インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

文系でもプログラマーになれる!その理由と具体的な方法を解説!

少し前まで、プログラミング=理系の仕事、と思われていました。しかし、そういった概念も、少しずつ変わりつつあります。

プログラミングを学ぶのに理系である必要はないし、プログラミングの分野によっては文系の方が有利なこともあります。

ここでは、文系の人がプログラマーになるのは本当に難しいのか、また理系の人に比べて有利な点はどんな点か、などについて書いています。

文系からプログラマーになるのは難しい?

一般に、プログラマー=理系の人、故に文系には無理、と思われているようですが、本当にそうなのでしょうか?

文系出身者がプログラマーになるのは難しいかどうか見てみましょう。

文系のプログラマーは結構いる

あなたが文系の学生、もしくは文系の学部卒業だったとして、「コンピューターのプログラマーになりませんか?」と言われたら、どう思うでしょう?

「私なんかとんでもない」と思う人が大半かもしれません。それは、「プログラマーは理系の人」という先入観があるからです。

でも、実際はどうなのでしょう。実は現実の話として、文系のプログラマーは少なくありません。

ITの人材に関する調査によれば、実際にプログラマーとして働いている人の、約3分の1は文系、という結果が出ています。

確かにコンピューターが使われ始めた頃、プログラムを書く人はほとんど理系だったかもしれません。

それはプログラム言語が難しく、コンピューターの仕組みまで理解しないとプログラムが書けなかったからです。

しかしコンピューターの普及に伴い、プログラマーになるためのハードルはどんどん低くなってきたのです。

プログラミングは数学や物理とは違う

学生の時、文系・理系を選ぶ理由がいくつかあると思いますが、文系を選ぶ理由として、「数学ができないから」「物理が嫌いだから」というのは少なからずあると思います。

コンピューターを動かすためのプログラミングは、数学や物理に似ているような気がしますが、実際にはどうでしょう。

プログラミングの基礎としていちばん求められるのは、論理的である、ということです。

コンピューターは融通がきかないので、どんな場合にはどういう処理をするのか、もれなく命令しなければなりません。

機械がどうしたらいいのかわからないようなプログラムを書けば、処理はそこで止まってしまいます。この、論理的、という点では、数学に通じるものがあります。

しかし、プログラミングに三角関数や微分・積分の知識が必要かといえば、必ずしもそんな事はありません。

もちろん、三角関数や微積分を使う科学計算のプログラムを書くには知識が必要かもしれませんが、例えばウェブページを作るなら、数学や物理の知識は全くいりません。

つまり文系の人であっても、論理的な思考さえできればプログラミングはできる、ということです。

そして、論理的な思考ができるかどうかは、文系・理系とはあまり関係がありません。

文系こそプログラマーがおすすめな理由

プログラマーになるのに、文系・理系はあまり関係ない、という話をしましたが、逆に文系の方がプログラマーに向いている点もあります。

文章の読解力が必要

趣味でプログラミングをする場合は関係ありませんが、プログラマーを仕事にしようと思ったら、発注者が求めるプログラムを書く必要があります。

例えば、プログラムの仕様書に従ってプログラムする場合、仕様書に書かれた内容を正確に理解し、発注者が何を望んでいるのか把握する必要があります。

そこで求められるのは、文章の読解力で、これはどちらかというと理系の人間より文系が得意とするところです。

つまり、発注者の要求を正しく理解する、という点では、文系の方が向いていると言えます。

コミュニケーション能力も必要

また、これはSEの方からよく聞く話ですが、理系の技術者は知識やスキルはあってもコミュニケーションが下手な人が多いといいます。

その点、システムに何が要求されているのか発注者とコミュニケーションをとる上では、文系の人間が間に入らないとうまく仕事が回らない、という話です。

エンジニアがすべて絵に描いたようなパソコンオタクだとは言わないまでも、自分の世界に閉じこもりがちで、コニュニケーションが苦手ということはありそうです。

このコミュニケーションという観点からも、文系の方がプログラマーとして仕事がうまくいく、と言えるのではないでしょうか。

経営がわかるとさらに有利

数学や物理が苦手な人が文系を選ぶように、歴史や経済が嫌いな人が理系を選ぶ、ということもあると思われます。

プログラムにもいろいろな種類がありますが、例えば会社の経営や経理に関係したプログラムの場合、経営や経理の知識がないとプログラムが書けません。

あるIT大手企業のプログラマーが、「学生の時もっと会社の経営を勉強しておけばよかった」というのを聞いたことがあります。

文系でも経済学部や経営学部で勉強した人ならば、そうした分野のプログラムを手がける、というのも、自分の長所を活かす上で役に立つでしょう。

文系がプログラマーになるための選択肢

プログラマーになるには、何はともあれ勉強が必要です。プログラミングを身につけるためには、どのような方法があるのでしょうか?

プログラム言語を選ぶ

プログラミングと一口に言っても、使われるプログラミング言語は数多くあります。

まずは、自分が何を目的にプログラミングを学びたいのか見極め、自分の目的に合ったプログラム言語を選びましょう。

自分の目的がわからない曖昧な人は、プログラムにはどんな分野があって(例えばウェブデザインとかゲーム制作とか)そこではどんな言語が使われているのか調べてみるといいでしょう。

プログラム言語を選んだら、どんな言語でも学習書が出ているので、それを読んでみましょう。

ひとりでコツコツ勉強するのが得意な人なら、それである程度まではプログラムが書けるようになるかもしれません。

ただし、独学のデメリットは、疑問が出てきたときに質問する相手がいないことです。

ことプログラミングに関しては、プログラムを作ってみたものの思い通りに動かないのが当たり前な世界です。

それを独学で乗り越えるためには、かなりの忍耐力が必要だと思っていたほうがいいかもしれません。

ウェブサイトを作ってみる

プログラミングの入門として、とりあえずおすすめなのはウェブサイトを作ってみることです。

ホームページを作るためのHTMLという言語は、初心者でも比較的とっつきやすい言語です。

まずはウェブサイトを作ってみることで、プログラムがどういうものなのか理解し、実際のプログラミングがどのような作業で、どのような点が大変なのか理解できると思います。

ちなみにHTMLで作ったページは、別に一般に公開しなくても自分のパソコン内に保存して見ることができます。

スクールでプログラミングを学ぶ

ウェブサイトを作ってみたら、そこから先は目的に応じて、他の言語にも挑戦してみてください。

ただし、ここから先は独学ではうまくいかない可能性も高くなってきます。

そんな場合に利用したいのが、プログラミング学習のサービスを提供してくれるスクールです。

もし、プログラマーをこの先仕事にしていこうと思うのであれば、スクールで学習することがいちばんの近道だと思います

スクールのメリットはたくさんありますが、例えば

  • 自分が何をしたいのか目的を明確にする相談に乗ってくれる
  • 学習でうまくいかなかったときにいつでも質問できる
  • スキルを身につけたあと案件を受注するためのアドバイスもしてもらえる

などがあります。

スクールの受講料は安いものではありませんが、どこのスクールでも無料体験コースが用意されていることがほとんどなので、まずは試してみることをおすすめします。

※こちらの記事では、「独学よりスクールが良い理由」について解説しています
⇒Webプログラミングの初心者は独学より教室に通うほうがいい?

※こちらの記事で、プログラミングスクールについて紹介しています。
⇒おすすめのプログラミングスクールはどこ?プログラミングスクールの人気ランキング

そして最後に、ある程度のスキルを身につけたら、継続的に仕事をするなどして、常に新しい技術を学ぶ環境に身を置くことが大切です。

ITの分野は、日進月歩、常に新しい技術が登場します。最先端の技術者でも、常日頃の勉強は欠かせません。

新しい技術を身につければ、それだけ仕事の幅が広がります。プログラマーの学習に、終わりはない、ということは覚えていたほうがいいでしょう。

まとめ

文系だからプログラマーにはなれない、という考えは、かなり時代遅れなものになりつつあります。

これからさまざまな分野でITが活用されていく中で、文系の強みを活かしたプログラマーが活躍する場はますます増えていくと思われます。

「自分は文系だから」と臆することなく、逆に「文系だからこれができる」とデメリットと思われていたことをメリットに変えられる、それがこれからのIT業界の姿ではないでしょうか。

[記事公開日]2019.02.01
[ライター]堀内