インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webプロデューサーの平均月収と年収について

Webプロデューサーの平均月収と年収について

これからWebプロデューサーを目指す人、または現在Webディレクターでありキャリアアップをしたいと思っている人にとって、Webプロデューサーの平均的な月収や年収は気になると思います。

Webプロデューサーはプロジェクト全体の責任者となりますが、大まかに言えば、Webプロデューサーは企画立案をし、Webディレクターが実務を遂行します。

WebプロデューサーはWebディレクターの上位職ということになりますので、収入もWebディレクターよりは上になります。

Webプロデューサーの平均月収や年収ってどのくらいなの?

多くの場合、Webデザイナーやコーダー(フロントエンドエンジニア)、WebプランナーなどからWebディレクターとなり、さらにWebプロデューサーになるというキャリアを積んできます。

ですから、平均年齢も年収も、WebデザイナーやWebディレクターよりも高めになります。

しかし、実力主義の世界なので、年齢が高いから報酬も高いとは限りません。どれだけの経験があり、どれだけの成果を上げたかにより、その能力が判断されます。

Webプロデューサーの年収や月収の平均は下記の通りです。

平均年収 およそ400万円~550万円
平均月収 およそ30万円~45万円

これらはあくまで平均値であり、所属する企業の業種や経験、年齢、性別によっても異なります。

大手の広告代理店では大型案件を扱うことも多く、責任はより重くなりますから、大手企業の大規模案件を扱うWebプロデューサーになると、年収は1000万円を超える場合もあります。

年代別の平均年収は下記の通りです。

20代の平均年収 400万円
30代の平均年収 350万円
40代の平均年収 550万円

当然のことながら、年齢が上がるにつれ経験も豊富になりますから、年収も高くなります。

Webプロデューサーに求められるスキルや能力

Webプロデューサーは、Webプロモーションを統括する立場にあり、責任も重大です。ですから、求められるスキルや能力も多岐に渡ります。

ここでは、Webプロデューサーに必要なスキルや能力についてご紹介します。

ヒューマンスキル

スタッフやクライアントとの円滑なコミュニケーションを取ることができる能力が必要となります。

さらに、Webプロモーションに関わるスタッフ全てをまとめることができるリーダーシップ能力、クライアントとの交渉、説得のスキルや、トラブル解決能力が求められます。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、情報を整理分析して総合的判断を行い、物事の本質を見極めて業務を遂行する能力です。

予算や業務の管理、データに基づいた解析、そして、それに伴う洞察や判断ができる力などは論理的思考に基づいて行うことができる能力が必要です。

テクニカルスキル

Webプロモーションを取りまとめるには、Web制作に関わるスキル、ライティングに関わるスキル、サーバーやデバイスに関わるスキルなど、全体的な知識を持ち合わせていることが求められます。

専門知識とまではいかなくても、Webデザイナー、エンジニア、ライターなど、やりとりをスムーズにできる程度の知識は、身に着けておきたいものです。

マーケティングスキル

Webプロモーションを成功させるためには、Webマーケティング施策が重要な要素となります。

これがうまくいくかどうかで、Webプロモーションが成功するかどうかが決まると言っても過言ではありませんから、Webプロデューサーは、マーケティングのスキルを持ち合わせて、自ら指揮することが望ましいと言えます。

コンセプチュアルスキルとも関連しますが、マーケティングの知識があるだけではなく、正確な分析、洞察、判断をする力が必要となります。

※こちらの記事にも必要なスキルについて解説しています。
⇒WEBプロデューサーになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webプロデューサーが年収を上げるには?

実績を上げる

Webプロデューサーの実績というのは、単にWebサイトを作り上げるという事ではありません。

Webプロデューサーが担う責任は、Webによるプロモーションで商品やサービスを販売することで、クライアントに利益をもたらすことにあります。

手がけたプロジェクトが成功してこそ実績となり、そこから大規模なプロジェクトを手掛けることができるようになり、当然のことながらそれが年収アップにつながります。

時として、手掛けるWebプロモーションの成功が、会社の方向性を左右するという場合もあります。

単にWebプロモーションの統括責任に留まらず、経営者寄りの立場になることもありますが、その際は、さらに経営や法律に関する知識が必要になることもあり、より責任も重くなりますが、それだけ報酬にも反映されます。

より条件のよい会社への転職

経験・実力・実績が上がると、自然とヘッドハンティングの声がかかるようになり、転職もしやすくなります。

Webプロデューサーは売り手市場ですから、有能であればあるほど、より条件のいい職を得ることができます。

ただし、ここで注意したいのが、Webプロデューサーは人手不足ではありますが、実際は30代後半以降の求人が少ない状況であるということです。

一般の事業会社レベルではほとんど求人がなく、ベンチャー企業の場合はもともと年齢層が若いので、それに見合う年齢の募集が多いようです。

ですから、40代以降の場合は、現在の職場の中でのキャリアアップを目指すというのが現実的です。

人脈も大切

Webプロデューサーは、Webプロジェクト全体の統括責任者として企画立案をしますが、実作業は制作スタッフが行います。

ですから、どれほどすばらしい企画であっても、スタッフが有能でないと結果が伴いません。

スタッフの得意分野を把握して、企画にマッチした有能なスタッフを、内外から集めることができるだけの人脈を持っていることも大切です。

またそれだけではなく、手掛けるプロジェクトを成功に導くためには、各種マーケティングを行いますので、場合によってはメディアへのコネクションや商品やサービスの信用度を上げるべく、権威者の存在なども大切になります。

Webプロモーションの中の表現や著作権についての調査、あるいはトラブルが起きた際の法律的対処をする必要が出てくることがありますから、腕のいい弁護士との交流も必要となります。

日ごろから、あらゆるネットワークに人脈を築けるように心がけておくようにしたいものです。

Web関連業界の年収は、多忙にも関わらず思ったほど高くないと思われがちですが、それは年収が高いベテランWebプロデューサーの絶対数が少ないことと、平均年齢が低いためでもあります。

Webプロデューサーの場合、募集される求人の年齢が30代でピークを迎える事を考えると、Webプロデューサーとして成功して高い報酬を望むのであれば、若いうちからしっかりキャリアプランを立てるとよいでしょう。

Webプロデューサーに至るまでのキャリアパスの中で、どのステージにおいても現在の状況に満足せず、常に先を見つつ、新しい知識やスキルの習得、上位職の仕事をよく見ておくことが大切です。