インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webディレクターとはどんな職業か?

Webディレクターとはどんな職業か?

Webサイトが完成するまでには、Webデザイナー、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニア、そして時にはライターなどの職種が関わってきます。

Webディレクターは、Web制作における一連の流れを管理、監督する仕事です。また、クライアントと制作者との橋渡しや交渉などの業務も担います。

一般的なWebディレクターは、主に広告代理店やWeb制作会社で働くディレクターを想定していますが、その他に、インハウスディレクターや制作に関わる担当者全員が外注という場合もあります。

※インハウスディレクターとは企業内で働くディレクターのことです。インハウスはアウトソースの対義語です。

Webディレクターの仕事内容と流れ

Webディレクターの仕事の流れや内容は、サイトの規模や会社によっても異なりますが、一般的には下記のような流れで行われます。

(1) クライアントからの要望をヒアリング、サイトマップ作成

Webサイトの受注後、まずはクライアントからコンテンツについての要望をヒアリングします。

いかにクライアントの要望を具体的に引き出すかが大切な仕事になります。

あいまいなままWebデザイナーに渡してしまうと、クライアントのイメージしているものと実際のデザインに相違が生じ、大幅な修正を強いられることになります。

また、クライアントの要望を100%そのまま形にするのではなく、最新のトレンドやSEOの観点から見た訴求力のあるデザインやコンテンツを提案できることが求められます。

ヒアリングする内容

Webサイト制作の目的と期待する効果
情報公開が目的なのか、商品やサービスの販売が目的なのか、どのくらいのアクセスや売り上げを見込みたいかなどになります。
Webサイトの種類
Webサイトには、ECサイト、コーポレートサイト、商品やサービスの情報を公開するサイト、LP(ランディングページ)、会員限定サイトなどがあります。まず、どのようなタイプのサイトを希望しているのかを明確にします。
Webサイトのターゲット
年代、性別、地域、職業など特定のターゲットがあればしっかり絞り込んでおきます。あいまいなターゲット設定ではWebサイトのイメージもぼやけたものになってしまいます。
希望する色やデザインイメージ
会社のテーマカラー(多くの場合ロゴカラー)、あるいは、商品やサービスのイメージに合った色を使うなど、クライアントが抱いているイメージの色や、参考にしたいサイトなどがあればその情報などを聞き出します。
サイト公開後の運営方法
更新作業やページ追加などは誰が行うのか。もし、クライアントが更新するのであれば、HTMLで更新できる人がいるか、あるいはCMSを使うかなど。
サイトマップ作成、コンテンツ作成
サイトの全体像を把握するためにサイトマップを作成します。サイトマップはクライアントが作成する場合もあり、クライアントからヒアリングした情報を元に、ディレクターが作成する場合もあります。コンテンツの内容は、クライアントが作成するか、ライターに依頼するかなどを確認します。
希望スケジュール、予算
Webサイト制作にかけられる予算上限、公開希望日などをヒアリングします。公開日から逆算して、いつまでに何をすればいいか、予算配分はどこにどのくらい割くことができるかなどを考えます。

(2) 必要なスタッフの人選、招集

サイトの業種、イメージ、システムによって、その分野が得意なスタッフの人選を行います。

例えば、コスメのサイトであれば、女性向けのデザインが得意なデザイナーを選び、WORDPRESSで作成するのであればWORDPRESSのエンジニアを選びます。

必要に応じてキックオフミーティングを招集します。

スタッフが同じオフィス内にいる場合はミーティングも実際に顔合わせをしやすいですが、スタッフが外部スタッフであれば、スカイプやGoogle hangoutなどのビデオ通話やビジネスチャットシステムを使う場合があります。

(3) スケジュール作成

ざっくりとしたスケジュールを立てた後、各スタッフにその日程で可能かどうか確認し、微調整を行います。

(4) 予算作成

サイトマップを元に予算を作成し、クライアントの要望と調整します。

(5) ワイヤーフレーム作成

TOPページのワイヤーフレームを作成し、ざっくりとしたレイアウトを作り、デザイナーに渡します。

ワイヤーフレームはTOPページだけ作る場合とすべてのページについて作る場合がありますが、下層ページのレイアウトはデザイナーに任せる場合が多いようです。

(6) ライティングの依頼

コンテンツにライターを使う場合は、ワイヤーフレームを参考にコンテンツのライティングを依頼します。

(7) デザインの確認、クライアントとの調整

TOPページのデザインがWebデザイナーから届いたら、クライアントの要望に沿ったものであるか、おかしいところはないかなどを確認した上で、クライアントにデザインチェックをしてもらいます。

修正箇所があればWebデザイナーに修正をお願いします。

(8) コーディングの進捗を確認

デザインについてクライアントの了解が取れ次第、Webデザイナーまたはコーダー(フロントエンドエンジニア)がコーディングを行いますが、Webディレクターはスケジュール通りに進んでいるか、問題は起こっていないかを小まめにチェックをします。

(9) 節目でクライアントに確認

デザイン、コーディング、プログラミングなどの節目にはクライアントに確認をお願います。またライターに依頼している場合はライティング内容をチェックする作業も怠ってはいけません。

(10) ミーティング

作業の遅延、リスケジュール、問題点が発生した場合は、ミーティングを招集、あるいはビデオ通話やチャットシステムを利用して担当者と調整をします。

(11) Webサイトの品質チェック

完成したWebサイトのSEO対策、アクセシビリティ、デザイン、コーディング、誤字脱字、表記ミスなどもチェックします。

レスポンシブの場合はスマホ用にも最適化されているかも確認してクライアントに最終確認をお願いします。

(12) アップロードしたWebサイトのマーケティング、運用

公開したWebサイトは、広告を入れる、アクセス解析をする、その後の更新などを行うなど継続して運用する場合もありますので、その都度必要な担当者と連絡を取りながら運用します。

Webディレクターに必要な能力(スキル)

Webディレクターには、Webサイト作成スキルはもちろん、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルなど、さまざまなスキルが要求されます。

Webサイト制作スキル

Webデザイナーを経験した人が、Webディレクターにキャリアアップする事が多い事でもわかるように、デザインチェックや完成したWebサイトの品質管理ができるためには、Webデザイナーの経験があることが望ましいのです。

とは言え、Webディレクターが制作に関わるすべての技術を持ち合わせていればいいのですが、実際はデザインからサーバーサイドのプログラミングまでができるWebディレクターはほとんどいないでしょう。

持ち合わせていないスキルについては、概要だけでも勉強しておくことが望ましいです。

マネジメントスキル

時として複数の案件を受け持つこともありますから、各案件の各ステージをしっかり管理することができるマネジメントスキルが必要です。

例えば、どこかのステージに遅延が出た場合、別のステージで調整しないと納期に間に合いません。

仮に納期を遅らせてもらえたとしても、プログラマーのスケジュールが元の納期までしか押さえられないということもあります。

こうした場合の問題解決能力も、マネジメントスキルの一つになります。

コミュニケーションスキル

また、Webディレクターは、クライアントと各担当者の橋渡しをするわけですから、クライアントの意向が確実に担当者に伝わるようにしなければいけません。

その逆に、担当者からの要望や提案も、クライアントが理解しやすいように咀嚼して伝える必要があります。

そのためには、コミュニケーションスキルは必須になります。

ヒューマンスキル

Webディレクターは、Web制作関連のスキルや知識だけを持ち合わせていれば良いわけではなく、リーダーシップ、ヒアリング力、交渉力などのヒューマンスキルも要求されます。

これらのヒューマンスキルは、今日明日ですぐ身に着くものではありませんから、Webディレクターを目指す場合は、日ごろから意識しておきたいものです。

※必要なスキルについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
>>Webディレクターになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webディレクターの平均年収は?

Webディレクターの年収は、およそ380万円~500万円となっています。(2016年 転職サービス「DODA」の調査では451万円)

とは言え、年齢、スキル、経験年数、業態によって異なります。

未経験でWebディレクターとして採用された場合は、年収300万円ほどで、大規模サイトのディレクション経験が豊富にあるWebディレクターになると、年収1,000万円を超えるケースもあります。

※Webディレクターの年収について、こちらの記事で詳しく紹介しています。
>>Webディレクターの年収はいくら?業種別やフリーの場合など紹介

Webディレクターになるには

Webディレクターになるには、Webサイト制作の流れを把握する必要がありますので、できれば、Webデザイナー、Webプログラマーなどの経験があることが望ましいです。

実際に、Webデザイナーから、Webディレクターへとキャリアアップする人はたくさんいます。

WebデザインやWebプログラミングに関する知識やスキルがまったくなく、「何のことを言っているのかわからない」という状態ですと、Webディレクターとして信頼してもらえない場合があります。

こうしたスキルがあれば、Webサイトの提案もしやすく、Webデザイナーやプログラマーとのコミュニケーションも取りやすくなり、Webディレクターとしての自信にもつながります。

WebデザイナーからWebディレクターへのキャリアアップが望ましいですが、中には未経験の方を募集して、入社後の研修でWebディレクターを養成するという会社もあります。

また、Webディレクターは一つの深い知識よりも、Web制作全体の各フローの全てを把握する必要がありますから、企画、提案、Webデザイン、プログラミング、マーケティングの基本知識などもしっかり勉強することが大切です。

特に大規模なサイトの場合は、関わるスタッフの数も多いですから、スタッフ間のコミュニケーションをうまく取れるようにすることが大切です。

その中でも、クレーム処理の仕方や交渉術などは、日ごろから研究しておくと良いでしょう。

※Webディレクターになるために必要なことなど、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
>>Webディレクターになるにはどんな勉強が必要なの?