インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

ランディングページが作れる有料WordPressテンプレート

ランディングページを作成する際には、最初はコストをかけずに無料のテンプレートを使用するのも良いですが、慣れてくると、少し機能面やデザイン面でもの足りなさを感じます。

やはり有料のテンプレートは、それだけクオリティが高いものや、機能が多彩なものが多くあります。競合他社と差別化をしたい、少し色々な機能を試したいという人は、有料テンプレートをおすすめします。

今回は、ランディングページ(LP) テンプレートで、有料ですがおすすめのものを紹介していきます。

ランディングページ(LP) テンプレート有料おすすめ

ランディングページテンプレートで、有料ですがおすすめしたいものを以下まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

カラフル(colorful)

https://lptemp.com/

カラフル(colorful)は、パズルのようにワンタッチ、最短3分でプロ級のLPを作成することができるLPテンプレートです。

プログラミングやデザインのスキルは不要で、ブログを入力する感覚で、直感操作が可能です。

レイアウトは25種類以上用意されていて、簡単にカスタマイズすることができ、自由度は高いです。

LP制作と文章の書き方、LPの集客方法をまとめた講座も、同時に提供されています。

また、100分もの動画マニュアルが付いているので、初めての人でも安心してLPを制作することができます。

価格は8,760 円(税込)です。

⇒今すぐカラフル(colorful)を見てみる

腎威

https://rider-store.jp/keni/

「腎威」はSEO(検索エンジン最適化)に特化したテンプレートパックです。

2007年1月に発売を開始してから、現在のバージョンは7にもなり、ユーザーは2万4千人を超えます。

SEOコンサルタントが開発した商品だけあって、内的SEO対策やコンテンツSEOにより、サイトを上位表示にした実績も多数あります。

どれほど優れたコピーを書いたLPであっても、見てもらえなければまったく意味がありません。

このテンプレートはまずは見てもらうことを意識したものであると言えるでしょう。

過去の7万9千件以上のアーカイブが存在している、ユーザー専用のサービス「腎威フォーラム」も人気の理由の一つです。

価格は24,800 (税込)円です。

⇒今すぐ「賢威」を見てみる

STORK(ストーク)

https://open-cage.com/stork/

モバイルに特化した有料WordPressテーマです。

モバイルファーストに特化したテンプレートで、デザインはシンプルかつ綺麗です。読みやすさ、使いやすさにこだわり、SEO対策もしっかりとできる優れものです。

監修はブログマーケッターJUNICHIさんで、これまでのブログマーケティングのノウハウが詰め込まれたテーマです。ランディングページ作成機能も搭載しています。

最高のコンテンツ作成をいますぐに実行したい人には、最適なテンプレートでしょう。

価格は10,800円(税込)です。

⇒STORK(ストーク)の詳細はこちら

DIVER

https://tan-taka.com/diver/

デザインの美しさが際立つ、高機能メディア型の有料WordPressテーマです。

多くのアフィリエイターやブロガーが愛用している人気のテンプレートです。

多少値段が高いですが、それに見合うクオリティが高いサイトを作成できるでしょう。

アフィリエイトを熟知した技術者チームが開発しただけあり、SEO対策はもちろん、カスタマイズ、SNS連携、LP作成、レスポンシブなどビジネスに必要なすべてが揃ったテーマです。

さらにメールサポート無制限で、購入者の運営サイトであれば、複数サイトを無制限にインストールが可能、バージョンアップも無料です。

ユーザーのアクションを見逃さないコンテンツ作りをサポートしてくれ、内部リンク設置も充実。

価格は17,980(税込) 円です。

⇒DIVERの詳細はこちら

Hummingbird(ハミングバード)

https://open-cage.com/hummingbird/

ブログ特化型の有料WordPressテーマです。

上述のSTORKと同じ開発者ですが、値段はこちらの方が少し安いです。

トップペ−ジにアニメーションを簡単に設置できるのが特長で、サイトのタイトルやSNS設置ボタンなどを自由に設定できるのが強みといえます。

モバイルにも強く、便利なウィジェット機能を使用して、Adsence広告やbanner広告を記事下に設置することが可能です。ランディングページを効果的に作成する機能も搭載しています。

価格は7,980円(税込)です。

⇒Hummingbird(ハミングバード)の詳細はこちら

OOPS!

http://design-plus1.com/tcd-w/tcd048

ランディングページ作成に特化したWordPressテーマです。

ランディングページ作成を外注すると1ページ10万円から数十万円かかりますが、このテーマを使用すれば約2万円で綺麗なものが作成できます。

初心者でも本格的なサイトがつくれるので、個人はもちろん、Webデザイナーを雇うコストをかけられない中小企業にもおすすめです。

成約率のアップやクリック数、コンバージョン率の向上はもちろん、データ解析機能も充実しています。

ランディングページを開いた瞬間に、ユーザーの心をつかむファーストビューを実現するのに必要な、スライド機能やフェードイン機能などが充実しているのも特長です。

さらにユーザーのニーズを的確につかむコンテンツづくりをサポートする、コンテンツビルダーを搭載し、直感的な操作でスピーディに作成ができます。

価格は19,800円(税込)です。

⇒OOPS!の詳細はこちら

ランディングページを作る上で大切なポイント

ランディングページは、直接商品やサービスにユーザーを誘導し、このページ内でコンバージョン、つまり、問い合わせや購入まで誘導することを目指します。

そのためには、ページを開いた瞬間から、ユーザーを購入にいたるべき「説得」をする必要があります。

説得までいたるためのポイントは、必ず入れるべき効果的なコンテンツと、その置き方の順序にあります。

これらのポイントを押さえるだけでも、コンバージョンがぐっと上がることが期待されます。

ターゲットと共感

キャッチコピーや、リードコピーでは誰に対しての情報なのかを明確にします。それによって、「まさに自分の事か!」ユーザーが思うことで読んでもらえる確率が上がります。

それにより、「自分の悩みを解決してくれるサイト」という印象を持ち、読み進んでもらいやすくなります。

例)「朝、体が重い。そんなあなたへ」

結果

悩みを持ったユーザーに対して、この商品(サービス)を使うことで、その悩みが解決した姿を想像させます。

例)「また、仲間と毎朝のジョギングを楽しめるようになりました。」

証拠

単に売り込みをするのではなく、その商品(サービス)がこのような結果を生む理由を説明します。スペックの説明、医師による臨床結果など。

社会的証明、権威者の推薦など

販売会社がいくら宣伝をするよりも、第三者の声(商品やサービスのレビュー)、著名人や権威者の推薦などは大きな説得材料となります。

これらを多く載せることは大きな効果があります。

特典などのオファー

商品を買うことによる特典(例えば、30日返金保証、半額、おまけ商品など)を付けることにより、ユーザーにとってお得感を提示します。

クロージング

クロージングでは、最後まで迷っているユーザーの背中を押すようなコンテンツを載せます。

例)「この価格で購入できるのは本日限り」など。

さらに、P.S(追伸)などを付けて、最後の最後まで、サイトを閉じられないようにします。

例)「サンプルのお申し込みでも十分お得なのですが、さらにお得な購入方法があります。」など。

まとめ

ランディングページの作成テンプレートで有料のものは、無料テンプレートと比較しても、デザイン面や機能面で充実しています。

無料テンプレートよりも一歩さらに良いものをつくりたい、競合他社と差別化を図りたいという企業、個人にはおすすめです。

外注してサイトを作成してもらうよりも、はるかに安いコストでできる点や、初心者でも気軽に作成できる点は非常に良い点です。

ぜひ今回をきっかけに、自社のランディングページ作成や見直しをしていただければと思います。

[記事公開日]2018.02.05
[最終更新日]2018.11.09
[ライター]ワカさん
[タグ]