インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

WebプロデューサーとWebコンサルタントとの違いは何?

WebプロデューサーとWebコンサルタントとの違いは何?

Webサイト制作プロジェクトにおいては、一般的に広告代理店やWeb制作会社が制作する場合には、大型案件になればなるほど、さまざまな職種が関わってきます。

WebプロデューサーとWebコンサルタントの大きな違いは、Web制作プロジェクトを主導し、成果を上げられたかどうかについて責任を負う立場にあるのが「Webプロデューサー」で、プロジェクトに対して第三者的な立場にあり、成果については責任を問われないのが「Webコンサルタント」になります。

ただし、Webコンサルタントを業務委託として依頼した場合に、成功報酬型の契約であれば、コンサルタント側は成功した部分のみの報酬しか受け取れない、という形で責任を負うということになります。

Webプロデューサーは企画立案、Webコンサルタントは戦略立案、課題や問題を解決

Webプロデューサーの役割

Webプロデューサーは、Webサイト制作プロジェクトの統括責任者です。

その業務は多岐に渡り、プロジェクト全体を管理しますが、その中でもプロジェクトの企画立案、予算交渉やコスト管理という、自社の利益にも関わる重要な役割を担っています。

実際のWebサイト制作業務については、Webディレクターに指示し、制作完了までを管理します。

Webプロデューサーは、Webコンサルティングを行うこともできますが、第三者として客観的に見た戦略の提案や問題提起などを目的に、Webコンサルタントを配置する場合もあります。

Webコンサルタントの役割

Webコンサルタントは、Webサイト制作プロジェクトの戦略立案、問題提起と解決、Web開発・制作・運営・マーケティングについてのコンサルティングなどにより、Webサイトの集客や売上を改善させる役割を担っています。

Webサイト制作

WebコンサルタントがWebプロデューサーと共に、Webサイト制作プロジェクトの企画段階から関わる場合は、クライアントの要望をヒアリングし、商品やサービスの特徴をよく理解し、競合の状況やユーザーのニーズなどさまざまなリサーチを経て、Webサイトの企画を行います。

Webコンサルティングファームに所属しているWebコンサルタントや、独立起業しているWebコンサルタントがWebサイト制作の提案を行う場合は、Webプロデューサーの代わりに全体の指揮を取る場合もあります。

Webサイト運用

Webサイトでの確実な集客、利益を上げるための戦略立案や課題・問題点の解決など、各種マーケティングの施策を行います。

また、クライアント側や制作スタッフからのさまざまな相談の受け口という役割も果たします。

WebプロデューサーとWebコンサルタントの収入の違い

所属している企業の業種や年齢によっても大きく異なりますが、WebプロデューサーもWebコンサルタントも、収入のレンジがとても広いので、平均値を出すよりも、レンジで比べたほうが分かりやすいかもしれません。

Webプロデューサーの収入レンジ 450万円~1000万円以上
Webコンサルタントの収入レンジ 400万円~1000万円以上

Webコンサルタントは、大手のWebコンサルティングファームの場合は、実務クラスでも400万円~700万円、マネージャークラスでは800万円~1000万円と、Web業界の中でも高水準となっています。

インセンティブという形で成果に応じた報酬が期待できる場合は、さらに高い年収となることもあります。

また、Webコンサルタントは単独での仕事が可能なため、フリーランサーや独立起業する場合も少なくありません。

その場合、実績を上げた分だけ報酬を得ることができますので、能力のあるWebコンサルタントの報酬は青天井とも言われています。

WebプロデューサーとWebコンサルタントのスキルの違い

Webプロデューサーには総合的なスキルが必要

Webプロデューサーは、Webサイト制作プロジェクトにおけるすべてのステージで、必要な知識やスキルと、全体を管理しリードする力を必要とします。

ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、テクニカルスキル、マーケティングスキルなど総合的なスキルが必要とされています。

案件にもよりますが、さまざまなスタッフが揃っているWeb案件では、全体を監督しながらも、WebプランナーやWebディレクターの協力の元に企画を立てることができますし、制作や進行は主にWebディレクターに任せ、マーケティングは主にWebマーケッターに任せることができます。

しかし、クライアントやスタッフの信頼を得て、交渉を成功させるためのヒューマンスキルは、独自に培う必要があります。

今後の方向性の見極めや問題発生時などの際、プロジェクトの最高責任者として最終判断を行う必要がありますから、Webプロデューサーにとって、ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルは特に重要です。

Webコンサルタントには論理的思考能力が必要

コンセプチュアルスキル(論理的思考能力)

Webコンサルタントに必要なコンセプチュアルスキルは、一時の感情や一部の情報に惑わされることなく、データに基づいて分析・整理した情報を元に、総合的な判断ができる力や洞察力などが挙げられます。

情報収集能力
Web技術、ユーザーのニーズ、トレンド、政治経済、天候に至るまで、さまざまな状況がクライアントの商品やサービスの売れ行きに関わる場合がありますので、常に新しい情報を収集しておく必要があります。

そして、世の中にあふれるこれらの情報の中から、必要な情報をしっかり見極めて、整理分析することが大切です。

データ分析能力
現状のWebサイトがどのような状態になっているのか、収集したデータの分析を的確に行うことができること、そしてそのための各種ツールを使いこなす能力が必要です。
問題解決能力
Webコンサルタントの大きな役割の一つとして、情報収集、データ分析によって明らかになった課題や問題点を解決し、今後の戦略に生かしていける能力が必要となります。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルの中でも、コミュニケーションスキルは特に大切です。

クライアントが抱えている問題をしっかり把握すること、また、逆にクライアントが認識していない課題や問題を発見した場合に、クライアントの了解なくして解決はできませんから、それを的確に伝えて、納得させることができる能力が必要となります。

また、制作スタッフとも、密にコミュニケーションを取り、制作側から上がってくる課題や問題も吸い上げる必要があります。

マーケティングスキル

マーケティングには、SEO対策(検索エンジン最適化)、リスティング広告、ディスプレイネットワーク広告、アフィリエイト広告、SNS広告、SMM(ソーシャルメディアマーケティング)、メールマーケティング、LPO(ランディングページ最適化)、各種メディアへの広告などがあります。

限られた予算や時間の中で、何を選択するのがベストかを見極めて、実行するスキルが必要です。

テクニカルスキル

Web制作に関して、専門的な知識やスキルまでは必要ありませんが、一通りの制作工程や基本的な専門用語は習得しておいた方がよいでしょう。

LP(ランディングページ)やセールスレターなど、ライティングを行うスキルは可能な限り習得したいものです。

Webプロデューサーはプロジェクト統括責任者なので、他のスタッフがいてこそ成り立つ仕事ですが、Webコンサルタントはフリーランスや個人企業としての仕事も十分可能な仕事ですので、一定の成果を上げる自信がついた場合は、独立するのも一つの手です。

WebプロデューサーもWebコンサルタントも需要は多く、よりよい条件や報酬を求めて転職を繰り返す傾向が多いようです。