インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

年収一億円超えWebプロデューサーを目指す方への最新情報

Webプロデューサーは、Webサービス関わるプロジェクト全体を統括する責任者となります。広い視野で市場を見渡せ、また広い視野で全体構成を見続けながらWebマーケティングに関わる全てを熟知していなければ務まりません。そんなWebプロューサーという職業を目指し、年収一億円を目指してみませんか?

Webプロデューサーとはどんな職業か?

ビジネスにおいても生活においてもインターネットは欠かせない存在となり、多くの企業が商品やサービスを宣伝するためにWebサイトを公開しています。Webプロデューサーとは一言で言えば、Webサービスに関わるプロジェクト全体を統括する責任者ということです。Webプロデューサーになるには、WebデザイナーやエンジニアやWebプランナーから、Webディレクターになり、Webマーケティングに関わる全てを熟知した上でWebプロデューサーというキャリアパスが一般的です。

Webプロデューサーになるにはどんな勉強が必要なの?

Webプロデューサーは、Webに関わるプロジェクト全体を統括する役目を担っています。ですから、予算や人材などのマネージメント、Web関連のプロモーションの企画、Webサイト全般に関わる知識、マーケティングなど多方面の勉強をする必要があります。Webディレクターの経験があればある程度の知識やスキルを持ち合わせているはずですから、1から習得するという事はありません。しかし、WebプロデューサーがWebディレクターと明確に異なるのはWebで展開する商品やサービスのプロモーション全体の責任者であり、その責任も重く、会社の規模によっては、自社の経営を担う場合もありますので、経営学全般を勉強する必要もあります。

Webプロデューサーの平均月収と年収について

これからWebプロデューサーを目指す人、現在Webディレクターであり、キャリアアップをしたいと思っている人にとって、気になるWebプロデューサーの平均的な月収や年収についてご紹介いたします。Webプロデューサーはプロジェクト全体の責任者となりますが、大まかに言えば、Webプロデューサーは企画立案をし、Webディレクターが実務を遂行します。WebプロデューサーはWebディレクターの上位職ということになりますので、収入もWebディレクターよりは上になります。

Webプロデューサーになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webプロデューサーは、Webサービスに関わるプロジェクト全体を統括する責任者です。場合によってはWebサービスの範疇を超えて、扱う商品やサービスのプロモーションを行うこともあり、時にはそのプロジェクトが会社全体の方向性を決める可能性さえあります。とても責任の重い仕事であり必要なスキルや経験も多岐に渡り、総合力が要求されます。

Webデザイナーやコーダー(フロントエンドエンジニア)からWebディレクターを経験してWebプロデューサーにキャリアアップした場合は、Web制作やマーケティングなどの知識は習得済みであると思われます。ゼロからのスタートの場合は、かなりハードルは高くなります。その場合は独学でWebサイト制作の技術やマーケティングのスキルなどを学ぶ事になりますが、一人前のWebプロデューサーになるためには、座学だけではカバーしきれないこともありますので、WebディレクターやWebプロデューサーのアシスタントという形で経験を積む必要があり、その上でさらに深い知識やスキルを学ぶ事になります。Webプロデューサーに必要となる経験やスキルをご紹介いたします。

Webプロデューサーになるとどんな未来が待っている?

Webプロデューサーは、商品やサービスのWebによるプロモーション全体を統率する責任者です。多くの職種のように、何十年も前からある職種ではないので、まだWebプロデューサーから先のキャリアパスの一般的な姿というものがなく、年齢的には今のところ30代がボリュームゾーンとなっていますので、いろいろな可能性があります。

Webプロデューサーの次に目指す所はどこ?

Webプロデューサーとしてある程度のキャリアを積み上げて行くと、さらなるキャリアアップを目指すことも視野に入ってきますが、WebプロデューサーはWebプロモーション関連のプロジェクトの最高位職ですから、これより上の職種がありません。また、Webプロデューサーという職種自体がまた新しい職種であるため、新入社員から定年までどのようなキャリアパスが一般的かという事例もありません。現在のところWebプロデューサーのボリュームゾーンは30代ですから、この先まだいろいろな可能性が考えられます。そこで、Webプロデューサーとしてキャリアを積んだ先は、スキルを生かしつつ、少し方向性を変えて新たな挑戦をしてみるのもよいでしょう。

WebプロデューサーとWebディレクターの違いは何?

Webサイト制作プロジェクトにおいて、その規模が大きくなるほど業務は分担して行われます。プロジェクトにはWebプロデューサーを筆頭に、Webディレクター、Webデザイナー、ライター、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニアなどが加わります。WebプロデューサーもWebディレクターもクライアントと制作スタッフの間に入り、プロジェクトを完成まで導くという目的は同じですが、WebプロデューサーはWebディレクターの上位職であり、Webで展開する商品やサービスのプロモーション全体の責任者となり、責任がより大きくなります。つまり、商品やサービスを展開する際の方向性、売り上げや利益を上げる為の施策、会社自体の方向性など、Webサイトの範疇を超えて、時には会社全体のマーケティングまで担当する役目を担います。

WebプロデューサーとWebコンサルタントとの違いは何?

Webサイト制作プロジェクトにおいては、一般的に広告代理店やWeb制作会社が制作する場合には、大型案件になればなるほど、さまざまな職種が関わってきます。WebプロデューサーとWebコンサルタントの大きな違いは、Web制作プロジェクトを主導し、成果を上げられたかどうかについて責任を負う立場にあるのがWebプロデューサー、プロジェクトに対して第三者的な立場にあり、成果については責任を問われないのがWebコンサルタントです。ただし、Webコンサルタントを業務委託として依頼した場合に、成功報酬型の契約であれば、コンサルタント側は成功した部分のみの報酬しか受け取れないという形で責任を負うということになります。

WebプロデューサーとWebマーケッターとの違いは何?

Webサイト制作プロジェクトにおいては、Webプロデューサーの指揮監督のもと、Webディレクター、Webデザイナー、ライター、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニアなどのスタッフが加わります。完成したWebサイトには確実に集客し、利益を生み出すことが求められます。そのためには企画やコンテンツと同じくらい、マーケティングも重要なポイントとなります。WebプロデューサーはWebマーケティングについての知識やスキルも兼ね備えていますが、別にWebマーケッターを配置する場合もあります。

WebプロデューサーはWebマーケッターの上位職となります。プロジェクトの規模が大きくなればなるほど、業務は細かく分担され、各業務はより専門性の高いスタッフが行いますが、WebマーケッターはWebマーケティングに関する業務を専門的に行うスタッフです。