インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webサイトへの集客を増やすには必須。アクセス解析の種類を紹介

Webサイトを使って効果的に集客する上で欠かせないのがアクセス解析です。

アクセス解析とは、Webサイトのアクセス数、平均滞在時間、離脱率(全ユーザーのうち、他のWebサイトに離脱した人の割合)などが解析できる便利なツールです。

アクセス解析を上手に活用すれば、現時点でのWebサイトの問題点を効率的に発見でき、どこをどのように改善すればよいのかが考えられるようになります。

アクセス解析は様々な企業が提供しており、それぞれ機能や価格が異なります(無料のものが多いですが、有料のものもあります)。

今回の記事では、主要なアクセス解析の特徴、長所短所などを紹介していきますので、自分のWebサイトに最も合った物を選んでいただければと思います。

アクセス解析には3つのタイプがある!

アクセス解析ツールはたくさんありますが、大抵のアクセス解析ツールは、以下の3つのカテゴリに分類することが可能です。3つのカテゴリとは、

  1. サーバーログ型(ログ型)
  2. ビーコン型(タグ型)
  3. パケットキャプチャリング型(パケットキャプチャ型)

です。

サーバー型アクセス解析は長期的な使用に向くアクセス解析

サーバーログ型は、最も古くから存在する方式です。名前が示す通り、サーバーに残っているログ(データ)をもとにアクセス解析を行います。

サーバーに記録された全てのデータが解析対象となるため、人間の閲覧者だけでなく、データ回収にやってきたクローラー(検索エンジンが用意しているロボット)のアクセスも解析の対象になります(不要な場合は排除することもできます)。

すべてのデータを解析するため、データは正確なものになりますが、ダウンロードするデータ量が多くなるため、Webサイトの規模が大きくなると解析に時間がかかるという欠点もあります。

その為、更新頻度は1日1回とする場合が多いです。

ビーコン型は最もスタンダードなアクセス解析

ビーコン型は、Googleアナリティクスを筆頭に、多くのアクセス解析で採用されている方式です。

各Web ページのHtmlにJavaScriptのタグを挿入し、そのタグによってデータを解析マシンに送信・解析するという仕組みになっています。

ビーコン型は更新頻度を数分に1度など、かなり短期にしても負担がかかりにくいという長所があるため、リアルタイムでの解析に向いています。

一方で、タグを挿入し忘れたWebページの解析は全くできなくなってしまうため注意が必要です。

ビーコン型のアクセス解析を導入したにも関わらず、アクセスが非常に少ないという場合は、タグの挿入忘れがないか確認しましょう。

パケットキャプチャリング型はリアルタイムでの解析が可能なアクセス解析

パケットキャプチャリング型は、ビーコン型よりもさらにリアルタイムでの解析が可能なアクセス解析です。

Webサーバーへのアクセスを直接読み取るため、即座の解析が可能になるのです。

ただし、Webサーバーを直接読み取る都合上、基本的にWeb サーバーを自社管理していないと導入できないという大きな欠点もあります。

殆どの場合においてはビーコン型で事足りるため、導入事例は多くありません。

初心者でも扱いやすいアクセス解析3選

ここからは、実際に多くのユーザーに使用されており、特に初心者からの評価が高いアクセス解析を全部で3つ紹介していきます。

  1. Google アナリティクス
  2. 忍者アクセス解析
  3. i2iアクセス解析

Googleアナリティクスは無料で高機能な定番のアクセス解析

Googleアナリティクスは、初心者から上級者まで、多くのWebサイト運営者が導入しているアクセス解析です。名前からも分かる通り、Googleが提供しています。

2015年12月にニコライが行った調査によれば、日本のいずれかの証券取引所に上場している3604の企業のうち、77.9%がGoogleアナリティクスを導入していました。

大企業も使いたくなるほど高性能なのです。

Googleアナリティクスのプランには無料プランと有料プランがありますが、有料プランは月130万円~と非常に高い設定です。

無料でも十分すぎるほど機能が揃っていますので、よほどの大企業でない限りは無料プランを選ぶべきです。この記事では無料プランの解説のみを行います。

Googleアナリティクスのメリット

  • 無料ながら非常に高機能
  • 無料でも広告が表示されない
  • ユーザーが多いためトラブルの解決方法がすぐに見つかる

Googleアナリティクスの最大のメリットは、無料で利用できるにも関わらず、非常に高機能なことです。

Googleアナリティクスでは訪問者数や閲覧ページ数、滞在時間などの基本的な情報はもちろん、コンバージョンに至った経緯や訪問者のサイト内の動きなども把握できます。

また、Googleの他のサービスであるGoogleアドセンスやGoogleアドワーズとの連携解析も可能です。

解析したデータは視覚的にわかりやすく表示されるため、データが見づらくて困るということもまずありません。

また、Googleアナリティクスは無料でも広告が表示されません。そのため、広告が表示されるとその信頼性に傷がつくような企業サイトなどにも気軽に導入できます。

これは他のアクセス解析にはあまり見られない特徴であり、Googleアナリティクスを導入する理由になりえます。

そして、ユーザー数が多いため、トラブルがあっても解決方法がすぐに検索できます。

Googleアナリティクスの使い方だけを解析した書籍も複数存在していますので、Web上の情報だけでは不安だという場合は、そちらを利用してみてください。

Googleアナリティクスのデメリット

  • 高機能なゆえに迷いやすい
  • 導入に手間がかかる

Googleアナリティクスの一番のデメリットは、非常に高機能でなんでも分析できるゆえに、どこをどう分析していいのかわかりづらく、迷いがちなことです。

Googleアナリティクスでは様々なことが分析できますが、それゆえに重要度の低い分析に時間を費やしてしまうこともあります。

書籍なども参考に、何を分析するべきなのか把握していきましょう。

もう一つの欠点は、ビーコン型であるがゆえに導入に手間がかかることです。

Webサイト内に存在するすべてのWebページにタグを挿入するのは、思いの外手間がかかります。Webページ数が多いウェブサイトならばなおさらです。

WordPressの場合は、システム側で1回貼り付ければ、自動的にすべてのWebページに挿入されるため便利です。

忍者アクセス解析はより初心者に使いやすいアクセス解析

忍者アクセス解析は、様々なWeb サービスを提供する株式会社サムライファクトリーのアクセス解析です。

非常に高機能な反面、それゆえに使いづらさを感じることもあるGoogleアナリティクスとは対象に、こちらはシンプル寄りとなっています。

忍者アクセス解析のメリット

  • 無料でも十分使える
  • 解析結果が視覚的に表示される

忍者アクセス解析はGoogleアナリティクスと比べれば機能的にはシンプルとはいえ、日々のアクセス解析に耐えうる程度の機能は十分に搭載されています。

ユーザー個別のアクセスログ、新規ユーザーとリピーターの割合など、欲しい情報は概ね手に入ります。それらの情報はグラフや表などで視覚的に表示されるため、理解もしやすいです。

忍者アクセス解析のデメリット

  • ログの保存期間が4ヶ月しかない
  • 無料版は広告が表示される

忍者アクセス解析の最大のデメリットは、無料版だと広告が表示されることです。

月310円の有料版に加入すれば消せますが、Googleアナリティクスが無料でも広告非表示なのと比べるとどうしても劣って見えます。

広告が表示されても気にならない個人サイトや、ごく小規模な個人商店等の場合はともかく、法人への導入はあまりおすすめできません。

また、ログは最大で4ヶ月しか保存されないので、長期的な解析には向きません。

i2iアクセス解析はアクセスの認識が早いアクセス解析

  • 価格:無料or有料(従量課金制)
  • 機能:シンプル寄り
  • URL:http://acc.i2i.jp/

i2iアクセス解析は株式会社エムフロが提供しているアクセス解析です。

解析結果が視認性の高いグラフなどでわかりやすく表示されるのが大きなポイントです。

i2iアクセス解析のメリット

  • アクセスの認識が早く、直前にあったアクセスまで分析可能
  • 有料プランは従量課金制なので、アクセス数が少なければ費用は少ない

i2iアクセス解析の一番のメリットは、アクセスが分析できるようになるまでの時間が短く、直前のアクセスまでしっかりと分析できることです。

そのため、キャンペーンサイトなど、短期での集客を重視するホームページにとの相性が良好です。

また、有料プランはPCが1PV=0.001円(1000PVで1円)、スマートフォンが1PV=0.005(200PVで1円)の従量課金制となっています。

そのため、アクセス数がそれほど多くない場合は、アクセス解析にかかる費用を少なく抑えることができます。

アクセス数が大きくなれば費用も高くなりますが、アクセス数が多くなればそれだけウェブサイトを通じての売り上げ・利益も大きくなるはずなので、負担感は増しません。

i2iアクセス解析のデメリット

  • ログの解析期間が3ヶ月しかない
  • 無料の場合、スマートフォンだと広告が目立つ

i2iアクセス解析の欠点としてよくあげられるのが、スマートフォン広告が目立つことです。

PCの場合は左上に非常に小さな広告が表示されるだけなのでそれほど気になりませんが、スマートフォンの場合は画面に対する広告の割合がかなり大きくなる上、品のないものが少なくありません。

やはり企業には余り向かないといえるでしょう。ログの保存期間が忍者アクセス解析よりさらに短い3ヶ月しかないのもデメリットです。

まとめ

  • アクセス解析を活用するとWebサイトの問題点が見えてくる
  • アクセス解析はサービスごとに機能や特徴が異なる
  • アクセス解析には3タイプあるが、ビーコン型が主流
  • Googleアナリティクスは無料でも広告が表示されないが、有料版はやや高額
  • 忍者アクセス解析とi2iアクセス解析は有料版もリーズナブルで、機能はシンプル

現在運営しているWebサイトの種類によって、導入すべきアクセス解析は異なります。

アクセス解析の選ぶ際には、今回の記事で紹介した4つのアクセス解析はもちろん、必要に応じてその他のアクセス解析も検討の対象に入れるようにしましょう。

[記事公開日]2018.05.08
[最終更新日]2018.09.27
[ライター]佐久間