インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

MEO対策とは?(マップエンジン対策とは)実店舗の集客には必須?

地図の画像

近年、新たな集客手法として注目されているのが、MEO対策(マップエンジン対策)です。

MEO対策とは、「Map Engine Optimization」の略で、地図エンジン最適化のことです。

簡単に言えば、自社のサービスをWeb上のマップ、特にGoogle Map上で上位表示させるための施策のことです。

実店舗でサービスを提供している事業者にとって、今やMEO対策は、SEO(検索エンジン対策)と同等以上に有用な集客手法です。

しかし、日本の中小事業者の間では、まだそれほど定着していません。逆にいえば、他の事業者が十分なMEO対策を行っていない今こそ、差をつけるチャンスといえます。

MEO対策は、SEOと比べて費用も時間もあまりかからないため、すぐに始めることをおすすめします。

MEO対策とは?Google Map上にサービスを表示させる取り組み

MEO対策をもう少し具体的に言うと、「Googleで”地域名+キーワード”で検索したときに表示されるGoogle Mapの上位に、自社サービスを表示させるための取り組み」です。

例えば、Googleで「新宿+ラーメン」で検索すると、検索結果画面にGoogle Mapと、新宿付近にある数店舗のラーメン屋が表示されます。

「大阪駅+駐車場」で検索すると、検索結果にGoogle Mapと、数箇所の駐車場が表示されます。

MEO対策とは、この部分に自社サービスを表示するための取り組みです。大きく目立つ部分に自社サービスを表示させることによって集客を行います。

GoogleとGoogle Map以外の組み合わせは無視していいの?

基本的に、GoogleとGoogle Map以外の組み合わせは、無視してOKです。GoogleとGoogle Mapの組み合わせが圧倒的にメジャーだからです。

もちろん、それ以外の組み合わせへの対策が全く無意味とは言いませんが、割に合わない事が多いです。

まずは何はともあれGoogleとGoogle Mapに対するMEOを行いましょう。

MEOの必要性|なぜ今MEOが注目されている?

SEOは、検索エンジン=Googleの検索結果の上位に表示させるための取り組みで、MEOは、Googleの検索結果に表示されるGoogle Mapの上位に表示させるための取り組みです。

集客の手段としてはどちらも有用ですが、実店舗で商売を行っている場合は、MEOを優先させて行うことをおすすめします。

理由としては、以下のことが挙げられます。

  1. SEOよりも少ない費用と手間で始められる
  2. SEOと比べると競争が緩い
  3. MEOの結果はGoogle Map上に表示されるため、視覚に効果的に訴えかけられる
  4. MEOは今すぐサービスを利用したい、目的意識の高いユーザーに訴えかけるため高い効果が期待できる

出先でスマホを使って、付近の飲食店などを探す人も多い昨今、それに答えるMEOには大きな効果が期待できます。

MEOはどんなキーワード・業種の対策におすすめ?

Google Mapで地名+業種(サービス)で検索する人は、その検索対象の詳細が知りたいわけではなく、場所が知りたいのです。

ですから、多くの場合、詳細を見なくても内容が分かるような店舗やサービスの検索をします。

どのようなキーワードや業種が検索対象になるかの例をご紹介します。

MEO対策でおすすめの業種

飲食業、病院、不動産業、仕業、美容関連業、宿泊業、小売り業、スポーツ関連施設、民間医療施設、サービス業、車関連業種、介護関連業種、教育関連業種など、さまざまな業種が考えられます。

MEO対策でおすすめのキーワード

おすすめのキーワード
飲食関連 居酒屋、カフェ、ラーメン屋、焼き肉屋、フレンチ、和食、イタリアンなど
病院 外科、内科、耳鼻科、眼科、整形外科、美容外科、歯科など
不動産関連 不動産屋、レンタル会議室、レンタルオフィス、レンタルルーム、ウィークリーマンションなど
士業 税理士、弁護士、社労士、行政書士、司法書士など
美容関連 美容院、エステサロン、ネイルサロン、マッサージなど
宿泊関連 ホテル、旅館、ビジネスホテル、カプセルホテルなど
小売り ホームセンター、スーパーマーケット、本屋、ドラッグストア、デパート、コンビニ、家電、電器屋、自転車屋、家具屋、など
スポーツ関連 フィットネスジム、スイミングスクール、ボクシングジム、空手教室、体育館、など
民間医療施設 整体、マッサージ、鍼灸など
教育関連 学習塾、英会話スクール、ピアノ教室、着付け教室、パソコンスクール、料理教室、カルチャースクール
介護 デイケアセンター、老人ホーム、デイサービスなど

MEO対策の始め方|Googleマイビジネスか登録

MEO対策を実施する上で必須となるのが、Googleマイビジネスへの登録です。Googleマイビジネスは、無料で企業や店舗のPRができるサービスです。

Googleで具体的な店舗名を検索すると、画面右側にサービスの概要が表示されることがありますが、あれはGoogleマイビジネスによるものです。

Googleマイビジネスに多くの情報を登録すれば、それにともない表示されるサービスの概要は、より具体的なものになり、ユーザーに対する訴求力が高まり、上位にも表示されやすくなります。

Googleマイビジネスには何を登録すれば良い?

Googleマイビジネスには、以下のことが登録できます。

  • 会社名・店名
  • 所在地
  • 営業時間
  • 電話番号
  • 写真
  • ホームページURL
  • 屋内版ストリートビュー
  • 概要

原則として、登録できるものはすべて登録したほうがいいでしょう。

「営業時間が掲載されてないので行くのをやめる」「店の雰囲気がよくわからないので行くのをやめる」といったような事態を防ぐことができます。

もちろん、不要な情報を長々と書き連ねる必要はありませんが、どこで、いつ、どのようなサービスを提供しているのかは明確にしましょう。

特に視覚的な情報は大切なので、写真か屋内版ストリートビューの少なくともどちらか片方は、掲載したいところです。

写真は、外観、内観、サービスの品などが魅力的に見えるように撮影しましょう。

口コミでさらなる集客力アップ

お客様は、Google Mapやマイビジネスなどのサービスを通じて、口コミを書くことができます。

良い口コミが多ければ、それだけ上位に表示されやすくなります。

ただし、自作自演の口コミや、金銭と引き換えの口コミは、Googleの規約上で禁止されています。

訪れてくださったお客様一人ひとりに対して、地道に声掛けをして口コミを集めるのがいいでしょう。

他のWeb媒体での露出も大切に

Googleマイビジネスの情報を充実させるだけでも、それなりに効果はありますが、更に集客を加速させたい場合は、Googleマイビジネス以外のWeb媒体でも積極的に情報を掲載するといいでしょう。

Googleのロボットは、日夜ウェブ上を巡回して情報を集め、それを順位付けの判断材料としていますので、Web媒体での露出が増えれば増えるほど、上位に来る確率は高まります。

おすすめのWeb媒体は?

事業内容にかかわらず、FacebookとTwitterの少なくともどちらか一方、できれば両方を運用することをおすすめします。

どちらも記事を拡散させる仕組みがあるため、記事の内容次第で多くの反響、それを通じた順位上昇が期待できます。

余裕がある場合は、自社サイトも用意したほうがいいでしょう。その他、飲食店ならば食べログを使うなど、サービス内容に応じて臨機応変に対応しましょう。

いずれのWeb媒体を利用する場合でも、1回作ったらおしまいではなく、定期的に更新することが大切です。

Googleは更新されないサイトよりも、更新されるサイトを高く評価するからです。

MEO対策の方法まとめ

MEO対策の基本は、何はともあれGoogleマイビジネス内の情報を充実させることです。

これを正しくできていない事業者は多く、逆に言えば、これをするだけで多くの事業者に差をつけられます。

そこにそれ以外のWeb媒体での活動を加えれば、更に良しです。

もちろん、店舗で良いサービスを提供するのも大切ですが、ただ良いサービスを提供しているだけで、お客さんが集まることはまずありません。

周知活動はどの事業にも必要不可欠です。自ら積極的にMEO対策を進め、自社の良いサービスのことを知ってもらいましょう。

[記事公開日]2018.09.07
[最終更新日]2019.02.14
[ライター]佐久間