インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

2020年小学校プログラミング教育の必修化について

2020年度より、小学校の授業でプログラミング教育が必修化されます。既に、中学校ではプログラミングを学ぶ授業が必修化されていますが、小学校からのプログラミング教育にはどのような意図があるのでしょうか。

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化について調べてみました。

小学校プログラミング教育必修化の意味とは

2017年3月に改訂された新学習指導要領に基づき、2020年度から小学校で新しい授業の取り組みが始まります。その中でも大きな注目を集めたのが、小学校プログラミング教育の必修化です。

新学習指導要領によると、以下の様に記されています。

児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得するための学習活動

児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動

(※文部科学省 小学校プログラミング教育に関する概要資料より

つまり、小学校でのプログラミング教育は、コードを書いて実際にプログラムを組み立てるのではなく、プログラミングを通してコンピューターの使い方を学んだり、論理的思考を学ぶことが目的です。

小学校のプログラミング教育の内容とは?

2020年から小学校で導入されるプログラミング教育の授業内容は、コードを書いたりする、いわゆるプログラミングらしい授業ではないようです。

また「プログラミング」という教科ができるわけでもなく、算数や理科といった既存の科目の中で、プログラミングに触れる内容を扱うということになります。

さらに、どの教科、どの学年でプログラミングの内容を学ぶかについては、授業時間数も含めて、各学校それぞれに判断が任されています。

プログラミング教育必修化で小学生プログラマーが生まれる?

小学校で学ぶプログラミング教育は、あくまでコンピューターの使い方や論理的思考の育成が目的です。そのため、プログラマーの育成や、プログラミング言語の学習を目的にしているのではありません。

授業では必ずしも毎回コンピューターやタブレットを使うわけではなく、教科書を使ったプログラミング学習もあります。

小学校での授業をきっかけにプログラミングに興味を持ち、独学でプログラミングを学び始める小学生はいるかもしれませんが、小学校の勉強だけでプログラマーのような知識が身につくわけではないようです。

自宅でもプログラミング環境を整えるべき?

小学校でプログラミング教育が必修化されることで、気になるのは家でのプログラミング学習です。

宿題や予習などで本格的なプログラミング知識や、プログラミングを行う環境が必要になるのではないかと心配しているご家族の方もいるようです。

先述したように、2020年度から始まる小学校でのプログラミング教育は、コードを書いたりする本格的なプログラミング教育ではありません。

そのため、小学校の授業に対応するだけなら、難しいプログラミング知識も、プログラミング環境も必要ないでしょう。ただ、プログラミングの授業は中学校、高校ですでに必須化されています。

また、職業としてプログラマーを目指すという選択も、この先ますます人気が高まってくるでしょう。

長い目で見れば、子供の興味を伸ばし、中学校や高校でのプログラミング学習にも役立つため、早いうちから自宅にプログラミングを学べる環境を整えておくのは、決して無駄にはならないと思います。

最近では、コンピューターも安価なものが増え、プログラミングをオンラインで学ぶサイトも数多くあります。小学校でのプログラミング学習必修化を機に、気軽にプログラミングに親しめる環境を整えておくのは決して無駄ではないでしょう。

まとめ

2020年からの小学校プログラミング教育の必修化は、プログラム言語を学び、コードを駆使してプログラムを構築する授業ではありません。プログラミング的な思考を育み、より柔軟な論理性を学ぶことが目的です。

まだ実際の教育現場で浸透していない分野の教育だけに、2020年度から各学校でどのような対応が取られるかは未知数です。そのため、子供の興味を伸ばすためにも、自宅でプログラミングに触れられる環境を整えておくのも大切です。

[記事公開日]2018.03.17
[最終更新日]2018.08.05
[ライター]首藤