インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプログラマーの平均月収と年収について

Webプログラマーの平均月収と年収について

プログラマーはプログラミング言語によってプログラムを作成し、ソフトウェアやシステムを構築する仕事です。その中でもWebプログラマーは、Webシステムに特化したプログラミングを行う仕事です。

案件にもよりますが、一般的にはシステムエンジニアがクライアントからヒアリングした要望に基づいてシステムの設計を行い、Webプログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様に基づいてプログラミングを行います。

Webコンサルタントの平均月収や年収ってどのくらいなの?

全体の平均年収

平均年収 420万円
平均月収 29万円

Webプログラマーは現在需要が多く、目指す人も多くなっています。Webプログラマーの年収については、扱える言語が1つであるのか、複数であるのか、サーバー構築までできるのかなど、レベルによって異なります。

Webプログラマーは言語別の求人もありますから、何か1つのプログラミング言語をしっかり習得すれば、求人はあります。Webプログラマーを目指す場合、まずは1つの言語をじっくり勉強してから、スキルアップしてゆくと良いでしょう。

年代別の平均年収

20代 約270万円
30代 約300万円
40代 約380万円
50代 約640万円
60代 約370万円

プログラマーの仕事はきついと言われているので、若い世代の比重が多くなりがちですが、50代ともなると、プロダクトマネージャーなどへの道も開け、年収のアップも見込まれます。

企業規模別の平均年収

大企業のWebプログラマーの平均年収 約490万円
中企業のWebプログラマーの平均年収 約400万円
小企業のWebプログラマーの平均年収 約365万円

Web関連のすべての業種で言えることですが、企業の規模や業種によっても平均年収は異なります。また、正社員、契約社員、派遣社員など、雇用形態によっても異なります。

会社に雇用されないフリーランスや独立起業した場合は、経験と実績がある有能なWebプログラマーであれば、収入は1,000万円を超える人もいるようです。

言語別の平均年収

Webプログラマーの求人は、言語別に募集されることも多々あります。
求人の提示価格を参考にしてみると、このようになっています。

Scala 400万円~
Python 394万円~
Swift 388万円~
Ruby 382万円~
Perl 370万円~
JavaScript 365万円~
Java 364万円~
PHP 364万円~

Scala(サーバーサイドの開発言語)のように、プログラマーの数が少ない場合などは若干年収が高めに設定されています。

PHPは求人が多いのですが、プログラマーも多いので、年収も若干低めとなっています。PHPは、比較的学習しやすく、Webプログラマーを目指す人が最初に習得することも多いので、PHPのみのスキルを持っているというWebプログラマーが多いようです。

参考URL:「平均年収.jp」http://heikinnenshu.jp/it/program.html

Webプログラマーが年収を上げるには?

Webプログラマーが年収を上げるには、

  • 幅広い仕事が行えるようになる
  • 上位職に就く
  • よりよい条件の会社へ転職をする
  • フリーランスまたは独立起業をして活動をする

などの方法があります。

システムの設計も行えるようになる

基本的には、システムエンジニアがクライアントの要望をヒアリングし、それに基づいてシステムの設計を行います。これを上流工程と言います。Webプログラマーは、その仕様書に基づいてプログラミングを行います。

Webプログラマーがスキルアップするためには、この上流工程を行えるようになる、つまりシステムエンジニアの仕事を兼務することができることが一つの方法です。

一般的に、Webプログラマーよりシステムエンジニアの方が収入は高いですので、仕事を兼務した場合、相応の収入アップが見込まれます。

プロジェクトリーダーになる

Webプログラマーがプロジェクトのリーダーとなるためには、プログラミング言語についてのあらゆるスキルを習得している必要があります。

プロジェクトに必要とされるプログラミング言語はすべて習得していること、そして、チームをまとめていくために、リーダーシップ・コミュニケーション能力・問題解決能力などのヒューマンスキルも求められます。

より条件のいい会社への転職

現在、Webプログラマーの需要は多く、売り手市場となっていますので、より条件のいい会社への転職がしやすい状況です。そのためには、しっかり実績を作ることが大切です。

扱えるプログラミング言語の数や、Webプログラミング以外の付加価値(例えば、システム設計ができる、プロジェクトリーダーをやっていた)があるなど、アピール材料を増やすことも大事です。

また、Webプログラミングに関連するWebマーケティングのスキルなどあれば、より条件のいい転職ができます。

フリーランス、独立起業

フリーランスや独立起業して活動する場合、人によっては年収1,000万円以上稼ぐ人もいます。

会社に雇用される場合と違い、仕事をすればしただけ収入を増やすことができます。需要は限りなくありますから、自分で収入を調整することができます。

ただし、一人で活動する場合の難点として、長期間体調を崩す、怪我をするなどして働けなくなった場合、いきなり収入がゼロになってしまうということです。

雇用されている場合のような、有給休暇や療養休暇などはありませんから、その対策はしっかり準備しておく方がよいでしょう。

自ら手を動かさなくても、収入が生まれる方法を作るということです。例えば、プログラミングを教える側に回る、あるいは、プログラミングの動画講座を開催するなども良いかもしれません。

また、Webアプリを販売する、Webサービスを立ち上げて広告収入を得られるようにする、なども考えられます。

Web業界は変化が激しいので、Webプログラマーも例外なく、業界の新しい情報に敏感である必要があります。

現在の収入に満足していたとしても、現在のスキルがこの先ずっと需要があるとは限りませんから、常にトレンドを意識しながら、新しいスキルを身に着けていくと良いでしょう。