インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプロデューサーとはどんな職業か?

Webプロデューサーとはどんな職業か?

ビジネスにおいても生活においても、インターネットは欠かせない存在となり、多くの企業が商品やサービスを宣伝するためにWebサイトを公開しています。

今やマーケティングと言えばWebがメインと言われるほど、Webによるプロモーションの重要性は高まっています。Webプロデューサーと言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。

TV番組のプロデューサーが番組全体を指揮するように、Webプロデューサーは、Webサイトのプロモーションに関わるすべての業務を指揮する立場にあります。

Webプロデューサーとは?


Webプロデューサーとは、一言で言えば、Webサービスに関わるプロジェクト全体を統括する責任者ということです。

プロジェクトの成功、つまり、プロジェクトの利益目標に到達させるための全責任を追っています。そのため、Webに関する総合的な専門知識が問われます。

Webプロデューサーは、Webサイトの制作やプログラミング、マーケティングと、すべての工程における知識を必要としています。

Webデザイナーやエンジニアから、WebディレクターやWebマーケッターなどを経て、Webプロデューサーというキャリアパスを経ている人も少なくありません。

テクニカルなスキルだけではなく、クライアントへのヒアリングや交渉なども行いますから、営業力、コミュニケーション力、交渉力、問題解決能力なども必要となります。

そして、予算、プロジェクトの進行を含め全体を管理することになるため、管理能力も必要です。

このようにWebプロデューサーは、責任が重いだけではなく、幅広い知識とスキルを必要とする職業です。

また、クライアントやプロジェクトに関わるスタッフ全員に信頼されることが大切ですから、強いリーダーシップを発揮できる人物像であることも重要な要素となります。

Webプロデューサーの年収

Webプロデューサーは、Web関連の他の職種よりも責任が重く、幅広い知識やスキルを要求されるため、Web関連業種の中では高めとなっています。

とは言え、それも年齢や経験、また所属会社によっても年収は異なりますが、概ね400万円くらいから、大手企業に所属して有名なWebサービスの制作を行うプロデューサーという場合は、1,000万円を超える場合もあります。

実力主義の世界ですから、自分が一からプロデュースしたWebサービスが大きな成果を出すことのできた実績のあるWebプロデューサーは、知名度も上がり報酬も高くなり、年収1億円を軽く超えて来る場合も少なくありません。

Webプロデューサーの需要は増え続けていますので、売り手市場となっています。

実力があるWebプロデューサーは、より条件のいい企業への転職やヘッドハンティングによって、ますます報酬を増やしていくことになりますが、そのためには経験と実績をたくさん積む必要があります。

しかし、まだ経験や実績が少ない場合は、資格を取ることで少しでもキャリアの価値を高めるのもよろしいかもしれません。

例えば、「Web検定Webプロデューサー」という試験があります。

Webプロデューサーとして必要な知識を問われる試験ですが、出題範囲も広く、合格率は20%前後となっており、簡単に合格できる試験ではありません。

時代の変化にも柔軟に対応して、常に情報や知識を習得する姿勢が大切です。

※年収や月収について、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
⇒Webプロデューサーの平均月収と年収について

Webプロデューサーはどんな仕事をするの?

Webプロデューサーという職業がWebディレクターと明確に異なるのは、Webで展開する商品やサービスのプロモーション全体の責任者であることです。

つまり、

  • 商品やサービスを展開する際の方向性
  • 売り上げや利益を上げる為の施策
  • 会社自体の方向性

など、Webサイトの範疇を超えて、時には会社全体のマーケティングまで担当する役目を担います。

従って、WebマーケターやWebコンサルタントを兼務することもあり、セールスレターまで書けることが要求される場合もあります。

所属する企業によっても、仕事の範囲や内容は異なりますが、まずはクライアントの実情、問題点、要望などをしっかりヒアリングした上で、Webサイトの企画、提案を行います。

そして、Webディレクターを選任します。

サイトのコンセプト、方向性、おおまかなコンテンツやサイトマップを元に予算や納期などを決めますが、ここは会社の利益にも関わる重要な局面です。

実際の制作は、Webディレクターの指示の元でWebデザイナー、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニア、時にはライターなどが作業を行います。

Webサイトの進行、管理はWebディレクターが行いますが、その状況報告は逐一受けるようにし、問題が発生した場合には即時対応できる体制を整えておきます。

Webサイト公開後はしっかり利益を生み出して、クライアントを満足させられるようにしなければなりません。

そのためには、市場調査、サイトの解析、SEO対策、広告などのマーケティングを行っていきます。

WebプロデューサーとWebディレクターの違い

WebプロデューザーとWebディレクターの一番大きな違いは、責任の重さです。

Webプロデューサーは手掛けているWebプロジェクトにおいて、確実にクライアントの利益目標に達することが求められます。逆に言えば、失敗すれば、その責任は非常に重いということになります。

Webディレクターは、Webプロデューサーの元、Webサイト制作の進行管理をするのが主な業務です。

Webプロデューサー

Webプロデューサーは、Webサイト制作プロジェクトの企画立案から、全体の統括までの全責任を負います。

クライアントの要望、実情、課題をヒアリングし、それらを元にWEBサイトに関する企画、立案、クライアントへのプレゼンと、主にクライアント寄りの業務を行います。

従って、Web制作全般からマーケティングに至るまでの幅広い知識を持ち合わせている必要があります。

単に技術的なスキルだけではなく、コミュニケーションのスキルや洞察力、マネジメント力など、バランスよく持ち合わせていることが大切です。

Webディレクター

Webディレクターは、Webプロデューサーの指示の元で、クライアントの要望やコンセプトに沿ったWebサイトを制作するべく、各制作スタッフの選定、スケジュール管理、品質管理、トラブル処理などを行います。

Webプロデューサーは、主に制作スタッフ寄りの業務となります。

ですから、各制作スタッフと対等にやり取りができるように、Web制作の知識(デザイン、コーディングやプログラミングなど)はひと通り兼ね備えている必要があります。

※こちらの記事でも詳しく紹介しています。
⇒WebプロデューサーとWebディレクターの違いは何?

Webプロデューサーに必要なスキル

Webプロデューサーは、各ステージの実務については熟知している必要があります。

非常に責任の重い仕事でもありますので、クライアントやスタッフからの信頼を得ながら、プロジェクトをリードしていく必要があります。

そのためには、制作のベースとなる知識やスキルを習得していることが大切です。

企画・提案・プレゼンテーションスキル

クライアントが現在何を求めているのか、何に困っているのかなどをしっかりリサーチし、また、クライアントの要望も引き出しながら、ターゲットを絞ったコンテンツを提案し、それをクライアントが納得できる形にプレゼンテーションする必要があります。

マネジメントスキル

(1) 予算やコストの管理
Webサイト制作に関わる予算、コストの管理などは重要な仕事です。そして、限られた予算の中で最大限のクオリティを生み出せるスキルが求められます。

(2) 人材管理
制作するWebサイトに適した人材を配置することが、クオリティの高いサイトを作るポイントとなります。そのためには、内外のスタッフのスキルをしっかり理解しておく必要があります。

また、不測の事態に備えて、予備のスタッフのスケジュールも把握しておくくらいのリスク管理ができるようにしておきたいものです。

(3) リーダーシップ
特に大規模案件においては、多数の制作スタッフが関わります。

プロジェクトをまとめるためには、リーダーシップが必要ですが、その発言に説得力を持たせるためには、Web関連の幅広い知識が必要となります。

各制作ステージの経験を積んでいれば、「現場もわからないのに」というような不満が出ることもありません。

Web制作のフローをしっかり理解していることが、リーダーシップの第一歩となります。

交渉・コミュニケーションスキル

Web制作の各ステージにおいて、交渉のスキルは随所で必要となります。まずは、クライアントに企画、提案、コンテンツが決まった段階での予算交渉です。

どれだけの工程が必要か、どれだけの技術が必要かをきちんと把握していないと交渉も難しくなりますから、各制作スタッフに確認します。

クライアントの無理な要望や制作スタッフへの難しい依頼など、交渉する場面はさまざまです。

制作途中はWebディレクターに任せきりになりがちですが、制作スタッフとコミュニケーションと取ることにより、問題点を事前に察知し、現場の意見や提案を直接吸い上げることができます。

技術的なスキル

Webサイト制作の企画や提案、デザインやコーディングに関する知識やスキル、それに付随するソフトを使いこなせることは必須です。

場合によっては、セールスコピーまで書くこともありますので、セールスライティングのスキルを習得していれば尚よいでしょう。

また、予算管理やスケジュール管理のソフト、協業企業のスタッフを使う場合は、社内での打ち合わせができないこともあるので、ビデオ通話やチャットツールは使いこなせる必要があります。

昨今では外部スタッフだけではなく、同じ社内でも在宅勤務を行っている場合もありますから、ドキュメントのシェアなどもクラウド上で行います。

初めから終わりまでスタッフ同士が顔を合わせないというワークスタイルもありますので、こうしたツールは今後ますます必要となって行くでしょう。

ただし、Webプロデューサーへのキャリアパスの過程で、これらの知識やソフトを使う技術はすでに持ち合わせているはずですので、ほとんどの場合、新たに取得するというものではありません。

マーケティングスキル

Webプロデューサーは、結果を出せるWebサービスを制作する責任を担っています。

そのためには、企画はもとより、デザイン、UI、UXが大切なのは言うまでもありませんが、マーケティングがとても重要になります。

市場や同業他社の調査、SEO対策、サイトの解析、広告などを駆使して、将来をも見据えた戦略を多方面から立てる必要があります。

Webプロデューサーであれば、WebマーケターやWebコンサルタントの職を兼務することもありますから、こうしたマーケティングの知識は必須と言えるでしょう。

※必要なスキルについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
⇒Webプロデューサーになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webプロデューサーになるには?

Webプロデューサーになるには、総合的な知識やスキルが求められます。それは、机上の勉強だけで養われるものではなく、幅広い経験や実績を積み重ねて得られるものです。

ですが、現状、Webプロデューサーという職業は人材不足のため、引く手あまたの状態です。

ですから、Webプロデューサーを募集するよりも、一から育てようとしている会社もあります。そういう会社であれば未経験でも応募することは可能です。

キャリアアップしてWebプロデューサーになる

Webデザイナーやコーダー(フロントエンドエンジニア)から、Webディレクター、(Webマーケッター、Webコンサルタント)を経て、経験を積み重ねたうえで、Webプロデューサーへとキャリアアップすることが望ましいのです。

単に、キャリアアップしてWebプロデューサーになるというよりは、Webプロデューサーの責任の重さを把握し、Webプロジェクトについての責任が負えるくらいの自信をつける、つまり実績を伴ったキャリアアップであることが大切です。

未経験からWebプロデューサーになる

通常、Webプロデューサーになるには、最低でもWebディレクターの経験を問われますが、中には「未経験でも可能」という条件でWebプロデューサーを募集している会社もあります。

この場合は、入社後に研修を受ける形、アシスタントとして業務を行うことになります。

Webプロデューサーとして必要な知識やスキルはかなり幅広いですので、短期間の研修でそれをすべて身に着けることは簡単なことではありません。

ですから、会社の研修とは別に、自分なりにWebサイト制作の基礎知識やコミュニケーション力、管理能力などを身につけておく努力はするべきです。

独学で身に着けておきたい知識やスキル

これからWebプロデューサーを目指そうとしている大学生、転職を考えている社会人のみなさんが、実践なくして、できる勉強には限りがあります。

しかし、独学でもできる勉強はありますので、少しでも就職に有利になるよう、あらかじめ可能な限りの知識やスキルを身に着けておくことが望ましいです。

HTML、CSS、jQuery、などの基本をマスターする
実際にいくつかWebサイトを制作してみるのも一つの方法です。また、最近のトレンドなどは把握しておきましょう。
CMS(特にWORDPRESS)の基礎知識をマスターする
WORDPRESSは簡単なカスタマイズであれば、HTMLやCSSの基本知識があれば可能です。また、その構成や機能などひととおり勉強しておきましょう。
マネジメントツールを使いこなせるように
Web制作を管理するのには、さまざまなマネジメントツールが使用されることがあります。

どのツールを使うかは会社によって異なりますが、オンライン会議ツール、チャットツール、スケジュール管理ツール、カレンダーなど有名なツールは使いこなせるようにしておくと便利です。

マーケティングの種類や施策を勉強する
マーケティングについては、ネット上でも情報がたくさん掲載されていますし、書籍も出ています。どのようなマーケティング方法があるのか、その特長や効果などを勉強しておくことをお勧めします。