インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webマーケッターの平均月収と年収について

Webマーケッターの平均月収と年収について

これからWebマーケッターを目指したいと思っている人にとって、気になる平均的な月収や年収についてご紹介いたします。

Webマーケッターは、Webサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、さらに効果検証、改善をすることにより、販売している商品やサービスが売れる仕組みを作る仕事をしています。

近年、インターネット人口の増加と共に、WebプロデューサーやWebコンサルタント同様、Webマーケッターの需要も非常に高くなっており、有能なWebマーケッターであれば高い収入を得ることができます。

Webマーケッターの平均月収や年収の相場はどれくらい?

Webマーケッターは個人で活動することもできるため、幅広い雇用形態が考えられますので、収入の幅も広くなっています。

Webマーケッターの平均年収 500万円前後
平均月収 25万~50万円
収入レンジ 年収300万円~1000万円以上

そもそもWebマーケッターは新しい職種であるため、平均年齢が低く、全体の平均年収ではそれほど高いというわけではありません。

新卒や未経験で、300万円~500万円程度になります。

転職サイトなどで、募集している会社の例では、即戦力となる経験者を募集している場合が多く、その場合400万円~800万円程度、マネージャークラスになると700~1000万円程度になります。

また、月収自体は少な目だけど、インセンティブなどで調整されるという場合もあり、企業によってさまざまです。

会社に雇用されないフリーランスや独立起業した場合は、経験と実績がある有能なWebマーケッターであれば、青天井と言われています。

Webマーケティング業界に入るメリットは?

Webプロモーションで利益を上げるためには、マーケティングは必須です。ですので、Webマーケッターの需要は増える一方ですが、現在、需要に供給が追い付いていない状態です。

そんなWebマーケティングの業界に入ることにはどんなメリットがあるのでしょう。

需要が多いので、今後の職に困らない

Webプロモーションを行うには、Webマーケティングは必須です。最近では、Webでの広告宣伝の割合はますます増えていますから、Webマーケッターの需要はさらに高まっています。

需要が多いので、Webマーケティングのスキルを身に着ければ、職に困ることがなくなる、というメリットがあります。

経験を積み、スキルを身に着けることができる

Webマーケティング業界で経験を積むことにより、スキルを身に着けることができます。さらに、資格を取ることで、自分の価値を高めることも可能です。

経験や実績、身に着けたスキルは、需要の多いWebマーケティング業界の中で転職をした場合、大いに役立てることができます。

独立することも可能

仮に、働いている会社が倒産したり、自分がリストラにあったりしても、Webマーケッターのスキルがあれば、独立して仕事をすることも可能です。

パソコンとインターネット環境があれば、自宅でも作業を行うこともできますから、オフィスがなくても構いません。

最近では、バーチャルオフィスやシェアオフィスなどを使う人も増えていますから、独立開業もしやすくなってきました。

とは言え、Webマーケティングのトレンドは、日々刻々と変化して行きます。独立してしまうと、受け身ではなかなか新しい情報が入ってきません。

今後もWebマーケティング業界で生き残っていくためには、自分から積極的に新しい情報を求めて、常に勉強に励む姿勢が大切になります。

Webマーケッターが収入を上げるには?

実績を上げる

Webマーケッターは、手掛けたプロモーションを確実にヒットさせ、クライアントに利益をもたらすことで成功報酬を得る、という形で収入を上げて行くことができます。

自社サイトの場合は、経験と成功実績を積み上げて行くことです。

ただし、実績を上げて有能なWebマーケッターとなることは簡単ではありません。

TVや雑誌などでのプロモーションが主流だった時代に比べ、Webでのプロモーションはその変遷が激しく、その時代の波にしっかりついて行ける柔軟性を持つことが大切です。

そのためには、新しい技術、ユーザーのニーズやライフスタイル、トレンドなどに常に敏感であることが大切です。

より条件のよい会社への転職

Webマーケッターの仕事は、実績を数値として提示しやすいこともあり、また、個人レベルで行う仕事が多いですので、転職しやすい職業であると言えます。

ヘッドハンティングから話が来る場合、スカウトサイトに登録しておく場合、目当ての企業に応募する場合などが考えられ、よりよい条件の職を求めて渡り歩くWebマーケッターもいます。

小規模のWeb制作会社やWebコンサルティング会社から、大手の事業会社や広告代理店への転職などが実現すれば、年収は飛躍的にアップする場合が多いです。

しかも、豊富な実績や、卓越した得意分野があるなどの特徴がある場合は、より高い報酬で採用される可能性があります。

フリーランスや独立起業

Webマーケッターの場合は、前述のように個人レベルで仕事をする場合が多いため、フリーランスになることや独立起業はそれほど難しくはありません。

それなりの経験や実績を積んで来た有能なWebマーケッターであれば、仕事をした分だけ収入になるフリーランスや独立起業の方が、高収入を得られるという場合が多いようです。

クライアントが大手企業であればあるほど、フリーランスの立場よりも起業して法人化したほうが信用されやすいため、使ってもらいやすく、大手の企業の案件を狙うのであれば、法人化するほうが望ましいでしょう。

フリーランスや独立起業で活動する場合は、クライアントに提示できる経験や実績の他、資格を所持していればより活動しやすくなります。

参考となる資格

  • ウェブ解析士
  • Webアナリスト検定
  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • IMA検定

独立起業して活動する場合、Webマーケッターとしての仕事の他、Webデザイナー、ライター、エンジニアを外注として使い、Webサイト制作の企画から運用までを請け負うという形も可能です。

この場合は、Webプロデューサーのような役割を果たすことになります。