インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

売り上げアップのWeb制作デザインTIPS5選

売り上げアップできるWeb制作には、さまざまな要素が関係してきます。SEO対策やリスティング広告の出稿なども大切ですが、売り上げアップのホームページ制作にはデザインの要素も重要です。

今回は、売り上げアップできるWeb制作に役立つ、デザインTIPSを5つご紹介します。

売り上げアップのボタンやテキストはわかりやすさ重視

売り上げアップのホームページ制作に求められるのは、わかりやすい要素です。

ホームページを訪れた人が、どこをクリックしたら注文できるのかわからないようなデザインや、リンクテキストを見落としてしまうようなデザインは、売り上げアップの機会を逃してしまいます。

スマホが普及してきて、モバイルからの流入が増えてきている今、スマホの小さい画面でホームページを閲覧する時には、PC用のWeb制作以上にわかりやすさが求められます。

押せる場所は押せるとアピールしなくては、ユーザーはこちらの発信する情報に気付いてくれず、売れるものも売れなくなってしまいます。

逆に、ボタンやリンクだと思って押してみたら何でもなかったというのも、ユーザーにとってはストレスになります。まして、ユーザーのミスクリックをわざと誘って関係ない広告ページに飛ばすような仕組みは論外です。

もしも、そうした手口で商品ページに誘導したとしても、ユーザーはホームページを閉じて、二度とアクセスしようとは思わないでしょう。ボタンはボタンらしく、リンクテキストは普通のテキストとの違いがわかりやすくする。

たったこれだけの当たり前のことですが、実は意外と見落としがちなポイントです。誰にとってもわかりやすい、売り上げアップのWeb制作を意識しましょう。

訪問済みの情報を見分けるデザインでユーザーを迷わせない

きれいな画像のボタンがたくさん並んだホームページを閲覧していると、意外に困ることがあります。

それは、閲覧済のページが分かりにくい事です。リンクテキストなら、訪問した場所のリンクテキストの色が変わるので。自分がそのページで何を見たかが一目でわかります。

しかし、ボタンばかりでクリックしても変化がなかったり、リンクテキストの色が変わらなかったりといったWebデザインだと、自分が今どこにいて、何を見たのかわからなくなってしまいます。

自分がそのホームページの中で今どこにいるのか、これまでどの情報を見たのかというのは、ユーザーにとってそのホームページのナビゲーションになります。

「さっき見たあの商品をもう一度見たいな」と思ったとしても、履歴を辿りにくいWebデザインだと、せっかくの購買意欲を潰してしまい、売り上げアップの機会を損失します。

また、ユーザーが情報を求めて何度も同じページを開いてしまうのを防ぐことで、ストレスを与えないデザインにするという意図もあります。訪問済リンクをわかりやすくWeb制作に組み込むことで、売り上げアップできるホームページの手助けになります。

広告的なデザインは逆効果になる場合も

明確な目的を持った訪問者にとって、自分の目的を阻む余計な要素は邪魔以外での何物でもありません。そして、人間はそうした邪魔なものを反射的に排除する傾向があります。

Web上で最も邪魔者扱いされてしまうものと言えば、広告です。鬱陶しく立ち上がってくるポップアップ広告や、画面上に表示される様々な広告バナーなど、あらゆる広告は邪魔であるという認識が染みついているのです。

ホームページ上にあるバナーや写真などが広告的なデザイン要素に見えた場合、それが広告でなかったとしても、ユーザーは無意識にそれを無視してしまいます。

それが「広告っぽい」というだけでです。画像に目を引く色彩の枠や文字を入れる、バナー広告に見えそうな位置にビジュアル要素を配置するなどといったデザインは、広告的なものと勘違いされがちです。

売り上げアップのWeb制作のためには、ユーザーに情報を無視されないように、広告とそうでないもののデザインを明確に分ける必要があります。

売り上げアップのWeb制作は常識的である

世の中の大部分の人は、常識やそれまでの経験をもとに行動しています。

こうすればこうなる、ここを押せばここに飛ぶ。そんな予想を無意識に繰り返しながら毎日を過ごしています。ホームページを閲覧する時も、ユーザーは自分の常識に沿った動きをします。

オリジナリティを尊重し過ぎた独自性や斬新さは、ほとんどの場合理解は得られません。多くの商品を扱っているホームページにありがちなのが、一度にたくさんの要素を見せようとして、多くのコンテンツを一気に提示してしまう事です。

一見、自分の好みの物を見つけやすくて便利そうに思えますが、たくさんの情報をまとめて目の前に広げられたとしても、そこからたった一つの目的である情報を拾い出すのは難しいです。

毎日多くの商品が売れるホームページでは、たくさんの情報を効率よく、わかりやすく見せる構造になっています。

売り上げアップできるWeb制作では、迷わせないデザインを意識しましょう。多くのコンテンツは財産です。しかし、見せ方を間違えると、せっかくの情報も目に入りません。

そのためには、たくさんのコンテンツをどうわかりやすく見せるかのデザインの工夫が必要になります。

  • コンテンツをカテゴリごとに階層分けする
  • コンテンツをカテゴリごとに色分けをする
  • 重要な情報とそうでないものの配置や大きさをわかりやすくする

こうしたWeb制作上の配慮をすることで、自社の情報をできるだけわかりやすく伝えられ、売れるきっかけを掴みます。

まとめ

売り上げアップのWeb制作の基本は、わかりやすく、何も考えずに目的を達成できるデザインです。

ビジュアル要素や奇をてらった仕掛けより、オーソドックスで無難なデザインが一番です。ユーザーにとって最もわかりやすいデザインを心がけましょう!

[記事公開日]2017.11.01
[最終更新日]2018.10.03
[ライター]首藤