インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webマーケティングは、どこでどのように学べば良いの?

Webマーケティングは、どこでどのように学べば良いの?

Webプロデューサー、Webマーケッター、Webコンサルタントなどを目指す人がそのスキルを身に着けるには、専門学校やスクール、オンラインスクールで学ぶ方法と、独学で学ぶ方法があります。

Webマーケティングの世界は日々進化していますから、学校や独学で学ぶとしてもすぐに実践で役立つというものではありませんから、実際の現場で経験を積む必要があります。

大学で学ぶ

大学には一般のマーケティング関連の学部はありますが、Webマーケティングに特化した学部はほとんどありません。

ただし、単科でWebマーケティングの講座がある場合はありますので、Webマーケティングの概要を知るにはよいかもしれません。

一般的なマーケティングは大学で学びながら、Webに特化したマーケティングは独自に学ぶという方法が現実的でしょう。

大学でWebマーケティングを学ぶメリット

  • 大学・短期大学を卒業すれば学士・準学士の学位を得ることができる。
  • 一般のマーケティングや行動理論など幅広い知識を習得できる。
  • 就職する場合の選択肢が広がる。

大学でWebマーケティングを学ぶデメリット

  • 卒業までに4年間という年月がかかるが、Webの世界は日々進化しているので情報が古くなる可能性がある。
  • 単位取得のためには、Webマーケティングに不必要な講義も受ける必要がある。
  • 学費が高い。
    <参考学費:1年間 約100万円~150万円(入学金は別)>

専門学校で学ぶ

専門学校の場合、Webマーケティング専門の学科がある学校は、それほど多くありません。

Webデザインやプログラミング、IT・Webビジネス関連の学科の中に、Webマーケティングの講座のあるケースが多いようです。

ですので、卒業後の就職先として、WebプロデューサーやWebマーケッター、Webコンサルタントだけではなく、Webデザイナーや広告デザイン、アプリケーション開発、EC関連の企業など、いろいろな企業への就職も可能になってきます。

専門学校でWebマーケティングを学ぶメリット

  • WebプロデューサーやWebディレクター、Webマーケッター、Webコンサルタントは元より、Web関連のさまざまな職種への就職の可能性がある。
  • 文部省公認の専門学校であれば、履歴書の学歴に記載できる。

専門学校でWebマーケティングを学ぶデメリット

  • Webマーケティングだけを学べる学校が少ない。
  • 学費が高い学校もある。
    <参考学費:1年間 約60万円~150万円(入学金は別)>

スクールで学ぶ

スクールというのは、PCスクールのような民間企業の運営によるスクールのことです。

一般的には、大学や専門学校に通うというイメージとは違い、1回あたりの講座の時間数や期間が短く、そのため学費も安めになっています。

一部のテーマに特化したスクールや広告代理店が主催していて、かなり実践的なプログラムを学べるスクールなどがあります。

独学と併用して、一部のスキルだけを学びたいときや、現在のスキルの幅をさらに広げたいとき、または大学や会社に通いながら無理なく通いたいときや、学費を抑えたいときなどに適しています。

スクールでWebマーケティングを学ぶメリット

  • 必要な講座のみを受講できる。
  • 都合のいい時間の講座を選べるため、大学や会社に通いながら受講しやすい。
  • 少人数制の場合が多いので、質問などがしやすい。
  • 短期間で終了することが多い。
  • 大学や専門学校より学費が安いことが多い。
    <参考学費:3か月~半年 約10万円~70万円>

スクールでWebマーケティングを学ぶデメリット

  • 多くのスクールは学校として認可されていないので、履歴書の学歴には記載できない。
  • 受講が終了しても即戦力となりにくいため、ある程度独学との併用が必要。

通信講座やオンラインスクールなど在宅で学ぶ

通信講座やオンラインスクールは、時間や場所を選ばず、全国どこにいても好きな時間に受講できるので、忙しい方、近くに学校やスクールがない方にはおすすめです。

Webマーケティングは、Webデザインやプログラミングのように実技を伴うというものではないため、比較的通信講座やオンラインスクールでも学びやすい分野といえます。

通信講座やオンラインスクールでWebマーケティングを学ぶメリット

  • 必要な講座のみを受講できる
  • 時間も場所も選ばないため、働きながら受講しやすい。
  • 短期間で終了することが多い。
  • 講座の選び方によっては学費がとても安い。
    <参考学費:通信講座 約2万円~40万円/オンラインスクール 無料~約40万円>
    ※受講期間は無制限~7か月とまちまち。学費は単科か総合コースかで価格は異なる。

通信講座やオンラインスクールでWebマーケティングを学ぶデメリット

  • 疑問点を受講の場で質問することが難しい。
  • しっかりとスケジュールの管理をして行かないと、挫折してしまうケースもある。

独学で学ぶ

Webマーケティングの書籍はたくさん出ているので、書籍やセミナーなどを通して独学で学ぶ事は十分可能です。

学校や通信講座、オンラインで学ぶ場合と異なり、専用の教材が提供されるわけではないので、独自に質の良い内容の書籍などを揃える必要はあります。

セミナーなどには積極的に参加して、プロの生の声などを聴くことも有効です。

また、メールアドレスを登録すると、商品やサービスの案内のメールマガジンやステップメールが送れられてくることがありますので、こうしたものを積極的に利用して、どのような手法を使っているかを確かめてみるというのも一つの手です。

独学でWebマーケティングを学ぶメリット

  • 時間も場所も選ばないため、働きながら習得しやすい。
  • 学費がかからない
    <参考学費:0円(書籍やセミナー参加費を除く)>

通信講座やオンラインスクールでWebデザインを学ぶデメリット

  • 強い意志がないと挫折しやすい
  • 質のよいテキストなどを選ぶことが難しい
  • 同じ目的を持つ人とのコミュニケーションが取りにくい

Webマーケティングを必要とする職種、例えば、WebプロデューサーやWebマーケッター、Webコンサルタントなどを目指すのであれば、Webマーケティング単独で学習するというよりは、Webでのプロモーションに必要なさまざまな知識やスキルを併せて習得したほうがよいでしょう。

広告は必ずしも1+1=2となるものではなく、市場の動向、風評、トレンド、天気などの外部要因で、結果が代わることも多々あります。

学校やスクールなどで学んだことが、すぐ実践で役に立つかと言うとそれは難しく、現実には経験を積んで実績を上げて、初めて一人前になります。