インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webマーケッターとはどんな職業?

Webマーケッターとはどんな職業?

生活の場にもビジネスの場にもインターネットが普及し、今やWebサイトはビジネスのツールの一つとなり、確実に利益を取れるようにするため、各社が競い合っています。

Webサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作ることをWebマーケティングと言い、それを行うのがWebマーケッターです。

Webマーケッターは、Web担当者(略して、Web担)、Webマーケティング担当者と呼ばれることもあります。

Webマーケッターはどんな仕事をするの?

ユーザーが問い合わせ、資料請求、購入に至るためには、まず、できるだけ多くのユーザーがWebサイトに訪れてくれること、次に、アクションを起こさずに離脱してしまうことを防ぐ必要があります。

そのための施策には下記のようなものがあります。

集客を目的とするもの

  • SEO対策(検索エンジン最適化)
  • リスティング広告
  • ディスプレイネットワーク広告
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告
  • SMM(ソーシャルメディアマーケティング)
  • メールマーケティング

離脱を防ぐ目的のもの

  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(入力フォーム最適化)

こうした施策をやみくもに行っても、効果はあまり期待できません。

担当するWebサイトはどのようなターゲットに向けて発信すればいいのか、限られた予算の中でどの施策をどのくらいの期間行うか、SNSを行うのであれば運営する人材を確保できるのかなど、見極める必要があります。

Webサイトへの集客はもちろんのことですが、時代と共に変化するユーザーのニーズやライフスタイル、トレンドなどにも敏感であることが大切です。

Webマーケッターに必要なスキル

Webマーケティングの専門知識

Webマーケティング全般の専門知識と、数値や情報などのデータの分析能力は欠かせません。

専門知識とは、前述したさまざまなWeb施策を行うための知識の他に、一般的なマーケティングの知識や、各種データを解析するためのツールを使いこなす知識も必要となります。

また、マーケティング分野で使われている行動心理学の知識や、ランディングページで必要となるセールスライティングの知識なども習得しておきたいものです。

コンセプチュアルスキル

Webマーケッターには企画・立案の能力が必要ですが、そのためには、コンセプチュアルスキル(論理的思考能力)がポイントとなります。

コンセプチュアルスキルとは、さまざまな情報を整理分析し、創造的な戦略立案を行い、物事の大枠を理解し、本質を把握することができる力のことを言います。

Webマーケティングを行うには、先を見抜く洞察力や目先の事象に捉われることなく、全体的・長期的な動向を把握できる力が必要になります。

プレゼンテーションスキル

WebマーケッターがどれほどWebマーケティングの専門知識を持っていたとしても、クライアントがその有効性を理解して、予算を出してくれなければ意味のないものになります。

Webマーケティングはそのほとんどにコストがかかりますから、限られた予算の中で、何を選ぶか、それによってどのような効果や売上が期待できるかなどをクライアントに提案する必要があります。

クライアントの判断次第では、十分なマーケティングが行えず、目的とする集客や売上が期待できない場合もあります。

ですから、クライアントを説得するのためのプレゼンテーション能力は、重要な要素の一つとなります。

資 格

特に資格が必要というわけではありませんが、下記のような資格を取っておけば信用度も高まり、Webアナリストとしての業務も可能となるでしょう。

資格を取るための勉強がそのまま自身の知識となりますので、時間があればトライしてみるのもよいでしょう。

  • ウェブ解析士
  • Google Analytics Individual Qualification
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定

Webマーケッターの年収

Webマーケッターは、前述したようにさまざまな雇用形態が考えられ、経験や実績により年収のレンジも広くなっています。

Webマーケッターの平均年収 500万円前後
収入レンジ 年収300万円~1000万円以上

Webマーケッターの平均年齢が低いこともあり、平均値はそれほど高くはありません。新卒や未経験の場合は、300万円程度になります。

マネージャークラスで比べてみると、広告代理店やWebコンサル会社では600万円~700万円程度、事業会社では600万円~1000万円程度となります。

フリーランスの場合や独立起業した場合、能力の高いWebマーケッターであれば青天井と言われています。

Webマーケッターの適性を考えるとすれば、周りに流されない性格であること、信念を貫くことができる意志の強い人物であることがとても重要です。

Webマーケティングは施策を行う時点では、その結果が目に見えるものではありません。結果が出るまでには、数か月、あるいは1年以上かかる場合もあるでしょう。

ですから、企画を提案する時点で、周りの反対意見に流されたり、妥協して中途半端な施策を行えば、期待通りの結果が得られず「施策は失敗だった」というレッテルを貼られてしまう可能性すらあります。

もちろん、自信を持って提案するためには、その自信の根拠となる知識、経験、実績があることが前提となります。

一人前のWebマーケッターになるまでのキャリアパスが、Webデザイナーやマークアップエンジニアであるにせよ、新入社員からWebマーケッターであるにせよ、Webに関わってきた経験の中で、どのような施策が行われてどのような結果が出たかを、常に意識して観察しておくとよいでしょう。

Webマーケッターになるには?

Webマーケッターになるには、専門知識を身に着ける必要があり、下記のような方法があります。

  • 大学や専門学校で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • 独学で学ぶ
  • Webマーケティングの仕事に携わりながら学ぶ

大学や専門学校で学ぶ

大学や専門学校で学ぶ場合、Webマーケティング専門の学部というのはほとんどありませんが、Webマーケティング関連の講義を受講することで、概要を学ぶことはできます。

しかし、大学や専門学校の講義を受けることで、そのまま実務が可能かと言うと、そこまでには至らないのが現実です。

また、Webマーケティング以外の講義も受けることになりますから、Webマーケッターになるには少し遠回りと言えるでしょう。

スクールで学ぶ

広告代理店が主催しているような小規模のスクールでは、あるテーマに特化した授業を受けることができます。

必要な講座のみを受けることができる点や、大学や専門学校よりは安価で受講できることから、学生や働きながらの受講も可能です。ただし、独学での勉強も併用することをお勧めします。

独学で学ぶ

独学で学ぶ場合、書籍やWebマーケッターのブログ、オンラインスクールや通信講座など、多岐に渡る学び方があります。こちらも、学生や働きながらの勉強も可能です。

実践を経験するには、アフィリエイトなどを経験してみるのもよいでしょう。

Webマーケティングの仕事に携わりながら学ぶ

Webマーケティングの仕事に携わりながら学ぶというのは、仕事を選ぶ際に、広告代理店やWebマーケティングの会社、あるいは、一般企業やECサイトのWeb担当を目指すということです。

Webマーケティングが未経験でも、研修を重ねながら専門知識を身に着けていくことになります。

実績を上げた後に、Webマーケッターとしてさらにキャリアアップする、独立するなどの道も開けます。