インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SEフリーランスのメリットデメリット!年収や在宅勤務、年齢制限は?

働き方が多様化するにつれ、会社に所属して働くだけが全てではなくなってきました。自らのスキルを活かして独立し、フリーランスとしての道を選ぶ人も増えています。

SE(システムエンジニア)の仕事は、様々な業種の中でも特にフリーランスに向いている仕事です。

これからSEでフリーランスを目指す人や働き方に興味がある人に向けて、メリットやデメリット、独立するためのポイントなどをまとめました。

目次

フリーランスSE(システムエンジニア)の働き方について

SEでフリーランスの働き方は、「在宅」と「出向」の2つに分けられます。フリーランスというと、在宅のイメージが強いですが、SEの場合は出向の方が多いです。

SEは、企業の情報を扱う仕事のため、できるだけ情報漏洩のリスクを避ける必要があります。

そのため、フリーランスであっても企業に出向して、通常の社員と同様の環境で業務を行うケースが多いのです。

在宅型フリーランスSEの働き方

在宅で仕事を受けるフリーランスのSEは、企業から業務委託を受け、在宅で開発を行います。

在宅で請け負える仕事は、個人の裁量で完結できるものがほとんどで、小規模なプログラミング案件が大半を占めます。

チームでコミュニケーションをとりながら業務を進めるような大規模案件は、在宅では少ないです。

在宅のフリーランスSEは、出勤時間などに縛られず、自分のペースで仕事ができるのがメリットです。

しかし、在宅型の案件は人気も高く、仕事を取るにはスキルや営業力が高いレベルで求められます。

出向型フリーランスSEの働き方

フリーランスSEの大半を占める出向型の働き方は、常駐案件とも呼ばれ、顧客となる企業に出向して、一般の社員と同じ環境で勤務します。

案件ごとに業務委託契約を結ぶのが一般的で、在宅よりも安定した収入が得られる案件が多いです。

常駐先の企業の社員と同じチームで開発を行うため、比較的大規模なプロジェクトに長期間携わるので、自分のスキルを最大限に活かせます。

SEのフリーランスのメリット、デメリット

フリーランスSEには、それぞれメリットとデメリットがあります。

これからSEでフリーランスを目指すなら、メリットとデメリットをしっかり比較検討するのが大切です。

フリーランスSEのメリット

フリーランスSE最大のメリットは、自分の実力を活かして自由に稼げることです。

会社勤めのSEは、自分の会社との雇用契約に縛られています。会社員として働いている以上、会社から命じられた仕事を選り好みすることはできません。

しかし、フリーランスなら、自分に合った条件でプロジェクトを選ぶことができます。

単価の高い案件を選ぶのはもちろん、スキルアップに繋がる案件や、時間が自由になる案件など、スキルさえあれば自分の自由な働き方ができます。

フリーランスSEのデメリット

フリーランスのデメリットは、社会的信用が低いことです。SEに限らず、フリーランス共通の悩みですが、個人として働いていると、収入が不安定と見られやすいです。

そのため、ローンの審査が通りにくい、クレジットカードが作れないなどの問題があります。

特に、長期にわたって安定的な収入を求められる住宅ローンは、フリーランスの立場では難しいケースが多いです。

また、フリーランスになると、国民年金に加入することになります。国民年金だけでは、会社員時代の厚生年金と比べて、老後にもらえる年金は大幅に下がります。

単純に、月々稼げる金額だけを比較して会社員を辞めると、老後の生活面で影響が出る可能性もあります。

SEのフリーランスがおすすめはどんな人?

SEでフリーランスとして働くには、技術的なスキル以外にも様々な能力が必要です。フリーランスに向いている人、向いていない人の違いをまとめました。

SEでフリーランス向きなのはこんな人

フリーランスの仕事は、在宅でも常駐でも、自分一人に責任がかかってきます。そのため、自己管理ができるかどうかは重要なポイントです。

また、有利な案件を取るためには、営業力も必要です。

  • 自分のスキルを積極的に高めていける
  • コミュニケーション能力が高い
  • 自分の価値を把握してプレゼンできる
  • スケジュール、体調などの自己管理が得意

このような条件に当てはまる人は、SEでフリーランスに向いています。

SEフリーランスに向いていないのはこんな人

フリーランスの仕事は、自分で好き勝手に働けるというイメージは大きな間違いです。フリーランスは、会社員以上に自己管理と責任が求められます。

さらに、人付き合いが苦手なのでフリーランスになりたいという人がいますが、フリーランスSEの仕事の大半は常駐案件で、チームでの仕事になります。

チームワークが求められるため、コミュニケーション能力は重要です。

  • 自分で仕事の仕組みやスケジュールを組み立てるのが苦手
  • コミュニケーションが不得意で人付き合いが嫌い
  • 自分で責任を負いたくない
  • 一人になるとつい怠けてしまう

人から指示されないと動けないタイプは、フリーランスに不向きです。フリーランスとして活躍するには、仕事に対しても人に対しても、積極性が大切です。

自分自身で仕事を切り開いていこうという強さがないと、フリーランスとして活躍するのは難しいでしょう。

SEのフリーランスの年収、月収はどのくらい?

フリーランスSEの収入は、会社員とは異なり、スキルと仕事量次第で、いくらでも収入が伸ばせるのが魅力です。

一般的な企業で働くWebプログラマーやSEの平均月収は29万円ですが、フリーランスの平均月収は、20代でも58万円と、会社勤めの倍近い月収があります。

SEでフリーランスの場合は、収入が低くても、会社勤めのSEの平均月収程度は稼げると考えていいでしょう。

年収ベースで考えると、一般企業に勤めるWebプログラマーやSEは平均420万円の年収を稼いでいます。

それに対して、フリーランスSEの平均年収は、20代で約700万円です。

小規模の企業になるとさらに収入は下がるので、フリーランスの方が圧倒的に稼げるというのは事実です。

社会保険の有無などはありますが、独立できるスキルがあれば、早い段階でフリーランスを目指す方が、生涯年収に大きな差が出ます。

 

※こちらの記事で、プログラマー・SEの年収について詳しく紹介しています。

>>Webプログラマーの平均月収と年収について

SEでフリーランスを始めるには?なる方法は?

フリーランスのSEになる方法は、実は意外と簡単です。必要な手続きさえすれば、すぐにフリーランスとして独立できます。

フリーランスのSEになる条件とは?

SEでフリーランスを始めるには、特に資格や免許は必要ありません。会社を退職してフリーランスを名乗れば、その時点からフリーのSEです。

現在はSE不足とも言われており、実務経験が1年程度でも、フリーランスとして活躍している人は数多くいます。

しかし、実力のあるSEフリーランスとして活躍するためには、SEとして最低5年程度の実務経験が欲しいところです。

スキルと実績がそのまま収入につながるため、経験は多い方がいいでしょう。

フリーランスSEになる方法とは?

フリーランスで働く場合、今の職場を退職して独立するための手続きを行う必要があります。

まず、退職後に、国民健康保険と国民年金への変更手続きを行います。その後、フリーランスとして働くための法的手続きを行います。

開業届の提出や、税金の申告に必要な届出など、各地方自治体や税務署に提出します。

フリーランスのSEはどうやって仕事を探すの?

SEでフリーランスとして活躍するためには、案件探しが重要です。フリーランスにとって、営業力は収入につながる大切なスキルです。

SEフリーランスの仕事の探し方をいくつかご紹介します。

1 既存の人脈を利用する

これまで企業で働いていた場合は、既存顧客から案件をもらえる可能性があります。

既にお互いの事を知っているので、コミュニケーションも取りやすく、仕事を請け負う上でメリットが大きいです。

フリーランスにとって人脈は宝物です。既存顧客から案件を受注できる見込みがあれば、積極的に営業していきましょう。

2 電話やメールで売り込みする

業務委託パートナーを募集している企業や、求人を出している企業に自分から営業をかけていく方法です。

フリーランスになりたての頃は、自分から知らない企業に営業をするのは勇気がいりますが、自分の自信にもつながるのでやっておいて損はないでしょう。

3 エージェントを利用する

SEのフリーランス案件を取り扱うエージェントに登録するのは、最もおすすめの手段です。

エージェントに登録すると、紹介料や手数料がかかりますが、メリットも大きいです。

特に、自分に合った案件を数多く紹介してくれる点や、単価交渉や契約のサポートなどを代行してくれるので、フリーランスにとって非常に助かります。

SEがフリーランスを始めるために必要なツールは?

SEがフリーランスとして独立すると、営業や事務処理も自分の仕事になります。フリーランスを始めるにあたり、あると便利なツールを紹介します。

営業用のポートフォリオ

営業用として、ブログやSNSを活用するのも便利ですが、営業用のポートフォリオを用意しておくと何かと役立ちます。

過去の実績や自分のスキルなど、営業活動に役立つ内容をまとめておきましょう。

請求書や納品書作成のツール

フリーランスにとって、クライアントとの書類のやり取りは欠かせません。特に請求書や納品書のやり取りは意外と面倒なものです。

請求書作成サービスの「Misoca」など、Web上で簡単に請求書などを作成して送付してくれるさまざまなサービスがあります。

毎月の事務作業の手間を省くためにも、自分の使いやすいツールを探しておくのがおすすめです。

Misoca

>>請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

 

確定申告・会計ツール

フリーランスはお金の計算も自分でしなくてはなりません。慣れないうちは、確定申告の手続きなども非常に面倒です。

フリーランスの会計処理には、クラウド上で入力するだけで簡単に帳簿が作成できるWebサービスを利用するのがおすすめです。

Freeeをはじめ、クラウド会計ソフトは早い段階で導入しておきましょう。

freee

>>会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

 

SEでフリーランスを始めるのに必須スキルとは?

フリーランスのSEは、スキルが高いほど高収入が見込めます。これからフリーランスを始めるのに必須となるスキルを、3つまとめました。

1 コミュニケーションスキル

常駐案件に携わるようになると、チームメンバーとのコミュニケーションは欠かせません。また、上級案件では、チームの統括やマネジメント能力も求められるようになります。

SEはコミュニケーションが苦手という人も多く、コミュニケーションスキルの高さは、自分の付加価値を大いに高めてくれます。

2 語学のスキル

フリーランスの強みは、世界中どこの現場でも活躍できることです。語学のスキルがあれば、海外のクライアントから案件を受注することもできます。

海外の方が、日本より単価が高い案件も多く、世界に通用するフリーランスSEを目指すなら、語学スキルは必須です。

3 マーケティングスキル

フリーランスのSEには、開発スキル以外にも付加価値があると有利です。

マーケティングに関するスキルがあれば、与えられた仕様をただこなすだけでなく、自分から提案することもできます。

マーケティングスキルがあり、提案力のあるSEは貴重なので、活躍の場が大いに広がるでしょう。

会社員の間にやっておいたほうが良いこととは?

フリーランスになると、会社員時代には想像できない部分で後悔することがあります。

特に、クレジットカードの作成やローンは、社会的信用のある会社員のうちに済ませておいた方が良いです。

フリーランスになったとたんに、カードの申し込みやローンの融資を断られるというのはよくある話です。

SEのフリーランスを継続するには?

フリーランスSEを末永く続けるには、継続して案件を受注することが必要です。そのためには、常に自分のスキルを磨き続ける必要があります。

特に、SEの業界は技術の進歩が早いです。フリーランスになっても、最新技術の勉強は怠らないようにしましょう。

仕事を継続するには?途切れた場合は?

フリーランスは、仕事を自由に選べるのがメリットですが、継続して仕事を受注するには、あまり仕事を断らずに仕事の幅を広げていくのがおすすめです。

特に、自信がないからという理由で断るのは、非常にもったいないです。

しかし、フリーランスは不安定な立場なので、いつ案件が途切れるかわかりません。

もしも案件が途切れてしまった場合は、その時間を自分のスキルを磨く勉強に当てるのがおすすめです。

単価を下げて無理な条件で仕事を引き受けると、かえって全体の収入が下がってしまう危険があります。

 

※こちらの記事でも、プログラマー・SEに必要なスキルについて詳しく紹介しています。

>>これからのWebプログラマーに必須なスキルとは

年齢はいくつまで働ける?

SEの年齢は、35歳が定年という説がありますが、その常識は今や過去のものです。

企業で働くSEには定年がありますが、フリーランスには定年退職は関係ありません。需要さえあれば、何歳まででも稼げます。

長く需要があるフリーランスのSEになるには、年齢で淘汰されない実力をつけるのが大切です。

フリーランスSEのその他注意点

SEがフリーランスとして働く上で、よくある注意点をまとめました。

業務委託契約について

SEがフリーランスとして働くには、業務委託契約を結ぶのが一般的です。

業務委託契約には「請負契約」と「(準)委任契約」の2種類があります。

請負契約は、在宅型のフリーランスによくある契約で、仕事を完成させ、相手の期待するクオリティで納品する義務をもつ契約です。

(準)委任契約は、決められた作業工程を遂行することを求められる契約で、常駐案件などはこちらの契約が一般的です。

独立したてのフリーランスSEは、業務委託契約についての知識が不足しているため、不利な条件で契約してしまいがちです。

納期、支払い期限、交通費、遅延損害金など、細かい条件まできちんとクライアントとすり合わせ、納得してから契約するようにしましょう。

フリーランス1年目でよくある失敗とは?

フリーランス1年目は、資金繰りの面で失敗するケースが多いです。

思ったように案件が取れなかったり、想像以上に経費がかかってしまい、予想以上にお金がかかったということはよくあります。

会社員のうちに十分な貯金をしておくなど、金銭的に困らないような準備はしっかり整えておきましょう。

また、会社員時代と違ってフリーランスは全てが自己管理になります。

スケジュール管理を怠って納期の遅れが生じるというのは、1年目のフリーランスにありがちな失敗です。企業からの信頼を損ねないよう、自己管理は徹底しましょう。

まとめ

SEでフリーランスになるのは、自分のスキル次第で稼げるという大きな可能性を秘めています。

フリーランスは、社会的な保障がなくデメリットも大きいため、会社を辞めるだけの価値があるのか迷うかもしれません。

しかし、終身雇用制度が崩壊し、フリーランスという働き方が一般的になってきた今、フリーのSEの未来は明るいです。

また、フリーランスSEのためのエージェントなど、気軽に相談できるサービスも増えています。

独立する前に、まずは自分のスキルや将来のキャリアプランを考えてみるのがおすすめです。

メリットとデメリットを理解していれば、SEフリーランスとして独立しても失敗は少ないでしょう。

[記事公開日]2018.07.19
[最終更新日]2018.11.18
[ライター]首藤