インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

優秀なWebプログラマー・システムエンジニア(SE)を目指す方への最新情報

プログラマーとはその名称通りにプログラムに関わる職業です。現在ではネットを始めとして様々な世界でプログラムが関わってきます。このプログラマーという職業について認識している方は少なくないでしょう。

一方で「プログラマーはプログラムを打ち込む職業」という認識に留まり、具体的にどのような職業か分からないという方もいるでしょう。そして、システムエンジニア(SE)とプログラマーを一色単にしている方も少なくないはずです。 実際にプログラマーとはどのような職業なのでしょうか。

当ページは、プログラマーについて、システムエンジニア(SE)について詳しく知り、優秀なWebプログラマー・システムエンジニア(SE)を目指して頂く為のページとなります。

Webプログラマーとはどんな職業?

プログラマーはプログラム言語によってプログラムを作成し、ソフトウェアやシステムを構築する仕事です。その中でもWebプログラマーはWebシステムに特化したプログラミングを行う仕事です。例えば、ショッピングサイト構築、予約システム、SNS、ブログなどのシステムを構築します。そのためにはデータベースの知識も必要となります。Web上のサービスは、ユーザーがブラウザ上で利用するクライアントサイドのプログラミングと、クライアントサイドとサーバーを結ぶサーバーサイドのプログラミングによって、システムが構築されています。Webプログラマーはそのどちらも担当することができます。

Webプログラマーになるには、どこで学べば良いの?

WebプログラマーはWeb上のシステムやサービスをプログラムする仕事です。Webプログラマーになるためには情報系の大学や専門学校、各種スクールなどで勉強することができます。あるいは、未経験からWeb制作会社などに入社して、コーダーとしてHTMLやCSSを習得し、さらにPHP、JavaScriptと幅を広げ、いろいろなプログラミング言語を習得して行き、Webプログラマーとなる場合もあります。独学で学ぶ場合は、書籍や通信講座、オンライン講座を利用することになりますが、よく使われるプログラミング言語から学ぶのがよいでしょう。

独学でプログラマーになる方法はないものか?

Webプログラマーになるためには、プログラミング言語を学ぶ必要があります。Webプログラマーが一般のプログラマーと異なる点は、Web上のシステムやサービスに特化したプログラミングを行うというところです。現在、別の仕事に就いている、または高校や大学などに通っていてスクールに通うのは難しいと言う場合、独学で勉強するのも一つの方法です。しかし、独学で挫折してしまう人が多いのも事実です。プログラミング言語に触れたことがない人が、いきなり書籍などで勉強しようと思った場合、意味の分からない大量のアルファベットと記号の羅列を見て、絶望的になってしまう場合が多いようです。

プログラマーの種類について考えてみた

プログラマーはシステム開発することが仕事ですが、制作するシステムにより、いくつかの種類に分けることができます。使用するプログラミング言語についても、システムや仕事内容によって異なります。このページでは、数あるプログラマーの種類について考えてみました。

Webプログラマーとシステムエンジニアの違いについて考えてみた

Webプログラマーとシステムエンジニア、どちらもWebシステム開発に関連する職種ではありますが、その仕事の違いはプログラムの完成までの工程にあります。簡単に言えば、システムエンジニアの仕事は上流工程と言われ、システムを設計する役目を担っています。Webプログラマーの仕事は下流工程と言われ、システムエンジニアが設計した仕様書に基づいて、プログラミング言語を用いてプログラミングを行います。案件の規模によってはWebプログラマーがシステムの設計まで行うこともあります。わかりやすく例えますと、新築の家を建てる場合、その土地にどのような家を建てるか考えるのが建築士、その建築士の考えた設計図を元に家を建てるのが大工さんとなりますが、建築士がシステムエンジニア、大工さんがプログラマーとなります。

Webプログラマーの平均月収と年収について

プログラマーはプログラミング言語によってプログラムを作成し、ソフトウェアやシステムを構築する仕事です。その中でもWebプログラマーは、Webシステムに特化したプログラミングを行う仕事です。案件にもよりますが、一般的にはシステムエンジニアがクライアントからヒアリングした要望に基づいてシステムの設計を行い、Webプログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様に基づいてプログラミングを行います。

これからのWebプログラマーに必須なスキルとは

Webプログラマーは、Webシステムに特化したプログラミングを行う仕事です。通常、システムエンジニアが設計を行い、その設計書に従って、Webプログラマーがプログラミングを行います。しかし、場合によっては、システムエンジニアの仕事をWebプログラマーが行うこともあります。時代と共にWebプログラミング業界も、プログラミング言語やプログラミングの方法などが変わっていきます。また、人工知能(AI)の活躍により、ある部分のプログラミングは、もはやWebプログラマーでなくてもできる時代が来ると予想されています。Webプログラマーは、現在のところは、まだ売り手市場だと言えます。しかし今後を見据えると、人工知能(AI)にはできない部分の仕事を特化してできることや、人工知能(AI)をうまく活用することができる、などのスキルを持つことが望まれます。

これからの時代、プログラマーはシステムエンジニアも兼務しなければいけない

現在、Webプログラマーもシステムエンジニア(SE)も不足していると言われています。Webに限らず、あらゆる業界でコンピューターシステムを導入するようになり、システムエンジニアやプログラマーの需要は高まる一方です。厚生労働省「労働市場分析レポート 第 61号(平成28年1月29日)」によれば、システムエンジニアを含む「情報処理・通信技術者」という職種は、求人倍率の高い職業として表示されています。

Webプログラマーの将来について考えてみよう!

ここ数十年でインターネット人口は爆発的に増え、またSNSの登場・スマートフォンの登場で、Webプログラマーの需要は伸び続けています。今後も、これらがなくなることは考えられませんから、Webプログラマーの活躍の場は、ますます広がって行くでしょう。しかし、Webプログラマーを取り巻く環境は少しずつ変化しています。そこで、Webプログラマーの将来がどのようになっていくのか、そのためにはどうすればいいのか、について考えてみたいと思います。

Webプログラマーの次に目指す所はどこ?

Webプログラマーとして、大方のプログラミング言語を習得し、実績を上げた頃に、キャリアアップを考えることと思います。キャリアアップの可能性としては、上流工程と言われるシステムエンジニアを目指すことが考えられます。また、マネジメント系の職種を目指すのであれば、Webディレクターへ、さらには、Webプロデューサーを目指すという道も考えられます。プログラミングの道を究めるのであれば、特定のプログラミング言語のスペシャリストになる、あるいは、システム開発案件のプロジェクトリーダーになるということもできます。

システムエンジニア平均月収と年収と立場について

システムエンジニアはSEとも呼ばれ、コンピュータシステムやソフトウェアを設計、開発する役割を担っています。クライアントの要望を基に、必要となる機能を兼ね備えたシステム設計書を作り、それをプログラマーに渡し、プログラミングの工程管理を行い、さまざまな指示を出します。システムエンジニアの仕事は上流工程と呼ばれ、一般的にはプログラマーよりは年収も高めです。