インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプロデューサーになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webプロデューサーになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webプロデューサーは、Webサービスに関わるプロジェクト全体を統括する責任者です。

場合によってはWebサービスの範疇を超えて、扱う商品やサービスのプロモーションを行うこともあり、時にはそのプロジェクトが会社全体の方向性を決める可能性さえあります。

とても責任の重い仕事であり、必要なスキルや経験も多岐に渡り、総合力が要求されます。

Webデザイナーやコーダー(フロントエンドエンジニア)からWebディレクターを経験してWebプロデューサーにキャリアアップした場合は、Web制作やマーケティングなどの知識は習得済みであると思われます。

ゼロからのスタートの場合は、かなりハードルは高くなります。

その場合は、独学でWebサイト制作の技術やマーケティングのスキルなどを学ぶ事になりますが、一人前のWebプロデューサーになるためには、座学だけではカバーしきれないこともあります。

WebディレクターやWebプロデューサーのアシスタントという形で経験を積む必要があり、その上でさらに深い知識やスキルを学ぶ事になります。

Webプロデューサーに必要となる経験やスキルをご紹介いたします。

Webサイト制作に関わる経験

Webデザイナーやコーダー(フロントエンドエンジンニア)の経験

制作スタッフとのやりとりやデザインやコードのクォリティチェックをするためには、Webサイト制作のスキルがなければ理解できないこともありますので、Webデザイナーやコーダーの経験があることが望ましいです。

これらの経験がなく、知識だけを兼ね備えているという場合でも、制作フローなどを把握するためには、実際に制作してみることをお勧めします。

Webディレクターの経験

Webサイト制作スタッフとしての経験に加えて、より幅広いプロジェクト管理について習得するためにはWebディレクターの経験は必要です。

スケジュールやスタッフの管理、Webサイトの企画やマーケティングなど、Webプロデューサーの元で実際に制作の指揮を取ることで、マネジメントスキルの他、コミュニケーションスキル、マーケティングスキルなどを養うことができます。

Webプロデューサーに必要な4つのスキル

Webプロデューサーのような上位職になると、一つの技術を深く掘り下げた技術よりも総合力を養うことが大切です。

その中にはヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、テクニカルスキル、マーケティングスキルなどがありますが、中でも特にヒューマンスキルは重要視されます。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、円滑な対人関係を構築、維持するための能力の事です。

一つのプロジェクトを成功に導くためには、クライアントとの関係、制作スタッフとの関係を良好に維持することはとても重要です。

例えば、クライアントの無理な要求に対する対処の仕方を間違えると、クライアントも機嫌を損ね、スタッフのモチベーションも下がり、プロジェクトは成功しません。

そこを即時に対応できる能力が必要になります。

ヒューマンスキルにはさまざまな種類がありますが、Webプロデューサーに必要なスキルをご紹介します。

コミュニケーション能力

クライアントからの要望をしっかり引き出せるようなヒアリング能力、そして、その内容を確実にわかりやすく制作スタッフに伝えられること、あるいは、制作スタッフからの要望などを、クライアントが理解できるように伝えられることも重要です。

マメにコミュニケーションを取ることで、常に現場の状況を把握し、問題点を事前に察知し、即座に的確な対応を取りやすくなります。

リーダーシップ

Webプロデューサーはプロジェクトの最高責任者ですから、リーダーシップを発揮できなくてはなりません。

そのためには、クライアントからもスタッフからも信頼されることが大切ですから、技術的な基礎知識はもちろんのこと、人の話をしっかり聴く姿勢や問題解決力などを習得することが大切です。

リーダーシップはある程度性格的な要素も関わってきますが、Webプロデューサーを目指す人は常日頃から人脈を多く作り、人とのコミュニケーションを大切にしておくとよいでしょう。

交渉・説得のスキル

クライアントや協業企業との予算交渉、クライアントからの無理難題やクレーム対処、間違った方向性に向かってしまっている場合の修正、およびその場合の制作スタッフとの調整、交渉、説得など。

また、プロジェクトを納期までに滞りなく進めるためには、随所で交渉や説得が必要になる場合がありますので、交渉・説得のスキルも重要です。

成長意欲

Webプロデューサーに限らず、すべてのキャリアにおいて成長意欲は大切です。

時代とともに技術やトレンドは刻々と変化していきますから、それに柔軟に対応するためには常に先を読み、新しい技術や情報を仕入れることが大事で、それが結果的には次のキャリアへとつながります。

ロジカルシンキング(論理的思考)のスキル

物事を論理的に捉えることができる能力も重要です。

全体を統括する立場のWebプロデューサーが、感情やその場の勢いで発言していては、信頼を得ることが出来ません。

話の内容は筋が通っていて一貫していること、データや事実に基づいた思考が求められます。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、情報を整理分析して総合的判断を行い、物事の本質を見極めて業務を遂行する能力です。

Webプロデューサーだけではなく、経営に携わる立場の管理者には重要なスキルです。

コンセプチュアルスキルには、洞察力や、直面した状況の判断力、創造的な戦略立案、分析力、統率力、人材活用力などを挙げることができます。

テクニカルスキル

前述したように、Webサイト制作に関わった経験があれば、すでに習得していると思われる技術です。

テクニカルスキルには下記のようなものがありますが、この他にもスケジュールやプロジェクト管理ソフトや、ビデオ会議やチャット会議などを使用する場合には、それらのソフトを使いこなせることも必要です。

Webサイト制作に必要なスキル

Webデザインや一通りのフロントエンドのコーディングやグラフィックソフトは、習得しておく必要があります。

バックエンドのコーディングについては、エンジニアとのやりとりができる程度の知識は持ち合わせておきたいものです。

ライティングスキル

Webサイトのキャッチコピーやコンテンツ作成は、SEO対策にも関わる重要な部分です。

ライターに依頼する場合でも、その監修を行う必要がありますから、ある程度の知識は身に着けておいた方がよいでしょう。

また、セールスライティングのスキルがあれば、尚、よいでしょう。

サーバーやデバイスに関する知識

Webサイトの表示に問題が起こった場合に備えて、その原因となるサーバーやデバイスについて、ひととおりの知識を兼ね備えておく必要があります。

マーケティングスキル

Webプロデューサーは、Webでのプロモーションを行うことによる利益創出に大きな責任を負います。

商品やサービスを展開する際の方向性や、売り上げや利益を上げるための施策まで提案しますから、そのためには、企画段階や運用段階におけるマーケティングは必須です。

競合他社やトレンドなどのリサーチ、SEO対策、広告宣伝、プレスリリース、アクセス解析などのスキルも必要となります。

Webプロデューサーは誰でも簡単になれるわけではありません。努力や経験の他、性格的な相性などもあります。

また、必要なスキルは時代と共に変化していきますので、常に新しい情報や知識を習得する姿勢が大切です。