インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webディレクターになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webディレクターになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webディレクターの仕事は、Webサイト制作に関するプロジェクトの管理監督をすることです。

所属する会社の方針によっても仕事内容は異なりますが、概ね企画段階のクライアントとの打ち合わせから、制作の進行管理、Webサイト完成後の運用までを行います。

そのため、多岐に渡るスキルが必要になり、1から勉強するのは大変ですので、Webサイト制作に関わった経験があるとより入りやすい職種です。

とは言え、すべてのWebディレクターがこのような経験やスキルを兼ね備えているわけではありませんし、デザインやコーディングの経験がない場合でもWebディレクターの採用を行っている企業もあり、経験を積みながら成長していくという方法もあります。

Webディレクターになるために必要な経験やスキル

Webディレクターになるためには、他の制作スタッフのように一つのスキルを深く掘り下げることより、幅広い経験、知識、スキルを身に着けることが大切です。

その中でも特に重要なのが企画・提案スキルとヒューマンスキルです。ここがまさにWebディレクターの能力の決め手になるとも言えます。

Webサイト制作経験

(1) Webデザイナーの経験

Webデザイナーの経験があれば、制作の工程も熟知しており、デザインやコーディングの指示、Webサイトの品質管理はしやすいでしょう。

経験がない場合でも、デザイン、色、レイアウト、制作工程、基本的なHTMLコード、最新のトレンドなどの勉強は必要です。

(2) コーダー(フロントエンドエンジニア)の経験

コーディングのみの経験がある場合、コーディングしやすい仕様を書けるWebディレクターになるでしょう。

ただし、デザインの品質管理なども行わなくてはなりませんから、デザイン、色、レイアウト、最新のトレンドなどの勉強は必要です。

技術的なスキル

(3) グラフィックソフト

クライアントへの企画、提案、デザイナーへの指示、デザインの微修正など、Photoshop, Fireworks, Illustratorなどを使用したり、話題にする機会が多々ありますから、これらのソフトの基本的な機能は把握しておく方がよいでしょう。

(4) 資料作成用のソフト

企画、提案、プレゼンテーション、サイトマップやワイヤーフレーム作成は、Power PointやExcelなどを使うことが多いので、Office製品のソフトはひととおり使いこなせる必要があります。

(5) 管理やコミュニケーションに必要なソフトを使いこなせるスキル

SkypeやGoogle hangoutなどのビデオ通話のソフト、ChatworkやSLACK, Team Viewerなどのオンライン会議やチャットツール、その他、プロジェクト管理ツールやスケジュール管理ツールなど、必要に応じて使いこなせるようにしておくと便利です。

特に、制作者が外部スタッフの場合は、ビデオ通話やチャット会議などを行う可能性が大いにありますから、慣れておく必要があります。

また、チームで情報をシェアするために、Googleドキュメントなどクラウド対応のオフィスツールもよく使われているようです。

(6) フロントエンドのコードを理解するスキル

フロントエンドのコードとは、HTML、CSS、Java ScriptなどのWebサイトの見た目に関わる部分のコードです。

必ずしもコードが書けなくてもかまいませんが、基本的な用語や使い方などは習得しておいた方が、フロントエンドエンジニアとのやりとりもスムーズになります。

(7) バックエンドのコードを理解するスキル

バックエンドのコードとは、PHP, Ruby, Perl, Javaなど、サーバーサイドのコードです。

これらを習得しているWebディレクターはほとんどいませんが、基本的な用語を押さえておけば、バックエンドエンジニアとのやりとりがスムーズになります。

(8) ライティングスキル

Webサイトのキャッチコピーやコンテンツ作成は、SEO対策にも関わる重要な部分です。

ライターに依頼する場合でも、その監修を行う必要がありますから、ある程度の知識は身に着けておいた方がよいでしょう。

また、説得力のあるわかりやすい文章を作ることは、企画、提案、交渉、そして広告宣伝やプレスリリースの文章を作成する上でも役に立ちます。

(9) デバイスの知識

パソコン、スマートフォン、タブレットの表示の違いを把握し、それぞれに合わせた画面構成を考えることができる必要があります。

(10) サーバー・FTPの一般的な知識

クライアントからアップロードまで依頼されることもあります。

実際の作業はエンジニアなどが行いますが、利用するサーバーの特徴やアップロードに必要なFTPの基本的な知識は必要です。

企画・提案のスキル

(11) 企画・提案・プレゼンテーションのスキル

クライアントの要望をいかに正確に引き出して、魅力ある企画立案やプレゼンテーションを行うかで、Webサイトの受注自体が決まることもあります。

またクライアントのあいまいな要望や方向性の違った思考を修正、正しい方向へ導く提案をするスキルも問われます。

それらをわかりやすく伝えること、そしてそのための資料作りのスキルも必要となります。

ヒューマンスキル

(12) ヒアリングスキル

Webディレクターの重要な仕事の一つに、クライアントと制作者の橋渡しがあります。

クライアントの要望やイメージを、どれだけ正確に制作者に伝えることができるかがキーとなります。

時にはクライアントがあいまいなイメージしか持っていない場合や、どのようにしていいかわからないという場合もあります。

それをいかに具体的な形として引き出させるかは、ヒアリングのスキルにかかっています。

(13) リーダーシップ

たとえ複数の案件を抱えている場合でも、誰がいつまでに何をしなくてはいけないかをしっかり把握し、問題があれば積極的に解決に導かなければなりません。

Webディレクターがリーダーシップを発揮するには、各制作者のスキルの把握や、先を見る目を持つこと、リスク管理ができることなども要求されます。

(14) 交渉・説得のスキル

時には、クライアントから難題やクレームを突き付けられ、制作者に無理なお願いをしなくてはならない場合もあります。

クライアントが間違った方向性に向かっているのを修正するための説得をすることもあります。

プロジェクトを滞りなく進めるためには、Webディレクターの交渉・説得のスキルも重要な要素となります。

(15) 成長意欲

Webディレクターの仕事は、さまざまなスキルが要求されます。

経験やスキルが豊富になればなるほど、年収も比例して上がっていくものなので、最初からすべてのスキルを持ち合わせていなくてもいいのですが、常に成長することを意識しておきたいものです。

(16) ロジカルシンキング(論理的思考)のスキル

Webディレクターにとって、コミュニケーションのスキルはとても大切です。

しかし、単にコミュニケーションができるというだけではなく、ロジカルシンキングができることが大切です。

Webディレクターは、オーケストラで言う指揮者の役割になりますから、Webディレクターの思考の方向性があちこち向いてしまったり、整理されていないその場の思い付きであったりすると、不協和音が生じてしまいます。

合理的な判断や問題をスムーズに解決するためにも、ロジカルシンキングは重要な要素です。

マーケティングスキル

(17) SEO、広告宣伝、プレスリリース、リサーチ、アクセス解析などのスキル

Webサイト完成後、運用まで行うこともあります。その場合、SEO対策、広告宣伝、プレスリリース、各種リサーチ、アクセス解析などのスキルも必要となります。

また、最初の企画段階でこれらの作業を行うことまで提案できれば、案件自体の規模も大きくなりますからクライアントに詳細を説明できるレベルの知識を習得しておきたいものです。