インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

WebプロデューサーとWebディレクターの違いは何?

WebプロデューサーとWebディレクターの違いは何?

Webサイト制作プロジェクトにおいて、その規模が大きくなるほど業務は分担して行われます。

プロジェクトにはWebプロデューサーを筆頭に、Webディレクター、Webデザイナー、ライター、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニアなどが加わります。

WebプロデューサーもWebディレクターも、クライアントと制作スタッフの間に入り、プロジェクトを完成まで導くという目的は同じですが、WebプロデューサーはWebディレクターの上位職であり、Webで展開する商品やサービスのプロモーション全体の責任者となり、責任がより大きくなります。

つまりWebプロデューサーは、商品やサービスを展開する際の方向性、売り上げや利益を上げる為の施策、会社自体の方向性など、Webサイトの範疇を超えて、時には会社全体のマーケティングまで担当する役目を担います。

Webプロデューサーは企画立案、Webディレクターは実務遂行

Webプロデューサーの役割

Webプロデューサーは、Webサイト制作のプロジェクトの企画立案を行いますが、同時にプロジェクトの統括責任者でもあります。

どちらかと言うと、クライアント寄りの業務が中心となります。

クライアントの要望、実情、課題などをヒアリング、企画立案、コンセプトや納期決め、予算交渉やコスト管理を行い、営業的な側面もあります。

これらは自社の利益にも関わる重要な役割を担っています。

実際のWebサイト制作業務については、Webディレクターに指示し、Webサイト完成後の運用やマーケティングまで行います。

Webディレクターの役割

Webディレクターは、Webプロデューサーからの指示を元にWebサイト制作の実務を遂行します。

Webディレクターは、どちらかと言うと制作スタッフ寄りの業務が中心となります。

制作スタッフの選定から始まり、スケジュールや進行状況の管理、制作スタッフへのディレクション、課題やトラブルの対処、Webサイトのクォリティチェックなどを行います。

制作が進行する中で、クライアントや内外のスタッフとの打ち合わせを行い、しっかりコミュニケーションを取っておきます。

WebプロデューサーとWebディレクターの収入の違い

所属している企業の業種や年齢によっても異なりますが、一般的には50万円~100万円ほど、Webプロデューサーの方が高くなっています。

Webディレクターの平均年収 380万円~500万円ほど
Webプロデューサーの平均年収 450万円~550万円ほど

WebディレクターもWebプロデューサーも現在は人手不足であり、需要が多いため、能力のある人はより条件の良い企業で仕事をすることができますので、それだけ年収も上がります。

求人を比べてみると、Webプロデューサーよりも、Webディレクターの方が圧倒的に多いのですが、それはWebプロデューサーがWebディレクターよりも上の立場であることや、WebプロデューサーはWebディレクターから繰り上がりで着任するケースも多いからです。

WebプロデューサーとWebディレクターのスキルの違い

一般的なキャリアパスとして、WebデザイナーやコーダーからWebディレクターへ、そして、Webプロデューサーになるケースが多く、WebプロデューサーはWebディレクターに必要なスキルはすべて持ち合わせています。

Webプロデューサーになると、Webディレクターよりもさらに総合的な能力が必要となります。

WebプロデューサーもWebディレクターも、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、テクニカルスキル、マーケティングスキルなどが要求されます。

しかし、特にWebプロデューサーは、プロジェクトを企画し、予算を獲得し、自社へ利益をもたらすもっとも大切な仕事を成し遂げる必要がありますから、コンセプチュアルスキルやヒューマンスキルは特に重要な要素となります。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、企業や組織を総合的に捉えることのできるスキルです。

つまり、さまざまな情報を整理分析し、創造的な戦略立案を行い、物事の大枠を理解し、本質を把握することができる力のことを言います。

ヒットする企画を立案するためには、現在見えていないものがどうなるかを見抜く洞察力や、目先の事象に捉われることなく、全体的あるいは長期的な動向を把握できる力が必要になります。

これこそがコンセプチュアルスキルであり、Webプロデューサーに限らず、マネジメントに関わる職種には必要なスキルの一つとして注目を集めています。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、文字通り他者との良好な関係を築く上で必要なスキルです。

Webプロデューサーが大きな案件の責任を担うにあたり、クライアントやスタッフに信頼されることはとても重要で、そのためにはヒューマンスキルの中でも、リーダーシップ、交渉力、コミュニケーション能力は欠かせないものとなっています。

もちろん、クライアントや、制作スタッフとの交渉やコミュニケーションをするにあたり、ベースとなるテクニカルスキルはしっかり身に着けていることは大前提となります。

Webプロデューサーはプロジェクト全体を統括し、利益を生む責任があるという話を前述しましたが、逆に言えば、プロジェクトがうまくいかなかった場合やトラブルからプロジェクトが中断した場合なども責任を負うことになります。

ですから、単にWebディレクターがスキルアップしてWebプロデューサーになれるというよりも、そのあたりの責任まで担うことができるか、ということをしっかり自覚することが大切です。

Webプロデューサーはその知識やスキルを背景に、必ずプロジェクトを成功させる、という自信をもって臨むべきなのです。