インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプログラマーの次に目指す所はどこ?

Webプログラマーの次に目指す所はどこ?

Webプログラマーとして、大方のプログラミング言語を習得し、実績を上げた頃に、キャリアアップを考えることと思います。キャリアアップの可能性としては、上流工程と言われるシステムエンジニアを目指すことが考えられます。

また、マネジメント系の職種を目指すのであれば、Webディレクターへ、さらには、Webプロデューサーを目指すという道も考えられます。

プログラミングの道を究めるのであれば、特定のプログラミング言語のスペシャリストになる、あるいは、システム開発案件のプロジェクトリーダーになるということもできます。

システムエンジニアの仕事とは?

Webプログラマーが、次に目指す職種として比較的多いのが、システムエンジニアです。システムエンジニアの仕事は、クライアントの要望を元に、システムを設計する役割を担っています。

システムエンジニアが設計した仕様に基づいて、Webプログラマーはプログラミング言語を用いてプログラミングを行います。これは一般のプログラマーもWebプログラマーも同じです。システムエンジニアの仕事は上流工程と言われ、一般的には、報酬もプログラマーよりは高額となっています。

小規模案件の場合は、Webプログラマーがシステムの設計まで行うという場合もあります。その場合、クライアントからのヒアリングは営業が行って、Webプログラマーに引き渡すということもあります。

システムエンジニアの仕事とWebプログラマーの仕事の関係

システムエンジニアの仕事

  • クライアントのヒアリング
  • 必要となる機能を定義する(要件定義)
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 納品・リリース

Webプログラマーの仕事

  • システムエンジニアが作った設計書に従ってプログラミングを行う
  • 動作確認(単体テスト、統合テスト(※)、総合テストなど)
  • バグ修正

※同一のモジュールの中で、他のプログラマーと分担して記述していたプログラムを統合し、動作テストを行います。最終的にはシステム全体の総合テストを行います。

Webディレクタ-の仕事とは?

Webディレクターは、Web制作における一連の流れを管理、監督する仕事です。また、クライアントと制作者との橋渡しや、交渉などの業務も担います。

Webデザイナーからキャリアアップして、Webディレクターとなる場合が多く見受けられますが、中にはWebプログラマーからWebディレクターになるケースもあります。

その場合、Webプログラマーの仕事は熟知していますので、Webプログラミングに関して可能なこと・不可能なこと、Webプログラマーのスケジュール感もわかるので、クライアントとの交渉がスムーズに進むというメリットがあります。

Webディレクターの仕事をあげると、下記のようなものがあります。プロジェクトにもよりますが、一部をWebプロデューサーが行うこともあります。

  1. クライアントからの要望をヒアリング、サイトマップ作成
  2. 必要なスタッフの人選、招集
  3. スケジュール作成
  4. 予算作成
  5. ワイヤーフレーム作成
  6. ライティングの依頼
  7. デザインの確認、クライアントとの調整
  8. コーディングの進捗を確認
  9. 節目でクライアントに確認
  10. ミーティング
  11. Webサイトの品質チェック
  12. アップロードしたWebサイトのマーケティング、運用

このようにWebディレクターは、多く人に関わる仕事になりますので、マネジメント能力やコミュニケーション能力が問われます。

Webプログラミングの道を究める

中にはどうしてもプログラミングが好き、という方もいるでしょう。その場合、一通りのプログラミング言語を習得した後で、何か特定の言語を選び、それを極めてみるというのも一つの方法になります。

例えば、人工知能の実用化に向けてPythonの需要が高まっていますので、Pythonのスペシャリストとなるのも良いかもしれません。現在、Pythonを扱えるWebプログラマーの数はとても少ない状態ですから、年収も高めとなっています。

ただし、特定の言語のスペシャリストを目指した場合、もしも、その言語が世の中のトレンドから外れてしまった場合、方向転換がしにくいというデメリットがあります。

あるいは、Webプログラマーとしてのスキルを生かしたいのであれば、システム開発案件の統括リーダーになる、という選択肢もあります。こちらは、一般のWebサイト制作におけるWebプロデューサーにも匹敵する職になります。

習得しておくべき他のスキルとは?

Webプログラミングに精通しているだけではなく、システムエンジニアの経験、マネジメント能力、コミュニケーション能力、問題解決能力などが問われます。また、常に新しい情報に精通している必要があるため、さまざまな文献なども読みこなせる英語力も重要になります。

更に案件によっては、Webプログラマーも、システムエンジニアのようにシステム設計をする場合もありますから、一通りのシステム設計についても習得しておくことをオススメします。

また、クライアントやWebディレクターに対して、プログラミングについての説明やプレゼンを行う必要が出てくる場合もありますから、わかりやすい説明、効果的なプレゼンの仕方などは、別途学んでおくことが望まれます。

最近のWebマーケティングは、プログラミングの知識を必要とする場合もあります。なので、ある程度、Webマーケティングについての知識を学んでおくことで、WebディレクターやWebマーケッターともコミュニケーションが取りやすくなります。

このように、Webプログラマーには、さまざまなスキルが要求されます。