インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプロデューサーになるにはどんな勉強が必要なの?

Webプロデューサーになるにはどんな勉強が必要なの?

Webプロデューサーは、Webに関わるプロジェクト全体を統括する役目を担っています。

ですから、予算や人材などのマネージメント、Web関連のプロモーションの企画、Webサイト全般に関わる知識、マーケティングなど多方面の勉強をする必要があります。

Webディレクターの経験があれば、ある程度の知識やスキルを持ち合わせているはずですから、1から習得するという事はありません。

しかし、WebプロデューサーがWebディレクターと明確に異なるのは、Webで展開する商品やサービスのプロモーション全体の責任者であり、その責任も重くなっている点です。

会社の規模によっては、自社の経営を担う場合もありますので、経営学全般を勉強する必要もあります。

Webプロデューサーになるために勉強したい5つのこと

Webプロデューサーに必要な知識やスキルはたくさんありますが、ここでは最低限ぜひ勉強しておきたい5つのことをご紹介いたします。

Webサイト制作について

① Webサイトの構成要素
Webサイトの構成要素となるデザインやコーディングの知識は必要です。

  • デザインや色の知識
  • HTMLマークアップ、CSS、Javascript、JQuery
  • プログラミング

Webプロデューサーは、実際にWebサイトの制作を行うわけではありませんが、スタッフとのやりとりをする上で話の内容を理解するため、またWebサイトのデザインやコーディングのクォリティチェックをするために、これらの知識がなければできません。

デザイン、コーディングなど(一般的にWebデザイナーやフロントエンドエンジニアが行う仕事まで)は、書籍やオンライン講座やスクールなどに通っても学ぶこともできますが、座学だけではなく、実際にWebサイトを制作してみることをお勧めいたします。

バックエンドのプログラミングについては、エンジニアになるほどの深い知識は必要ありませんが、基本的な用語の意味などは押さえておきたいものです。

② Webサイト制作の工程について
Webサイトの制作工程やおよその制作時間を理解することは、予算や納期を考える上でも必要となります。

また、Webサイトの管理をする上でも、一連の制作のフローを知っておく必要があります。

セールスライティングについて

商品やサービスのプロモーションの一環として、ランディングページを作成する場合もあります。

特にランディングページにおいて、セールスコピーは非常に重要な要素ですので、通常のWebライターとは別に専門のセールスライターに依頼することもありますが、Webプロデューサーが書く場合もあります。

Webプロデューサーは、クライアントの要望、商品やサービスのターゲットや方向性もよく把握しているので、Webプロデューサーがセールスコピーを書くことが出来れば最良です。

セールスライティングの習得は必須ではないものの、マーケティングとも関係してくるので勉強しておいて損はありません。

セールスライティングの勉強は、一朝一夕でできるものではありません。通信講座やスクールに通うなどの方法で、根気よく勉強するとよいでしょう。

企画・提案・プレゼンテーションについて

どんなにすばらしい企画でも、それをクライアントが納得しなければ形になりません。

クライアントの要望を形にして、プロモーションを成功に導くことができるような提案を、わかりやすく・的確に提示することが大切です。

わかりやすいプレゼンテーションができるスキルは、Webに限らずどこでも通用するものですから、書籍・オンラインスクール・セミナーなどで勉強しておくとよいでしょう。

スケジュール、プロジェクト管理について

Webプロデューサーは、複数の案件を同時に管理する場合もあります。

案件ごとのスケジュールや進行は、基本的にはWebディレクターが行いますが、仕様変更などによるスケジュールの遅れが出た場合、納期延期についてクライアントと交渉するか、制作スタッフへの遅延分を取り戻すよう交渉するか、あるいは別の解決策を考えるなどはWebプロデューサーの仕事になります。

納期を決める段階で、ある程度の余裕を確保しておくというような感も持ち合わせている必要があります。

こうしたことは、座学だけでは習得しきれませんので、Webディレクターなどの経験を通じて勉強することをお勧めします。

マーケティングについて

Webプロデューサーは、Webプロモーション全体について大きな責任を担っています。

単にWebサイトを制作するということだけではなく、商品やサービスを展開する方向性や売り上げを上げるための施策まで担当し、場合よってはそのプロモーション自体が会社の方向性を左右する場合さえあります。

従って、マーケティングのスキルは必須です。

マーケティングの勉強は、書籍・スクール・セミナーなどでも勉強できますし、同業者の集まりにも積極的に参加して情報収集も行えます。

また、Webディレクターからのキャリアアップの場合、ある程度のマーケティングの知識はあるはずですが、さらに深い勉強が必要になります。

前述したように、セールスライティングの知識は、マーケティングを勉強する上で非常に役に立つので、習得しておきたいものです。

Webプロデューサーの仕事をするには、多岐に渡る知識やスキルが要求され、総合的な力が必要です。

資格を取るために勉強をすることで、Webプロデューサーとして必要な知識をまんべんなく習得するのも一つの方法です。

例えば、「Web検定Webプロデューサー」という試験がありますが、Webプロデューサーとして必要な知識を問われる試験ですが、出題範囲も広く、合格率は20%前後となっており、簡単に合格できる試験ではありません。

ただし、勉強だけで一人前になれるものではありませんから、Webディレクターとして実務経験を積んで、Webプロデューサーのアシスタントをしながら、Webプロデューサーの仕事を覚えてゆくのがよいでしょう。

Webプロデューサーは、時代の変化にも柔軟に対応して、常に新しい情報や知識を習得する姿勢が大切です。