インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webマーケッターの次に目指す所はどこ?

Webマーケッターの次に目指す所はどこ?

Webマーケティングとは、Webサイトの認知や集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作ることを言います。

そして、それを行うのがWebマーケッターです。

Webマーケッターとしてある程度のキャリアを積み上げて行くと、さらなるキャリアアップを目指すことも視野に入ってきます。

これまでのキャリアパス、習得した知識、スキルなどにより、目指す方向性を見極めるのも一つの方法です。

Webマーケッターの次に目指す所
~キャリアパス別に見る方向性~

未経験からWebマーケッターにキャリアアップした場合

Web制作会社や広告代理店などの場合、未経験からWebマーケッティングの業務に採用される場合があります。

Webデザイナーやエンジニアと異なり、Webマーケッターを専門に養成する機関がとても少ない事もあり、実践で学びながらプロのWebマーケッターに成長するということが少なくありません。

採用に当たり、数値の測定や分析力、論理的思考、コミュニケーション力が重視されます。

当初は主にWebマーケッターのサポートとして、データ測定やレポーティングなどの業務を行うことになるでしょう。

このような場合、プロのWebマーケッターとなるまで、Webマーケティング業務を専門にこなしているので、深い専門知識やスキルが身に着きます。

Webマーケッターの上位職として、Webコンサルタント・Webプロデューサーなどの職種が考えられますが、これらの職種に就くには、Webプロジェクト進行に必要な総合的な力が必要となります。

Webマーケティング専門として培ったキャリアであれば、CMO(※)、あるいはそれに匹敵する職種を目指すのも一つの方法です。

また、フリーランスや独立開業という形でWebマーケティングを専門に行う仕事をするということも考えられます。

※CMO(マーケティング最高責任者)
CMOとは、Chief Marketing Officerの略であり、マーケティング最高責任者のことです。
この役職は、欧米ではかなり浸透していますが、日本においてはまだ少数の企業でしか採用されていません。
しかし、Webマーケティングは今後ますます重要視されて行くことが予想されますから、いずれ日本でも、CEOやCOOなどの役職同様に認知・採用されていくようになるでしょう。

WebディレクターからWebマーケッターにキャリアアップした場合

近年、Webマーケティングの必要性が認知されるようになり、WebディレクターはWebデザインやコーディングの知識やスキルだけではなく、Webマーケティングの知識を持ち合わせていることが必須となりました。

Webディレクターは、Webサイトの企画・制作・進行管理と総合的なスキルを身に着けていますから、そのままWebプロデューサーへスキルアップすることが考えられます。

しかし、WebプロモーションにおけるWebマーケティングの重要性を考えると、いったんWebマーケッターとしてのキャリアを積むという選択肢もありますし、あるいは会社の方針でそのようなキャリアパスになっているという場合もあるでしょう。

Webプロモーションの成功はWebマーケティングにかかっていると言っても過言ではありませんから、専門の知識を習得することは、その後の活動に大きなメリットとなります。

このようなキャリアパスを積んでから、Webプロデューサーにキャリアアップすることで、より幅広いスキルを兼ね備えたWebプロデューサーになることができます。

エンジニアからWebマーケッターにキャリアアップした場合

Webマーケティングもデジタル化が進み、Webマーケッターとエンジニアとのコミュニケーションを取ることが必要な場合が多々あります。

そこで、昨今ではエンジニアもWebマーケティングの知識が必要とされるようになりつつありますが、エンジニアの経験があるWebマーケッターであれば、エンジニアとの共通の認識を持つことも難しくありません。

また、解析設計など専門的な分野でエンジニアのスキルが役に立つ場合もあります。

一般的にエンジニアは既存のルールから逸脱しない事や安定したパフォーマンスを好み、プロセスを大切にします。

一方、Webマーケッターはその逆で、斬新な発想が求められ、安定やプロセスよりも結果を重視することが多いものです。

このことから、エンジニアはWebマーケッターとは逆の適性を持っていることが多いものです。

その「逆の適性」を生かす方法もあります。エンジニア出身のWebマーケッターがそのスキルを生かして、キャリアチェンジするのであれば、Webマーケティングエンジニアという職種も考えられます。

これは、Webマーケッターが次に目指すというよりも、Webマーケティング業務の中の一職種と言えるのかもしれませんが、マーケティング業務を強化するために、エンジニアサイドからバックアップする仕事です。

例えば、SQLを利用したデータ解析業務や、分析基盤やマーケティングツールの構築や運用です。

マーケティング業務が多様化していくに連れ、解析ツールなども高度なものになって行きますから、エンジニアとしての技術が必要とされていくことが考えられます。

既存のWebマーケティング業務をより高度なものに進化させるために、Webマーケティングエンジニアが必要となります。

今後、Webマーケッターの需要がますます増え、その業務は複雑多様化して行くことが予想されますから、業務も細分化していく可能性があります。

特にその中でもSNS関連のマーケティングはWebマーケティングの中でも大きなシェアを占め、SNSマーケティングに特化したスペシャリストが活躍して行くことも考えられます。

まとめ

Webマーケッターが次に目指すキャリアとしては、CMOなど、Webマーケティングの部署の最高責任者、WebコンサルタントやWebプロデューサー、Webマーケティングエンジニア、1つの分野に特化したWebマーケティングのスペシャリスト、独立開業など、さまざまな方向性が考えられます。

それには、個人個人の適正や、キャリアパスに見合った形のキャリアを目指すことが効率的です。

しかし、これまで取得したスキルによって、次に目指すキャリアの方向性が必ずしも決まってしまうわけではありませんから、努力次第で希望の職種に就くことができるでしょう。