インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

コンテンツマーケティングとは?コンテンツマーケティングが人気の理由と手順

近年、コンテンツマーケティングという考え方が、日本でも定着してきました。

コンテンツマーケティングは、サイトの訪問者を増やし、リピーターを獲得するために不可欠なものです。

では、コンテンツマーケティングとは、具体的にどのようなものでしょうか。また、コンテンツマーケティングを進めるにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、コンテンツマーケティングの活用事例も、併せて見ていくことにします。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって役に立つ情報を提供することで、サイトアクセスをアップして収益につなげるための手法です。

この概念が生まれたのは10年ほど前のことで、日本で知られるようになったのは2015年頃からですから、比較的新しいノウハウです。

ユーザーを惹きつけるコンテンツを充実させることにより、新規訪問者とリピーターを増やすことが、コンテンツマーケティングの狙いです。

キーワードから導き出される内容の記事を書き、コンテンツを増やしていくことで、アクセスを確保して売り上げにつなげます。

SEO対策のひとつともいえますが、ツールやプラグインなどを使うSEO対策とは違って、コンテンツを充実させることにより、結果としてSEO効果を発揮します。

コンテンツマーケティングが有効な理由

コンテンツマーケティングの手法は、いまやサイト構築にとって欠かせないものとなっています。

それは、ユーザーが広告をクリックしなくなったことが背景にあります。しかし、そうなったのには訳があるのです。

これまでの広告は、あからさまに物を買わせたいという目的が、透けて見えるようなやり方だったために、ユーザーの反感を買ってしまいました。

ユーザーは知りたいことがあれば、検索エンジンでキーワードを使って検索します。そして、表示された一覧の中から、役に立ちそうなサイトを選んでクリックします。

そのため、ユーザーの疑問に答え、ユーザーが困っている問題を解決できるコンテンツを充実させれば、自然と訪問者が集まるようになります。

こういうサイトにキーワードに関連する広告を貼れば、購買につながる可能性がアップします。これがコンテンツマーケティングの考え方です。

さらに、Googleがサイトを評価する基準に、コンテンツの充実度を加えたことも、コンテンツマーケティングの拡大を後押しする結果となっています。

Googleは、ユーザーの役に立つサイトを上位表示することを重要と考えていますが、これはそのままコンテンツマーケティングの概念とも一致します。

コンテンツマーケティングの具体例

ではここで、コンテンツマーケティングの具体的な事例を、いくつかご紹介しましょう。近年では、特に動画によるコンテンツマーケティングが著しく増えています。

タイの生命保険会社Thai LifeのUnsung Hero

人々に無償で善意を施す青年が主人公の動画です。人生にとって本当に大切な物は何かを訴える内容で、多くの反響を呼んでいる動画コンテンツの傑作です。

VolvoのThe Epic Split feat. Van Damme

Volvo社が有名なハリウッドスターを起用して制作した動画で、数々の広告賞を受賞した秀作です。

東京ガス

東京ガスは、長めでストーリー性のあるCMを配信していることで有名ですが、CMにありがちな売り込みは一切ありません。

しかし、これはイメージを売るという、立派なコンテンツマーケティングです。

キューピー3分クッキング

株式会社キューピーが提供する料理番組です。

一般家庭の、毎日の献立作りに役立つように制作された番組で、料理の中でキューピーマヨネーズやドレッシングをさりげなく使って、商品の認知度を上げています。

番組に自社製品を登場させるのはなかなかのアイデアで、これもすぐれたコンテンツマーケティングといえるでしょう。

参考サイト
https://www.kewpie.co.jp/3min_cooking/

コンテンツマーケティングの手順・進め方

コンテンツマーケティングの手順はいくつかありますので、代表的なものを紹介しましょう。

ブログの活用

ユーザーが知りたい情報を、サイトコンテンツとしてブログに構築していくことで、ユーザーにとって有益なサイトとなります。

充実したコンテンツが増えれば、それだけサイトの質も向上するので、Googleの評価も上がり、検索エンジンで上位表示を狙うことが可能となります。

また、ブログの運営はそこまでお金もかからないため、誰でも簡単に始められるのも大きなメリットです。

メールマガジンの活用

メールマガジンを使うと、広く大勢の人に、伝えたい情報を一斉配信することができます。

配信のタイミングも配信側が決めることができ、多くのコストをかけずに多くの顧客を呼び込めるのがメリットです。

メールマガジン購読者の多くは、その商品やサービスに興味のある人ですから、高い確率で購買につなげることが可能です。

動画コンテンツの活用

いまやマーケティングにおいて、動画の活用は必須といえるでしょう。

動画は一度に膨大な量の情報を配信することができ、見てわかりやすいという利点があるため、上手に活用すれば、ブログやメールマガジンをはるかに上回る集客効果が期待できます。

コンテンツマーケティングの効果測定の方法は?

コンテンツマーケティングの効果測定の方法はいろいろありますので、次に見ていきましょう。

サイト内の記事数

ブログには、キーワードに沿った内容の記事が掲載されています。それはサイト訪問者にとって役に立つ記事ですから、記事数が多いほど効果があると見なされます。

ページビュー

サイト訪問者がサイト内のページを閲覧した回数です。

閲覧数が多いほど効果のある記事と見なされますが、単にページビューだけでなく、ページに留まる時間も重要となります。

わずか3秒開いただけでも1ページビューとしてカウントされますが、3秒では何も読まずに離脱していますから、本当の意味でサイトを訪問したことにはなりません。

サイト内のセッション数

サイト訪問者がサイト内を閲覧した回数です。

サイトの効果を測定するには、1日に訪れるユーザーの延べ人数を知ることも重要です。そのためには、セッション数を見ることが有効です。

ページビューは、訪問者が見たページ1ページについて1カウント計上されますが、セッション数はサイト訪問者が離脱するまでを1セッションと数えます。

つまり、ページビューは訪問者が3ページ閲覧すれば3ページビューとなりますが、セッション数は3ページ見ても1セッションにしかなりません。

そのため、セッション数が本当の意味での訪問者数ということになります。

ユニークユーザー数

ユニークユーザー数を見れば、これまでに訪問したユーザーの人数がわかりますから、コンテンツマーケティングの効果測定に使えます。

1人の訪問者が何度サイトにアクセスしても、ユニークユーザー数は1になります。

そのため、1度でもサイトを訪問したことのある人の数を知りたいなら、ユニークユーザー数を見ればわかります。

セッション数は、サイト訪問者が1度離脱して再度訪問すると2とカウントされますから、そこがユニークユーザー数とは異なります。

SNSの数

検索エンジンからでなく、SNSから流入したサイト訪問者数です。

SNSからの流入は検索エンジンとは関係ないアクセスですから、コンテンツマーケティングにより、サイトを充実させたことで増えたアクセスと見ることができます。

サイト訪問者を増やするには、検索エンジンに頼らなくても、SNSからの流入をアップさせる方法もあります。

お問い合わせ数

ブログの問い合わせページからの問い合わせや、メール、電話などの問い合わせ数です。

カタログや資料請求数なども含まれますが、これらはすべて商品購入に直結する重要な数字となります。

まとめ

コンテンツマーケティングは、いまやサイト構築には欠かせないものとなっています。

その理由のひとつとして、Googleがサイトを評価する基準に、コンテンツの充実度を加えたことが挙げられます。

コンテンツマーケティングを進めるには、ブログやメールマガジン、動画コンテンツなどを活用する方法があります。

コンテンツマーケティングを行う上で役に立つノウハウや、効果計測するためのツールなど、こちらのサイトで必要なものを用意することができます。

一度ご覧になってみてはいかかでしょうか?

成功ノウハウをまるごと導入できる「ferret one」はこちら
https://ferret-one.com/cp/productivity/efficiency

[記事公開日]2018.11.28
[最終更新日]2018.11.29
[ライター]清水 照美