンジニア(SE)の平均月収と年収と立場について

システムエンジニアはSEとも呼ばれ、コンピュータシステムやソフトウェアを設計、開発する役割を担っています。クライアントの要望を基に、必要となる機能を兼ね備えたシステム設計書を作り、それをプログラマーに渡し、プログラミングの工程管理を行い、さまざまな指示を出します。

システムエンジニアの仕事は上流工程と呼ばれ、一般的にはプログラマーよりは年収も高めです。

システムエンジニアの平均月収や年収ってどのくらいなの?

全体の平均年収

平均年収 656万円
平均月収 41万円

システムエンジニアはプログラマーからキャリアアップしてなる場合が多いのですが、未経験からシステムエンジニアのアシスタントとして雇用されるケースもあります。

システムエンジニアの中でも、プログラミング言語の知識もあり、自らプログラミングを行うことができる場合、そしてさらに、マネジメント、コンサルティング力に長けている場合は、年収も高めになります。

年代別の平均年収

20代 約420万円
30代 約547万円
40代 約695万円
50代 約783万円
60代 約531万円

年代別の年収では、20代でも平均400万円台の年収があり、50代になると平均が800万円弱となりますので、Webデザイナーやプログラマーと比べてもかなり高い方に属します。

企業規模別の平均年収

大企業のシステムエンジニアの平均年収 約761万円
中企業のシステムエンジニアの平均年収 約629万円
小企業のシステムエンジニアの平均年収 約571万円

Web関連のすべての業種で言えることですが、企業の規模や業種によっても平均年収は異なりますが、概ね大企業の方が年収は高めとなっています。また、正社員、契約社員、派遣社員など、雇用形態によっても異なります。

業種別の平均年収

システムエンジニアは、仕事をする業界によっても収入が異なります。どの業界のシステムもセキュリティや高品質を求められることは当然なのですが、中でも金融(銀行・証券・保険)システムは正確さ、信頼性、安全性が特に問われる業界です。

銀行のATMなどは24時間営業をしている所もあり、夜間対応に追われることもあります。ですので、システムの制作だけではなく、保守・メンテナンスだけでも大変な作業となります。そのため、金融系のシステムエンジニアは群を抜いて収入も多くなっています。

建設業 758.9万円
製造業 661.1万円
情報通信業 1182.9万円
運輸業・郵便業 408.1万円
卸売・小売業 770.4万円
金融・保険業 1664.3万円
学術研究・専門・技術サービス業 990.4万円
宿泊業・飲食サービス業 448.8万円
生活関連サービス業・娯楽業 574.0万円
教育、学習支援業 1057.2万円
医療・福祉 878.2万円
その他 458.5万円

参考URL:「平均年収.jp」 http://heikinnenshu.jp/it/se.html

システムエンジニアが年収を上げるには?

業種を考える

システムエンジニアの収入は個人の能力もさることながら、関わるシステムの業種によっても大きく差があります。

金融・保険関連のシステムエンジニアの年収はダントツですから、金融・保険関連のシステム設計のスペシャリストになるという事も一つの方法です。しかし、難易度も高く、要求されることも多岐に渡りますから、簡単なことではありません。

資格を取得する

資格を持っていることが、直接収入アップになる場合とならない場合があります。

資格手当や資格合格報奨金のある会社であれば、多少なりとも収入アップにつながります。また、新規に仕事を得る上でクライアント側からするとシステムエンジニアの資格のあるなしが、一つの基準になります。

<主な国家資格>

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験
  • ITサービスマネージャ試験
  • システム監査技術者試験

<主なベンダー資格>

  • オラクルマスター
  • Java認定資格
  • Linux技術者認定試験
  • シスコ技術者認定
  • Android技術者認定試験

プロジェクトリーダーになる

これまでの仕事の成果からプロジェクトリーダーになるということもありますし、転職により、プロジェクトリーダーとして採用されるケースもあります。

大きな実績を上げることやマネジメント、コンサルティングができるなどの付加価値があることなどで、より高い報酬を得ることが出来ます。

より条件のいい会社への転職

現在、システムエンジニアの需要は非常に高く、売り手市場となっていますので、より条件のいい会社へ転職がしやすい状況です。そのためには、しっかり実績を作ることが大切です

。高いスキルを身に着けることはもちろんですが、ある業務の分野に特化したスペシャリストであること、大規模案件に関わった経験があること、プロジェクトリーダーの経験があることなどが好まれるようです。

フリーランス、独立起業

ある程度の実績を積み、スキルの高いシステムエンジニアであれば、フリーランスや独立起業という道も一つの方法です。

求人は売り手市場なので、有能なシステムエンジニアであれば、さまざまな案件が用意されています。また、難易度の高いものになれば、報酬も高額になります。

フリーであれば、仕事をした分だけ収入が増えること、また、仕事をする時間も自分で調整できるというメリットがあります。

システムエンジニアの立場について

システムエンジニアの仕事は上流工程と呼ばれ、プログラムの設計書作成の他、その工程の管理、完成したプログラムの品質管理などのマネジメントも行います。マネジメントのスキルを積み重ねていけば、プログラミングだけではなく、プロジェクトのリーダーへのキャリアップも考えらえます。

また、システムエンジニアと一口に言っても、どこに雇用されているかで立場が異なります。

特に大型案件になると、元受け、1次下請け、2次下請け、3次下請けと階層構造になっていきますから、下層下請けのシステムエンジニアは、予算の関係でプログラマーも兼ねていることさえあります。

また、元受けシステムエンジニアよりも上の立場なのは、発注側のシステムエンジニアです。自社の業務知識に詳しい発注側のシステムエンジニアが要件定義までまとめて、請負企業に発注を書けるという場合がありますが、そうした場合は発注側のシステムエンジニアの意見が最優先されます。

収入アップにも立場を上げるにも信頼が大切

システムエンジニアは、単にシステム設計のスキルを持っているというだけではなく、クライアント、プログラマー、そして、プロジェクト全体のスタッフとの関わりも多くありますので、コミュニケーション能力を持っていることが求められます。

収入を上げて、かつ立場も強固なものにしていくためには、周りからの信頼を得ること重要です。そのためには、せっかくのスキルが宝の持ち腐れにならないよう、しっかり周りに説明ができること、問題が解決できること、常に新しい情報を取得して、先を見ることができることなどが大切になってきます。