インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

売れるLP制作のポイントとは?キャッチコピーには具体性を含める必要性

売れるランディングページを作る上で大切なのが、ユーザーの目を引き、購買意欲をアップさせることです。

そのためには、一目見て商品やサービスの良さがわかるよう、具体的なアピールをすることが必要です。そこで役立つのが、効果的なキャッチコピーです。

売れるLP制作には欠かせないキャッチコピーの役割や、より効果的な作成方法などを紹介します。

キャッチコピーの重要性

キャッチコピーとは、商品やサービスなどをアピールするための宣伝文句の事です。消費者の気持ちを掴むためには、優れたキャッチコピーが最も効果を発揮します。

チラシ、CM、雑誌広告、DM、そしてランディングページなど、キャッチコピーは私たちの生活のあらゆる場所に存在します。

しかし、キャッチコピーは消費者の目を引くものでなければ成功とは言えません。平凡過ぎるものや、意味が伝わらないものは、キャッチコピーとしては無意味です。

無数に存在する様々なキャッチコピーのなかで、きらりと光る存在感があるものだけが、売れるキャッチコピーなのです。

たった一言でも、人々の心を掴む優秀なものであれば、それだけで売れる要素になり、爆発的な売り上げを生み出すこともあります。

売れるキャッチコピーは訴求力を重視する

キャッチコピーは、売れるLP制作の要素の大半を占めています。LPというのは検索などで訪れたユーザーが最初に目にするページです。

ユーザーはページを開いた瞬間に、そのページが自分にとって価値のあるページかを判断します。

そこで大きく影響するのがキャッチコピーです。ページを開いた瞬間に、ユーザーにとって興味を引くキャッチコピーが目に入れば、ユーザーはそのページを価値ある物と認識し、その先も読み続けてくれる可能性が高まります。

そのため、売れるキャッチコピーを作る上で必ず必要なのが、言葉の訴求力です。

たとえば、ある商品を売るためには、その商品がどれだけ優れていて役立つかを簡潔に伝えます。

相手にとってその商品が素晴らしく魅力的だと思わせるキャッチコピーが作れれば、売れるLP制作ができたも同然です。

訴求力の高いキャッチコピーを作るためには、その商品やサービスを手に入れることで、どれだけ大きなメリットがあるかというのを簡潔に伝える事です。

インターネットユーザーは瞬時に情報を判断する傾向にあります。そのため、どれだけ長文で商品の素晴らしさを並べても、最後まで読んでくれる人は稀でしょう。

しかし、ユーザーの興味を引く訴求力の高いキャッチコピーさえあれば、ぐっとユーザーの心を引き込んで、その先の閲覧を促すことができます。

売れるキャッチコピーを作るためには

売れるLP制作のために訴求力の高いキャッチコピーを作るためには、とにかくわかりやすく、具体性を持たせることが大切です。

「1日たった3本しか作れない幻の商品」「一週間の簡単なステップで今の実力を2倍に伸ばせる」など、重要なポイントと具体的な数値を組み合わせれば、キャッチコピーの説得力はアップします。

キャッチコピーというのは、ユーザーに何らかの消費行動を起こさせるための起爆剤のようなものです。そのため、売れるLP制作に必要なキャッチコピーは、ページを訪れるターゲットの選定が重要になります。

ターゲットとなるユーザーがキャッチコピーを目にした瞬間「この商品は気になる」と思えたら、その先の消費行動にもつながりやすくなります。

キャッチコピーは一目で良さが分かるように、具体的に短い言葉で伝えられるものがおすすめです。

最近ではパソコンからの閲覧はもちろん、スマホからの閲覧も増えてきました。パソコンに比べてスマホからの閲覧は長い文章を読むには向いていません。

そこで、短くても一目で商品の良さが分かるキャッチコピーが生きてきます。文章のバランスを考えながら、具体性と商品の良さが伝わるようにして、売れるキャッチコピーを作りましょう。

さらに売れるLPを目指すためには

ランディングページを開いた瞬間に目に入る部分だけでなく、ページの要所要所で効果的なキャッチコピーを入れられれば、より売り上げアップに貢献してくれます。

せっかくLPの最初でユーザーの心を掴むキャッチコピーを入れたなら、ボディコピーやクロージングコピーも取り入れて、LPからのユーザーの離脱を防ぎましょう。

ページの流れにそった具体的なキャッチコピーは、売上アップに貢献します。

実は、インターネットユーザーのほとんどが、文章を読んでいるようでしっかり細かいところまでは読んでいない「ながら見」をしています。

無意識にページを追っている状態に効果的なキャッチコピーを挿入する事で、LPに掲載されている内容に興味を持っているユーザーに、購入するきっかけを与えます。

そこで、キャッチコピーを目立たせることで、スマホでスクロールしながら読んでいるユーザーの目に留まりやすくするなど、デザイン上の工夫も必要になります。

キャッチコピーを効果的に使い分けて、売れるLP制作を目指しましょう!

[記事公開日]2017.12.06
[最終更新日]2018.10.30
[ライター]首藤
[タグ]