インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

自分はWebプログラマーに向いてる?適性を知りたい!

Webプログラマーの仕事は、近年需要が伸びている仕事のひとつです。

最近では小学校からWebプログラミングを学ぶ機会もあり、Webプログラマーを目指す人は、これからますます増えることが予想されています。

そんな人気の職業であるWebプログラマーについて、向いている人はどんな性格の持ち主なのか、Webプログラマーに求められる適正について書いています。

Webプログラマーは万人向きの職業ではない?

実は、Webプログラミングの仕事は、適正に大きく左右される仕事です。

最近ではIT企業の増加に伴い、Webプログラマーの求人は非常に多いです。

そのため、プログラマーとして適性がない人がプログラミング業界に就職してしまい、自分の適性と仕事が合わずにストレスになるというケースがよくあります。

もちろん、ある程度のところまでは努力でカバーできます。

しかし、専門性の高い職業ということもあり、Webプログラマーは個人の能力差が非常に激しい職種です。

そのため、Webプログラマーとして楽しく働けるかどうかは、適正の有無がかなり影響してくるでしょう。

これから本気でWebプログラマーとして働きたいと思っているなら、自分に適性があるかどうかを知っておくのはとても大切です。

Webプログラマーに向いている人の特徴

では、実際にWebプログラマーに向いている人の基本的な特徴をいくつか紹介していきます。

Webプログラミングの作業が苦にならない

Webプログラミングの作業の基本は、自分1人でひたすらプログラムと向き合う事です。

一つのプロジェクトが終わるまで、延々と1人でコードを書き続けるのが仕事です。そのため、一人で作業をする事が苦にならないというのは大切です。

Webプログラマーと言うと、何となく知的でかっこいいイメージがありますが、実際は非常に地道な作業の積み重ねです。

毎日プログラムと格闘して作業に没頭できるような、高い集中力が求められます。

そして、もちろんプログラミングを楽しいと思えなくてはいけません。

Webプログラマーとして就職しても、プログラミングを楽しいと思えなければ、毎日の仕事は苦痛でしかないでしょう。

向上心があって、常に勉強する姿勢

Web業界をはじめ、プログラミングの世界は常に進化しています。

今、最新と言われている言語も、ほんの数年したら時代遅れになってしまう可能性も大いにあるのです。

Webプログラミング業界の進化のスピードは非常に早く、常に最新の技術やスキルを学んでいく必要があります。

Webプログラマーとして活躍している人は、仕事以外の時間でも新しいプログラムを勉強したり、自分でアプリを作ってみたりしてスキルを磨いています。

Webプログラマーとして長く業界で活躍していくためにも、スキルを上げるための努力は重要です。

常に向上心を持ってプログラミングを学んでいくという意欲がある人は、Webプログラマーとして評価されるでしょう。

思考の切り替えが早く、冷静に判断できる

Webプログラミングの作業は、バグやエラーがつきものです。仕事でも、日常的に困難な壁に突き当たります。

そんな時、失敗を引きずって冷静に問題と向き合えないような性格では、Webプログラマーとしてはあまり向いていません。

Webプログラマーに求められるのは、冷静な判断力と思考の切り替え能力です。

優秀なプログラマーは、バグが発生したら、まず問題点を冷静に分析し、どうしたら問題解決に繋がるかを考えます。

そして、問題解決につながる可能性をひとつずつ潰していき、バグを解決に導きます。

何か問題が発生しても、焦らず、慌てずに問題に対処できる能力を持つプログラマーは、トラブルにも強く、成長も早いです。

こんな人がWebプログラマーとして成長する!

Webプログラマーの基本的な適性以外に、業界でさらに活躍するために求められる能力は次の2つです。

何にでも興味を持つことができる

仕事で伸び悩んでいるWebプログラマーにありがちなのが、プログラミングの知識は凄くても、それ以外の事にあまり興味がないというケースです。

Webプログラミングの技術は日々進化しており、あらゆるものに応用できる可能性を秘めています。

そのため、プログラミングだけでなく、様々なものに興味を持って、好奇心旺盛に新しい知識を身につけることができる人は、優秀なWebプログラマーになれるでしょう。

また、WebプログラミングをはじめとしたIT業界の最新の技術や知識は海外から生まれることがほとんどです。

国内だけではなく、海外にも目を向けて積極的に情報収集し、自分のスキルアップにつなげることができるのは、Webプログラマーとして大きな強みになります。

これからますますWebプログラマーになりたいという人が増えてくるのが予想されます。

そんな中でも、様々な分野の知識を持っていれば、それだけ専門性の高い仕事ができるようになり、他のWebプログラマーと差を付けることができるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

Webプログラマーの仕事は、他人とあまり関わらない孤独な仕事と思われがちです。

確かに、実際の作業はプログラムと黙々と向き合う作業がほとんどですが、仕事のプロジェクトは1人で進めるわけではありません。

実際の仕事上は、自分だけでなく、他のプログラマーやシステムエンジニア、デザイナー、プロジェクトマネージャーなどと密に連携して進めていく必要があります。

そのため、仕事の上で他人とコミュニケーションを取る機会は非常に多いです。

Webプログラマーを志望する人にありがちなのが、人とのコミュニケーションが苦手なので、1人で作業するのが多いWebプログラマーを目指したというケースです。

しかし、実際はそういう性格の人はプログラマーの仕事にあまり向いていません。

Webプログラミングの仕事の基本は、クライアントがそのプログラムに何を求めているかを理解し、その問題を解決するためのプログラムを書くことです。

そのため、周囲とのコミュニケーションがしっかり取れなくては、クライアントの求める仕事を達成する事は難しいでしょう。

また、Webプログラマーとしての経験を重ねていけば、部下に指導するという場面も増えてきます。

思っている以上にコミュニケーション能力を求められる場が多いので、Webプログラマーとして成長したいなら、コミュニケーション能力を磨いておくのがおすすめです。

まとめ

人気の職種であるWebプログラマーですが、世間のイメージほど華やかな仕事ではありません。

地道な作業と努力の繰り返しが基本で、時にはコミュニケーション能力も求められます。

しかし、適性がないからといって、Webプログラマーとして活躍できないわけではありません。

何よりも大切なのは、Webプログラミングが好きという気持ちです。その情熱があれば、Webプログラマーとして活躍できるようになるでしょう。

[記事公開日]2018.01.01
[最終更新日]2018.11.18
[ライター]首藤