インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプログラマーとはどんな職業か?

Webプログラマーとはどんな職業か?

プログラマーはプログラム言語によってプログラムを作成し、ソフトウェアやシステムを構築する仕事です。その中でもWebプログラマーはWebシステムに特化したプログラミングを行う仕事です。

例えば、ショッピングサイト構築、予約システム、SNS、ブログなどのシステムを構築します。
そのためにはデータベースの知識も必要となります。

Web上のサービスは、ユーザーがブラウザ上で利用するクライアントサイドのプログラミングと、クライアントサイドとサーバーを結ぶサーバーサイドのプログラミングによって、システムが構築されています。Webプログラマーはそのどちらも担当することができます。

一方、一般的なプログラマーは、企業が使用する金融システム、物流システム、情報管理システム、会計システムなどから、個人が使用する、パソコン、スマートフォン、テレビ、車、電子レンジ、などのプログラムが使われているあらゆるシステムを構築します。

Webプログラマーとシステムエンジニアの関係

Webプログラミングに限らず、一般的なプログラミングに関連する職業に、システムエンジニアという職種があります。簡単に言えば、システムエンジニアが設計をし、プログラマーがプログラミングを行うという役割を担っています。

システムエンジニアの仕事

  • クライアントのヒアリング
  • 必要となる機能を定義する
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 納品・リリース

プログラマーの仕事

  • システムエンジニアが作った設計書に従ってプログラミングを行う
  • 動作確認
  • バグ修正

Webプログラマーの仕事とは?

Webプログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に従ってプログラミングを一から行う場合もありますが、すでに存在しているプログラムをカスタマイズして、使用するリファクタリングという作業を行う場合もあります。

システムエンジニアが作成する設計書には、すべての仕様が書かれているわけではありませんから、結果的に仕様通りの動作になるようにするために、細かい部分はWebプログラマーのスキルに任されています。

動作チェックの際に、バグのチェックや修正を行うデバッグという根気のいる作業も、Webプログラマーの重要な作業の一つです。経験が豊富なWebプログラマーの場合、システムエンジニアが本来行う設計や全体の管理を兼任する場合もあります。

Webプログラマーはどこで仕事をするの?

Webプログラマーを必要としている会社には

  • Web制作会社
  • システム開発会社
  • ゲーム開発会社
  • IT系の企業

などがあります

その他にフリーランスとして活動している人も多い職業です。Webプログラマーは仕様があれば仕事が可能なので、フリーランスとして、単発で企業に入る、あるいは自宅で仕事をすることも十分可能となります。

Webプログラマーに必要なスキル

Webプログラマーには、下記のようなスキルが必要となります。もちろん初めからすべてのスキルを身に着けることは難しいですから、段階を踏んで学んでいくとよいでしょう。

  • HTML、CSS
  • JavaScript
  • PHP、Java、Perl、Ruby、Python、
  • データベース(SQL)

など

HTMLはWebサイトをブラウザで表示させるための言語です。
CSSは文字のデザインや文字、画像など各パーツのレイアウトを指定するための記述です。
JavaScriptはWebブラウザ上で動作するプログラミング言語です。

Webプログラマーが使用するプログラミング言語の中で、使用頻度が高いのがPHPです。プログラミング初心者の場合はまずPHPを学ぶことをお勧めします。

PHPプログラマーというPHPに特化したプログラマーもいます。PHPは簡単で汎用性があり、WordPressなどのCMSにも採用されていることから、WordPressのカスタマイズなどにも対応することができます。

その他、開発するシステムによってJava、Perl、Ruby、Pythonなどのプログラミング言語が使われます。

データベースは必要なデータを格納しておくエリアです。データベースを扱うにはSQLというコマンドを習得する必要があります。

Webプログラマーになるには、これらのスキルが必要となるわけですが、さらにスキルアップするとLinux環境でサーバーを構築することなども可能になります。その際は、ApacheやTomcatなどサーバーアプリケーションMySQLやPostgreSQLなどの知識が必要となります。

さらに、サーバーを構築するようになると、攻撃から守るセキュリティ対策、ネットワーク環境の知識も必要となります。

Webプログラマーの平均年収

Webプログラマーの年収は、スキルや雇用されている企業の業種によっても異なります。

全体の平均年収 490万円
Webサイト制作会社 480万円~
システム開発会社 520万円~
ゲーム開発会社 490万円~
IT系企業 470万円~
フリー 600万円~

参考URL:http://heikinnenshu.jp/it/itcon.html

フリーの年収が突出して多いのは、プログラミングの仕事は非常に需要が多いので、途切れることなく仕事を得ることが出来れば、仕事をしただけ収入が増えるからだと思われます。

また、サーバー構築などのスキルまで身に着けているようなスキルの高いプログラマーの年収は、1,000万円を超えることもあります。

Webプログラマーは最初から最後まで非常に集中力を必要としますし、場合によっては睡眠時間をかなり削って仕事をする時もありますから、体力と精神力が欠かせません。

しかし、そのようにして一つずつスキルを身に着けて、サーバー構築までできるようになると、働く会社もある程度選べるようになってきます。

Webプログラマーからのキャリアアップとしてはシステムエンジニアが考えられます。システムエンジニアを目指すためには、プログラミング言語はもとより、OSやDBなど、さらに深い知識が必要となります。

また、システムエンジニアはわかりやすい仕様書を書くスキルも求められます。その先はエンジニア系のスペシャリストになるか、または、マネジメント方面にキャリアアップするなどの可能性があります。