インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

WebプロデューサーとWebマーケッターとの違いは何?

WebプロデューサーとWebマーケッターとの違いは何?

Webサイト制作プロジェクトにおいては、Webプロデューサーの指揮監督のもと、Webディレクター、Webデザイナー、ライター、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニアなどのスタッフが加わります。

完成したWebサイトには確実に集客し、利益を生み出すことが求められます。そのためには企画やコンテンツと同じくらい、マーケティングも重要なポイントとなります。

Webプロデューサーは、Webマーケティングについての知識やスキルも兼ね備えていますが、別にWebマーケッターを配置する場合もあります。

Webプロデューサーは、Webマーケッターの上位職となります。

プロジェクトの規模が大きくなればなるほど、業務は細かく分担され、各業務はより専門性の高いスタッフが行いますが、WebマーケッターはWebマーケティングに関する業務を専門的に行うスタッフです。

Webプロデューサーは企画立案、Webマーケッターはマーケティング

Webプロデューサーの役割

Webプロデューサーは、Webサイト制作プロジェクトの統括責任者です。

その業務は多岐に渡り、プロジェクト全体を管理しますが、中でも、プロジェクトの企画立案や予算交渉やコスト管理という、自社の利益にも関わる重要な役割を担っています。

実際のWebサイト制作業務についてはWebディレクターに指示し、Webディレクターが制作完了までを管理します。

Webマーケッターの役割

Webマーケッターは、完成したWebサイトを運用する段階で、集客力や利益を上げるためにさまざまな施策や検証を行います。

Webマーケティングは下記のような方法がありますが、限られた予算の中でどの手法が適しているかを判断しながら提案します。

SEO対策(検索エンジン最適化)

Yahoo!やGoogleでの検索順位を上位に表示させて、Webサイトへの流入を増やす方法です。Webサイトのコンテンツ自体に行う施策と、被リンクによる施策があります。

リスティング広告

Yahoo!やGoogleの検索結果の上部の有料広告エリアに表示させる方法です。こちらはSEO対策より確実に表示されるのですが、コストがかかります。

ディスプレイネットワーク広告

リスティング広告が検索結果として表示されるのに対し、ディスプレイ広告は各種Webメディアにバナーやテキストでの広告を表示させる方法です。

アフィリエイト広告

個人、法人のアフィリエイターのWebサイト、ブログ、メールマガジンなどにバナーやテキストにてリンクURLを貼ってもらうことにより、ユーザーから問い合わせ、申し込み、資料請求、購入があった場合にアフィリエイターに報酬を支払うという仕組みです。

SNS広告

TwitterやFacebookなど、SNSのページに広告を表示するもので、有料になります。ターゲットを絞って配信することもでき、またユーザーによる拡散の可能性もあります。

SMM(ソーシャルメディアマーケティング)

Twitter、Facebook、LINE@などを自社で運営することにより、商品やサービスの認知度を上げ、集客を狙うものです。

例えば特典を付けるなどして、ユーザーにお友達やフォロワーになってもらい、ユーザーのタイムラインに常に広告宣伝を流すことができるようになります。

また、ユーザーによる情報拡散効果も期待できます。

メールマーケティング

メールマガジン、ステップメール、ターゲティングメール、リターゲティングメールなどを配信します。

LPO(ランディングページ最適化)

ランディングページとは、ユーザーが商品やサービスなどを検索した場合に最初に表示されるページです。

会社のWebサイトとは別に、個別の商品やサービス専用のページをランディングページとして作る場合もありますので、このページを最適化して、よりアクセスされやすく、申し込みをされやすいよう施策を行います。

各種メディアへの広告

新聞や雑誌などの紙媒体、プレスリリース、テレビCMなど、Web以外のマーケティングを行うこともあります。

WebプロデューサーとWebマーケッターの収入の違い

所属している企業の業種や年齢によっても異なりますが、WebプロデューサーもWebマーケッターも収入のレンジがとても広いので、平均値を出すよりも、収入のレンジで比べたほうが分かりやすいかもしれません。

Webプロデューサーの収入レンジ 450万円~1000万円以上
Webマーケッターの収入レンジ 300万円~1000万円以上

両者とも、需要が多いため、能力のある人はより条件の良い企業で仕事をすることができますのでそれだけ収入も上がります。

Webプロデューサーは、プロジェクトを統括する責任者ですので、幅広い知識、スキル、経験が必要となるため、年齢的にも30代以上と少し高めになりますから、最低収入もある程度高くなります。

Webマーケッターは、幅広い知識というよりはWebマーケティングに関する深い専門知識とスキルをどこまで習得し、実績を上げられるかが勝負なので、それによって収入に大きく幅があります。

WebプロデューサーとWebマーケッターのスキルの違い

Webプロデューサーには総合的なスキルが必要

Webプロデューサーは、Webサイト制作プロジェクトにおけるすべてのステージで必要な知識やスキル、全体を管理し、リードする力を必要とします。

ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、テクニカルスキル、マーケティングスキルなどの総合的なスキルも必要とされています。

Webマーケッターは、制作したWebサイトが確実に集客や利益を上げることができるためのスキルを必要とします。

Webマーケッターには専門的なスキルが必要

マーケティング全般の知識

マーケティング全般の専門知識が必要なことは言うまでもありません。そのためには数値や情報などのデータを分析する力が欠かせません。

そして、各種データを解析するためのツールを使いこなすスキルも必要となります。また、LPO対策をする上では、ある程度のセールスライティングの知識があれば尚強力な武器となります。

プレゼンテーションスキル

Webマーケティングにはさまざまな手法がありますが、そのほとんどはコストがかかりますから、限られた予算の中で、何を選ぶか、それによってどのような効果を期待できるか、をクライアントに提案する必要があります。

コンセプチュアルスキル

Webプロデューサーにも必要とされているコンセプチュアルスキル(論理的思考能力)は、Webマーケターにも必要とされています。

コンセプチュアルスキルとは、さまざまな情報を整理分析し、創造的な戦略立案を行い、物事の大枠を理解し本質を把握することができる力のことを言います。

ヒットする企画を立案するためには、現在見えていないものがどうなるかを見抜く洞察力や、目先の事象に捉われることなく、全体的、あるいは長期的な動向を把握できる力が必要になります。

Webでのプロモーションには、マーケティングは欠かせないものとなっています。

Webマーケッターは、Webプロデューサーと同じように、プロジェクトの集客や利益に深く関わるとても重要な位置にいます。

従って、Webプロデューサーは、Webマーケッターの資質を把握して慎重に選ぶことや、両者の意思疎通がしっかり行われることを大切にすべきです。

Webプロデューサーは、プロジェクトの統括責任者なので、他のスタッフがいてこそ成り立つ仕事ですが、Webマーケッターは、フリーランスや個人企業として単体での仕事も十分可能な仕事になります。