インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプログラマーに必要な資格、あると有利な資格など紹介

近年、Webプログラマーの人気は非常に高まっています。

Webプログラマーの仕事は、スキルさえあれば誰でも活躍できますが、企業の採用担当にアピールするためには、他のWebプログラマーとは違うセールスポイントが必要です。

今回はWebプログラミング業界で活躍するのに役立つ、Webプログラマーが資格を取るべき理由や、あると有利な資格についてご紹介します。

Webプログラマーに資格は必要?

Webプログラマーの仕事は、各種プログラミング言語を使ってコードを書き、様々なシステムを作り上げることです。成果物を作り上げるための知識やスキルがあれば、資格も学歴も必要ありません。

イメージ的には理系の仕事であるWebプログラマーの仕事ですが、文系の学校を卒業した方や、独学でWebプログラミングを学んだ方もたくさんいます。

Webプログラミングには免許もないので、やる気さえあればいつでもWebプログラミングをはじめることができます。つまり、Webプログラマーの仕事には、資格は必要ないのです。

Webプログラマーが資格を持つ意味とは

何の資格がなくてもなれるWebプログラマーの仕事ですが、Webプログラミングに関する資格は世の中にたくさんあります。

資格を持っていれば、その人がどんなスキルを持っていて、どの程度のレベルかを判断する目安になります。就職活動する上で、採用担当者がWebプログラミングに詳しいとは限りません。

また、クライアントも同様に、Webプログラミングの知識がない場合がよくあります。

そういった相手に、自分がどの程度の知識やスキルを持っているかをわかりやすく示す指針が、Webプログラミングの資格なのです。

そのため、自分の実力を誰にでもアピールするために、資格を持っておくのは大変役立ちます。

資格を取ればレベルアップに役立つ

Webプログラマーの資格は、対外的にスキルを証明するのに役立つだけではありません。

Webプログラミングの資格は、各開発言語や分野に関して、体系的な知識が求められます。そのため、Webプログラミングの資格の勉強をする事で、実務や独学で得るのとは異なった、より深い知識を得ることができます。

また、資格取得という目標を持つ事で、Webプログラミングの学習モチベーションが高まり、Webプログラマーとしてもレベルアップすることができます。

Webプログラマーとして活躍するなら、積極的に資格取得にチャレンジするのをおすすめします。

Webプログラマーにあると有利な資格

Webプログラマーに関連する資格は多数ありますが、その中でもあると有利な資格をご紹介します。

基本情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験は、経済産業省の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する国家試験です。

年間10万人以上が受験する人気の資格で、WebプログラマーをはじめとしたIT関連の仕事に従事している方に役立ちます。

試験要綱には「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」という記載があり、試験ではネットワークやセキュリティ、プログラミングに関する知識が求められます。

Webプログラミング関連の資格の中でも、特に知名度が高く、企業へのアピール力は抜群です。

また、Webプログラミングだけでなく、IT職に関する幅広い知識が必要になるため、Webプログラマーとして視野を広げるためにも役立ちます。

応用情報処理技術者試験

応用情報処理技術者試験は、基本情報処理技術者試験と同じ「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が実施している資格です。

応用情報処理技術者試験は、基本情報処理技術者試験よりも上位の資格で、プログラミングやITの基礎知識に加え、プロジェクト管理や運営能力が求められます。

また、問題発生時に解決できる能力が問われるなど、Webプログラマーとして高度な知識とスキルを有した人材であることが必要です。

基本情報処理技術者試験に合格したら、こちらの応用情報処理技術者試験も併せて取得しておくといいでしょう。情報処理やITに関する国家資格の中では、取っておいて損のない有利な資格のひとつです。

C言語プログラミング能力検定試験

Webプログラミングには様々な言語がありますが、C言語プログラミング能力検定試験は、その名の通りC言語プログラミングに関する能力を評価する資格です。

C言語は、プログラミング言語の中でも特に知名度が高く、世界的にも人気の言語です。

習得難易度が高く、初心者向きの言語ではありませんが、その分需要も高く、C言語系統を扱えるWebプログラマーは重宝されます。

C言語プログラミング能力検定試験は、1級から3級まであり、1級が最も難易度が高くなっています。3級と2級は筆記試験のみで、1級が実技試験です。

C言語を使ったコーディング、デバッグ、コンパイルに関する問題が出題されますが、C言語のスキルをアピールするなら、1級まで取得しておくべきでしょう。

Java™プログラミング能力認定試験

Java™プログラミング能力認定試験は、Javaを用いたプログラム作成能力を評価する資格です。

Javaは、汎用性の高いプログラミング言語として人気で、Webサービスや業務システム、スマホアプリの開発など、幅広い現場で活躍します。

そのため、Javaを扱えるWebプログラマーは、大変重宝されます。

Java™プログラミング能力認定試験は、1級から3級までありますが、実務でJavaを扱えることをアピールするには、最低でも2級は持っておきたいです。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験(Ruby Association Certified Ruby Programmer)は、Rubyの開発能力を認定する資格です。

Rubyは、主にWebサービスの開発に用いられる言語で、国内の大手Webサービスでも利用されています。

Ruby技術者認定試験は、SilverとGoldのランクに分かれています。Silverは、Rubyに関する基礎的なスキル、GoldはRubyを使った開発能力が求められます。

Rubyは、日本で開発されたプログラミング言語なので、国内の開発現場で非常に人気の高い言語です。

この先も活躍できる現場が広がることが予想されるため、Ruby技術者認定試験にチャレンジして、Rubyのスキルを磨いておくことは非常に役立つでしょう。

まとめ

Webプログラマーの仕事に資格は必ずしも必要ありませんが、資格を持っておくことで様々な場面で有利になります。

まずはWebプログラミングに関する基礎的な資格を取得し、その上で自分の得意分野の言語に関する資格を取るといいでしょう。

Webプログラマーは、この先さらに人気が高まる職業だと考えられています。他のWebプログラマーとの差別化のためにも、資格を取って自分のアピールに繋げましょう。

[記事公開日]2018.05.16
[最終更新日]2018.11.18
[ライター]首藤