インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

URL検査ツールとは?新Search Consoleの機能と使い方について

2018年に入って、Googleが新しいSearch Consoleを発表しましたが、さらに最近になって「URL検査ツール」という機能が追加されました。

これは、自社のWEBサイトが正しくGoogleに認識されているかどうかを調べることができるツールです。

新Search Consoleについて、いまいちどのように使ったら良いのか、実際使えるのか疑問に思っていましたが、今回の機能追加に期待したいと思います。

今回は、「URL検査ツール」の機能の特性と、どんな使い方があるのかなどを詳しく解説していきます。

「URL検査ツール」とはどんな機能?

「URL検査ツール」とは、一言でいえば、「WEBサイトがGoogle上でどう認識されているか」を調べることができるツールです。

特定のURLを入力することで、サイトの各ページがきちんとクロールされているかどうか、インデックス登録のエラーはないか、Googleに認識されている正規のURLなどを調べることが可能です。

また、もし調べたURLが、正しくインデックス登録がされていない場合は、その理由も明らかにすることが可能で、その後問題点を改善していくことができます。

これらの詳細な情報が、Googleインデックスから入手できる点も非常に便利だといえるでしょう。

機能追加の背景は?

Googleが「URL検査ツール」を新しく追加した背景には、ユーザーからの要望が多かったことにあります。

Search Consoleを使用していて、「Googleの検索エンジンが、自社のWEBサイトをどう認識しているのか?」という疑問を、ユーザーは日頃から強く感じていました。

今回は、その疑問を解決し、よりWEBサイトの改善に役立てるために追加されたのが、「URL検査ツール」だといえます。

「URL検査ツール」の使い方は?

「URL検査ツール」の使用方法は、以下となります。

①Search Console内のページ上部にある検索窓または、左メニューの「URL検索」から調べたいURLを入力する。
②URLがGoogleインデックスにきちんと登録されているかどうかを確認する。

問題ない場合は、「URLが登録されています」と表示され、問題がある場合は、「URLが登録されていません」と表示されます。

③もし問題がある場合は、一般的な原因を修正し再度検査してみる。

ページのコンテンツ、技術的な問題、新規でサイトを立ち上げたかどうかなど

 

検査の結果として、「入力したURLが見つかったが、別のURLが正規URLとして登録されていた。」というケースや、その他様々なケースもあるようです。

まとめ

Googleは、「URL検査ツール」の他にも、Googleの検索をよりクリアにしていくために、様々なツールを発表しています。

16ヶ月分のユーザーのアクセス状況がわかるトラフィックデータや、検索アナリティクスの「検索での見え方」フィルタなど、WEBサイトのパフォーマンスを確認するのに役に立つものです。

ユーザーとGoogleの双方にとって有益なWEBサイトを、これらのツールを使いこなしながら制作していきたいものです。

新Search Consoleを活用してく中で感じた疑問点などは、Googleへのフィードバックやアンケートに回答すれば、反映されるケースがありますので、ぜひ意見をどんどん上げていきましょう。

[記事公開日]2018.07.23
[最終更新日]2018.10.03
[ライター]ワカさん