インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

成功の実例から学ぶ。LP制作に必須なペルソナ設定の方法とは?


LP制作をする上で、ペルソナという言葉をよく耳にしますが、実はペルソナがどういうものかよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

ペルソナ設定は、LP制作の要となる大切なポイントです。売れるLP制作に欠かせないペルソナ設定と、ペルソナを利用したマーケティングについて、実例も交えて具体的にご紹介します。

ペルソナがマーケティングに必要な理由

ペルソナとは、製品やサービスを利用するコアターゲットとなる人物のことです。

たとえば、ターゲット選定だけでは「30代の独身男性」「子供のいるファミリー層」など、商品をアピールする層までは決められても、より深いところまでは掘り下げられていません。

ターゲットとなる層をとことん突き詰めていき、コアとなる人物となるのがペルソナです。

そのため、ペルソナの人格は、詳細であればあるほどいいのです。

ペルソナを設定する事で、LP制作において、どんな方向性でマーケティングをして行けばいいのかがわかりやすくなります。

ペルソナがどんな時に買い物をしたいのか、どんなキャンペーンならペルソナは興味を持つのかなど、ペルソナとなる人物に向けてLP制作を行う事で、狙った層により効果的なマーケティングができるようになります。

また、多くの人数が関わっているプロジェクトでは、ペルソナ設定がされていることで、ターゲットのイメージ共有がしやすくなります。

営業と制作側のイメージがずれていて、LP制作に影響が出たり、ターゲットがぼやけたサイトになってしまうというのはよくある事です。

ペルソナを設定し、コアターゲットのイメージを全員で共有できれば、解釈のズレを防ぐことができて、円滑なLP制作が可能になります。

ペルソナ設定は細かすぎるくらいでちょうどいい

LP制作にあたり、ペルソナを設定するには、とことんまでペルソナとなる人物像を掘り下げていくことが必要です。

  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 出身地
  • 性格
  • 人物画像

など、ペルソナのバックグラウンドが分かるように、細かい項目まで設定します。

また、ペルソナの趣味、毎日どんなライフスタイルを送っているかなども重要です。

例えば、ペルソナの行動範囲を設定しておけば、どこでどんなときにペルソナが商品を購入するかという戦略が立てやすくなります。

世の中には、ペルソナと全く同じ人物はいないでしょうが、ペルソナに近い考え方、近い層のターゲットはたくさんいます。

そのため、ペルソナに向けて考えられた細かい戦略は、より説得力を増してターゲットに受け入れられるのです。

ペルソナを作る時のポイント

ぺルソナを作る時は、理想の顧客像が、実際のターゲット層から大きくズレていないというのが重要です。

大きくズレていないかどうか確認する方法として、既存の顧客のデータを利用する方法があります。

既存の顧客について再認識することにより、その顧客の中から最も近いペルソナの人格を選んでいくことができるようになります。

また、ぺルソナ作成の時は、簡潔な文章で特徴を箇条書きにするのがおすすめです。ペルソナを構成する要素をどんどん重ねていくことによって、よりペルソナの人物像に厚みが出ます。

ペルソナを利用したマーケティングの成功例

いまやペルソナを使ったマーケティングは世界的に浸透しています。

商品やサービスをより多くの人に訴求するためには、ペルソナという細かい設定は逆効果になるのではないかと思う方もいるかもしれません。

確かに単純に考えれば、より多くのターゲットに向けてアピールする方が効果的に思えます。

しかし、商品を買ってもらい、サービスを利用してもらうためには、より相手の心に深く刺さるようなマーケティングを行う必要があります。そのために役立つのがペルソナ設定なのです。

日本の企業でペルソナを使ったマーケティングを行い大成功したのが、Soup Stock Tokyoです。

Soup Stock Tokyoでは「秋野つゆ」という架空の人物をペルソナに設定し、ペルソナに向けた戦略を突き詰めていくことで、なんと創業わずか10年で売上高42億円の企業に成長しました。

Soup Stock Tokyoがペルソナを通して成功したのは、ブランドイメージの構築がうまくいったからです。

Soup Stock Tokyoのペルソナとなっている「秋野つゆ」は、37歳の都心で働く、シンプルでセンスの良いものを好むキャリアウーマンです。

この「秋野つゆ」にSoup Stock Tokyoを好きになってもらい、満足してもらうかということを考えていくことで、Soup Stock Tokyoはメニューや店舗の立地などを決めていきました。

ペルソナを設定し、ペルソナの好みに合わせた戦略をとることで、ペルソナと好みが似ているターゲットや、ペルソナと同じような生活環境にいるターゲットに、企業の持つブランドのイメージや方向性をわかりやすく訴求することができます。

その結果、企業として明確なブランドイメージを築くことに成功し、ターゲット層から大きな支持を得て成長していったのです。

まとめ

ペルソナを作るのは決して単純な作業ではありません。しかし、しっかりと事前に調査を行い、綿密に考えられたペルソナは、必ず売れるLP制作に効果を発揮します。

ユーザーが何を求めているかを明確にしておくためにも、情報収集をしっかり行った上でのペルソナ設定を心がけましょう。

[記事公開日]2017.11.15
[最終更新日]2018.10.30
[ライター]首藤
[タグ]