インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webディレクターの次に目指す所はどこ?

Webディレクターの次に目指す所はどこ?

Webディレクターとしてある程度のキャリアを積み上げて行くと、さらなるキャリアアップの可能性が見えてきます。

Webディレクターの上には、Webサイト関連のプロジェクトの最高位職として、Webプロデューサーという職種があります。

Webサイト制作・運営プロジェクトチームでは、Webディレクター、Webデザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアが関わってきます。

場合によってはこの他に、営業、ライター、WebプランナーやWebマーケターが加わる場合もあります。

Webプロデューサーは、そのすべての指揮をとる立場にあります。

Webプロデューサーの仕事とはどんなもの?

WebプロデューサーとWebディレクターの仕事の範囲は、共通する部分もあります。

Webディレクターは、Webプロデューサーのように、Webサイトの企画から運営まで任される場合もありますが、進行・管理だけに留まる場合もあります。

Webプロデューサーが、Webディレクターと明確に異なるのは、Webで展開する商品やサービスのプロモーション全体の責任者となるところです。

つまり、

  • 商品やサービスを展開する際の方向性
  • 売り上げや利益を上げる為の施策
  • 会社自体の方向性

など、Webサイトの範疇を超えて、時には会社全体のマーケティングまで担当する役目を担います。

従って、WebマーケターやWebコンサルタントを兼務することもあり、セールスレターまで書けることが要求される場合もあります。

特に大規模な案件では、制作スタッフも内外に渡り多数になる場合もありますから、予算の管理も複雑になり、Webサイトの制作、UIやUXの品質管理のみならず、システムの設計や広報戦略など幅広い専門知識を持ち合わせている必要があります。

大まかに言えば、Webプロデューサーの下にWebディレクターがついている場合、Webプロデューサーが企画立案を行い、Webディレクターはそれに従って実務を遂行するという形になります。

Webプロデューサーに必要なスキル

Webプロデューサーは、クライアントの要望を具体的な形で引き出すこと、制作に見合う予算を立て、そのための交渉をすること、コスト管理、内外のスタッフの選任、制作の進行管理、マーケティングなど、Webディレクターの仕事と重なる部分もあります。

しかし、責任も重く、さらに幅広い管理を行うため、Webディレクター以上に多岐に渡る知識やスキルが要求されます。

Webディレクター、Webマーケター、Webコンサルタントなどの職種の経験を積みながら、Webプロデューサーとしての勉強をすることが望ましいです。

そして、インターネットや雑誌での情報収集、またセミナーや業界の集まりには積極的に参加して、最近のトレンドや新しい技術の情報は常に仕入れておきたいものです。

企画・提案・プレゼンテーションスキル

Webサイトの受注が決まってから企画する場合と、Webサイトの企画を行ってから、クライアントに提案に行く場合がありますが、特に後者の場合は、クライアントを納得させるための企画力やプレゼンテーションスキルが物を言います。

マネジメントスキル

(1)予算やコストの管理
限られた予算の中で最大限のクオリティを生み出す力、Webサイト制作の予算や協業企業のスタッフを使うための予算交渉、コストの管理などは重要なスキルになります。
(2)人材管理
各スタッフを選定するためには、それぞれの得意分野や能力などを把握し、不測の事態が生じてもすぐに対処できるような体制を整えておけることが大切です。
(3)リーダーシップ
Web制作の統括責任者として、クライアントからも、制作スタッフからも、信頼されなくてはなりません。

プロジェクトを成功へ導くためには、スムーズな進行管理が行われるために、常に先を見る洞察力や問題をすぐに解決し全体をまとめることができる統率力が必要です。

交渉・コミュニケーションスキル

クライアントとの交渉や制作スタッフの不満や問題点の洗い出しを常に心がけ、時にはクライアントの無理な要望に対して説得を行う、あるいは、制作スタッフに無理なお願いをしなくてはならないこともあります。

クライアントや制作スタッフとマメなコミュニケーションを取ることにより、事前に問題を察知して、回避するスキルも大切です。

これらは座学だけで勉強できるものではなく、経験を積み重ねることで得られるものです。

技術的なスキル

Web制作に関する技術的なスキルは必須です。

必ずしもWebデザイナーやエンジニアの経験者である必要はありませんが、その知識を持っていないとクライアントとの交渉、制作スタッフとのやりとりや技術面での問題が起こった時の対処も円滑に行うことが難しくなります。

また、Webサイトのクオリティについても表面的な話しかできなくなる可能性がありますから、Webデザイナーやエンジニアの経験者であることが望ましいです。

いかなる場合でも、新しい技術に対する知識は常に収集しておくことが大切です。

マーケティングスキル

昨今では、結果を出せるWebサイトを制作、運営することが要求されます。

Webプロデューサーはその責任を担っていますから、市場調査、サイトの解析、SEO対策、広告の知識も必要となります。

こうした知識をベースに、クライアントの意向を聞きながらしっかりとした戦略を立て、クライアントに十分なメリットを感じてもらえるような、利益を上げられるWebサイトを制作、運営することが大切です。

Webプロデューサーの年収

Webプロデューサーの年収は、年齢や所属会社によっても異なりますが、Web関連業種の中では高めとなっています。

年齢が若い、経験が浅い場合は400万円くらいから、大手企業に所属して、有名なWebサイトの制作を行うプロデューサーという場合は、1,000万円を超える場合もあります。

もっとも、経験が浅いプロデューサーというのは、まだ一人前という段階ではなく、比較的軽めの小規模案件の経験しかないという可能性もあります。

Webサイトを成功に導いた実績を積み重ねたWebプロデューサーは、報酬も高めになります。

資格を取ることもスキルの一つの指針となりますから、報酬アップにつながる場合もあります。

例えば、「Web検定Webプロデューサー」という試験があります。

Webプロデューサーとして必要な知識を問われる試験ですが、出題範囲も広く、合格率は20%前後となっており、簡単に合格できる試験ではありません。

Webプロデューサーは、単にWebサイトのマネージメントを行うことだけではなく、成果を出す責任がありますから簡単になれるものではありません。

また、Webディレクターの上位職がWebプロデューサーであるからと言っても、Webディレクターとしての仕事をどれだけこなしきれていたかによって、Webプロデューサーへの道のりは長くも短くもなります。

Webディレクターとして与えられた仕事をこなすだけではなく、Webプロデューサーのアシスタントを兼ねて、Webプロデューサーの仕事を勉強し、さまざまな問題を一緒に解決し、企画や提案も積極的に行っていきたいものです。