インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

システムエンジニア(SE)になるには何が必要?今からできる3つこと

IT系の職業として一番に挙げられることの多いシステムエンジニア(SE)ですが、なるにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、システムエンジニア(SE)になるための方法や、システムエンジニアとは何か、システムエンジニアには不可欠であるプログラミングの勉強法など、わかりやすくまとめてみました。

そもそもシステムエンジニア(SE)とは

プログラミングに興味のある方の中で、システムエンジニアがどのようなことをする職業か、具体的に分からない方のために、この項を書きました。

プログラマーとの違い

システムエンジニアとプログラマー、両方ともよく聞く言葉かと思いますが、では一体何が違うのか、と言われると、分からない方が多いのではないでしょうか?

簡単に言うと、設計書を書くのがシステムエンジニアで、設計書をもとに実際にプログラミングするのがプログラマーになります。

プログラマーは、システムエンジニアの指令を受けて作業をする「職人」のようなものなので、プログラミングに専念できる可能性が高いです。

それに対し、システムエンジニアは、システム全体を管理する「まとめ役」としての役割になってきます。

全体のスケジュールの管理能力や、他者(クライアントなど)とのコミュニケーション能力が必要になってきます。

とはいえ、「まとめ役」としてプログラマーに指示を出さなければならないですし、システムのエラーチェックも行うので、システムエンジニアにもプログラムの知識は必須です。

 

※こちらの記事にも、Webプログラマーとの違いについて、詳しく書いています。

>>Webプログラマーとシステムエンジニアの違いについて考えてみた

システムエンジニア(SE)の活躍の場は?

システムエンジニアの活躍の場は、多岐に渡ります。

例えば、「情報システムやウェブシステムの保守や企画、設計」や「アプリ、電化製品の企画、設計」などに携わることができます。

また、会社内のインフラを整備するか、外部のインフラ整備を請け負うか、によっても変わってきます。

このように、システムエンジニアは大きな需要があるのにもかかわらず、その数が少ないため、システムエンジニア志望の方は、他業種よりも仕事を見つけやすいと言えます。

プログラミングを学ぶには

システムエンジニアになるためには、プログラミングの知識を身に着ける必要があります。

プログラミングを学ぶ方法は、大きく分けて、

  1. 学校に通う
  2. 独学で学ぶ
  3. 仕事現場で学んでいく

の3通りに分けられます。

そのうち学校は、学生の方だけではなく社会人が通いやすいように夜間や短期、通信スクールもあります。

ここでは、そんなプログラミングを学ぶ方法についてまとめています。

1-1. 学校に通う(情報系の大学・専門学校)

現在高校生や中学生で、将来システムエンジニアを考えている方におすすめなのが、情報系の大学や専門学校に通うことです。

大学は、工学部の中の一つとして情報系の学科があるパターンや、情報系の学部で独立しているパターンなど、様々なパターンがあり、学べることも大学によって変わってきます。

専門学校は、職業に直結した学びが多いです。こちらも学校によってさまざまな特色があります。

自分が将来、どのような分野のシステムエンジニアになりたいかを鑑みて、進路を選んでいく必要があります。

これらの学校に通いながら、同時並行で基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などの資格も取っていくと、システムエンジニアとしての就職に有利になります。

1-2. 学校に通う(短期や夜間、通信講座、スクール)

仕事をしながら、またはダブルスクールで通うことができる、短期や夜間、通信講座もおすすめです。

全日制の大学や専門学校に通うよりも費用を抑えることができますし、プログラミング習得へのカリキュラムが体系化されているので、独学でプログラミングを習得するよりも効率的にできます。

また、短期や夜間講座であれば、同じことを勉強している仲間がいるので、モチベーションを保ちやすいです。

※こちらで、しっかり学べる有料のサイトやスクールについて紹介しています。

>>Webプログラミングについて有料でしっかり学べるサイトやスクールの紹介

1-3. 学校に通う(無料のスクール)

プログラミングスクールの中には、なんと無料で通うことのできるスクールも存在します。

こういったスクールは、運営会社の人材確保を目的としてつくられたスクールなので、受講修了後には就職先の紹介があります。

ただし求人は、システムエンジニアではなくプログラマーであったり、選べる幅が限られていたりすることが多いです。

ひとまず紹介先の企業で経験を積んでから、システムエンジニアに転職するというのも一つの手です。

このように選んだスクールが就職に直結する場合があるので、運営会社の評判を調べてからスクールに通うのをおすすめします。

2. 独学で学ぶ(ウェブサービス、市販参考書の活用)

システムエンジニアになるための方法として、独学で勉強しながらシステムエンジニアを目指す方法もあります。

独学でプログラミングの勉強をするメリットも多くあります。

まず、スクールに通うための経費が掛からずに済みます。生活に余裕がなければモチベーションにも影響してくるので、経費の問題は重要だといえます。

また自分のペースを乱さずに勉強ができるので、特に時間に制限がある社会人の方などにおすすめです。

以下、おすすめのWebサービスを紹介します。

ドットインストール

https://dotinstall.com/

動画を見ながらプログラミングを学ぶことができる、プログラミング初心者向けのウェブサービスになります。スマートフォンのアプリからでも同じサービスが利用できます。

このサービスは無料で利用できるのですが、機能が拡張した有料会員としての登録もできます。

この場合、月額が980円かかってくるので、まず無料で利用してみて、物足りなくなったら有料会員として登録するのをおすすめします。

※こちらで、無料でも学べるサイトやスクールを紹介しています。

>>Webプログラミングについて無料で学べるサイトやスクールの紹介

3. 未経験者歓迎のプログラマー求人に応募する

全くの未経験からシステムエンジニアになることは難しいので、システムエンジニアと近い職種であるプログラマーとして就職し、その業務を通してシステムエンジニアを目指す、という勉強方法を紹介しています。

しかし、数としては経験者よりも少ないものの、全くのプログラミング未経験者からプログラマーになった例もあります。

業界全体が人手不足であるという背景もあり、業界未経験、それも全くプログラムを組んだことのない状態からプログラマーになれる確率は、他の専門職に比べてかなり高いです。

しかし、年齢が上がるにつれてそういった求人は減っていく傾向にあります。

特に30代以降からシステムエンジニアを目指す方は、求人応募の前に情報系の資格取得を目指すかスクールに通うなどして、知識習得に向けて動いたほうがいいかもしれません。

※こちらで、無料でも学べるサイトやスクールを紹介しています。

>>Webプログラマーに必要な資格、あると有利な資格など紹介

まとめ

今回は、システムエンジニアになるためにどのような勉強をしたら良いかを紹介しました。

現在、「システムエンジニアになるためには絶対にこれをやらなければならない」といったものは存在しません。

そのため、今の立ち位置や持っているスキルを鑑みて、どの道に進んだら最善かを取捨選択していく必要があります。

今回の記事が、少しでもその取捨選択の助けとなれば、と思い執筆しました。最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

[記事公開日]2018.08.08
[最終更新日]2018.09.12
[ライター]マーガレット