インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webディレクターの年収はいくら?業種別やフリーの場合など紹介

Webディレクターの年収はいくら?業種別やフリーの場合など紹介

現在Webデザイナーやプログラマー、Webプランナーの方で、今後のキャリアアップとして、Webディレクターを考えている方も多いと思います。

または、まったくの未経験だけど、Webディレクターについて興味を持っている方もいるかと思います。

ここでは、Webディレクターの年収に関することについて、詳しくご紹介したいと思います。

Webディレクターの平均年収や月収ってどのくらいなの?

平均年収 およそ380万円~500万円
(2016年 転職サービス「DODA」の調査では451万円)
平均月収 およそ23万円~40万円

この年収、月収はざっくりした数字です。会社勤務かフリーランスか、また、経験、スキル、性別によっても幅があります。

業種別のWebディレクター年収

業種別Webディレクター平均年収比較
Web制作会社 350万円~450万円
広告代理店 300万円~540万円
ゲーム開発会社 450万円~600万円
在宅フリーランス 400万円~

Webディレクターとしての働き方は、Web制作会社や広告代理店勤務、フリーランスなどさまざま形態があります。

Web制作会社は一般的に規模が小さめですが、広告代理店は規模の小さい会社から大企業の場合まであり、会社の規模によっても年収が異なります。

また、ゲーム開発会社においては、普通のWebサイトとは違った工程などもあり、少し高めになります。

企業の業種別の平均年収を見てみると、より規模の大きい広告代理店の年収は高めですが、Webディレクターとは別に営業担当、Webマーケター、Webプロデューサーを置く会社もあり、その仕事範囲もまちまちになり、それによって収入も変わってきます。

年収の幅は300万円から、上は1000万円を超える場合もあります。

男女別のWebディレクター年収

男女別Webディレクター平均年収比較
男性平均年収 約460万円
女性平均年収 約410万円

Web制作の現場は一般的に就業時間が長く、夜が遅い傾向にあります。徹夜作業もまれではないことから、男性の方がより就業時間が長くなりがちです。

有能なWebディレクターになればなるほど、多くの案件を抱え、あらゆる不測の事態にも備えるため、場合によっては休日も気を抜けないといった過酷な状況になることもあります。

その意味で、女性が家庭との両立をすることが難しいこともあり、男性の年収が高くなる傾向にあります。

ポイントはキャリアよりも能力

Webディレクターの仕事がWebデザイナーやエンジニアなどと明確に異なるのは、座学の勉強だけでは培えないという事です。

デザイン、コーディングやプログラミングを学ぶというような事とは違い、「管理する」ということは、あらゆる状況に即座に柔軟に対応できる能力が要求されるからです。

Webサイトのデザインやコード、プログラムを見れば、Webデザイナーやエンジニア、ライターがどんな仕事をしたのかを結果で判断することができますが、Webディレクターの仕事は成果が見えにくいものです。

Webディレクターに必要と言われるスキルはたくさんありますが、スキルを持っているというだけでは収入につながりません。

そのスキルをベースにして、いかに能力を発揮できたかがポイントとなります。

どのような成果があるとどのくらい収入が上がるとは一概には言えませんが、収入が上がるためには、自社内、あるいはクライアントにその能力が認められることが大切です。

※こちらの記事に、Webディレクターに必要なスキルについて詳しく書かれています。
>>Webディレクターになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webディレクターが年収をアップするには?

Webディレクターとして年収を上げるには、スキルを高め、確たる実績を作る必要があります。

そのためには、スケジュール通りに問題なく、サイト完成までこぎつけることと、制作したWebサイトから利益を出さなくてはいけません。

つまり、「この人に任せておけば大丈夫」と思われるようになることが重要です。そのためのポイントについてご紹介いたします。

目に見える成果を上げる

Webサイトを企画するにあたり、クライアントの漠然とした要望を明確な形にし、戦略を立て、しっかり利益を生み出すWebサイトにすることができれば、それは目に見える成果となります。

それはWebサイトによって生み出される利益の他、アクセス数、世間の認知度によっても判断することができます。

そのために必要となるのは、クライアントの要望を200%引き出すことができるヒアリングスキル、明確な企画や提案ができるスキル、マーケティングのスキルなどが重要な要素となります。

また、仕事の成果ではありませんが、Webディレクション関連の資格を取ることで、能力の一つの指標とすることができます。

トラブルを解決する力

Webサイトの制作ステージの中で、特に大規模案件であればあるほど、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。場合によっては、案件自体が途中で頓挫してしまうことさえあります。

例えば、制作の途中でクライアントから納期を2週間前倒ししてほしいという要望があるとします。

Webディレクターは、人員を増強するのか、またはデザイナーやエンジニアに無理をお願いするのか、その場合予算変更はどうなるか、あるいは、とりあえずクライアントに2週間ではなく10日の前倒しをお願いしてみるか、などを瞬時に判断しなければなりません。

このような場合、Webディレクターの手腕が問われますから、うまく対応できれば社内での評価やクライアントの評価が上がります。

リスク管理ができる

リスクはあらかじめ予測できるものです。

想定できるリスクの対策を前もって準備しておくことで、不測の事態が起きても的確な対応を行い、作業が滞ることがないようにすることもWebディレクターの能力の一つです。

例えば、締め切りが近いのに、プログラマーが急病で仕事が継続できなくなり、しかしWebサイト公開日は絶対に遅らせることができない、という状況だったとしたらどうでしょう?

すぐに代わりの人材を確保できるように、あらかじめ複数のプログラマーのスケジュールを把握しておけば、手の空いている人材を確保することが容易です。

しっかりとしたリスク管理をして、トラブル発生時にも慌てずに対応できることで、Webディレクターとしての評価が上がります。

難題に立ち向かうことができる

Web制作の途中で、難題を突き付けられることがあります。

クライアントからの無理な要求や制作スタッフからの無理な要望は、拒絶するのではなく、代案を立てる、あるいはさらによい提案をするなどして、積極的に立ち向うことができるWebディレクターは高い評価を受けます。

つまり、逃げない、後ろを振り向かないことです。

Webディレクターの年収に大きな幅があるのは、クライアントの要望を形にするだけの仕事だけをするのか、クライアントの要望の何倍もの成果を上げる仕事をするのか、そしてトラブルがあっても動じない「安定感」の差によります。

「できる」Webディレクターとして評価が上れば、難易度の高い案件や大型案件を任されるようになります。

さらに、ヘッドハンティングを受けることもありますし、大手広告代理店などへの転職をするなどして、より能力を発揮できる場を見つけていくことも一つの方法です。

Webディレクターとしての仕事の幅を広げることができた先には、Webマーケター、Webコンサルタント、Webプロデューサーなどへのキャリアアップの道が開け、さらなる収入の増加が期待できます。

フリーランスのWebディレクターについて

まったく未経験から、いきなりフリーランスでWebディレクションを行うのは難しいかもしれませんが、Webディレクターとしての実績を積んだ方は、フリーランスという選択肢もあります。

ここでは、フリーランスのWebディレクターについて考えてみたいと思います。

Webディレクターの年収は低い?

Webディレクターの年収は一般的に高くはありません。

Webデザイナーよりは少しは高いですが、仕事の幅や量を考えると、決して満足できるものではないかもしれません。

ですから、Webディレクターとして実績を積んだあかつきには、努力によって収入を増やすことも可能な、フリーランスの道を選ぶ人も少なくありません。

Webディレクターの仕事は評価されにくいのか?

Webディレクターの仕事は、Webデザインやプログラミングのように目に見えるものでもなく、測れるものでもないため、周りからは評価されにくいと言われています。

Webサイトが完成し、マーケティングを行い、売り上げが上がって初めてその成果を見ることができますが、それには時間がかかります。

それでも、ディレクション経験を増やすこと、特に、大規模なサイトのディレクション経験を積むことで、評価されやすくはなります。

フリーランスのWebディクレターのほうが年収は高い?

フリーランスのWebディレクターと、企業で働くWebディレクターの年収は、どちらが高いかは一概には言えません。

というのは、フリーランスになった場合は、必ず安定的に仕事がある保証はなく、営業活動も自分で行う必要があります。

仕事情報サイトも報酬のよい仕事は倍率も高く、必ず取れるというものでもありません。ですので、仕事が安定的に入らなければ、年収は低くなります。

しかし、一方で、Webディレクターの職は需要も多いですから、実績やスキルがあり、多くの人脈もあるWebディレクターであれば、常にいくつもの仕事を同時にこなし、収入も青天井になる可能性はあります。

会社勤めの場合は、どれほど働いてもボーナスが増える程度になりますが、フリーランスの場合は、行った仕事がすべて自分の収入となりますから、効率よく収入を得ることができます。

フリーランスのWebディレクターの働き方

会社勤めのWebディレクターは、明確に業務内容が決まっていて、Webデザイナー、プログラマー、ライターなどの橋渡し役と、Webサイトの進行管理などを行います。

しかし、フリーランスの場合は、Webデザイナー、Webディレクション、Webマーケティングのスキルを兼ね備えている場合、その時々で仕事を変えていくこともできます。

ある案件はWebデザイナーとして、ある案件はWebディレクターとして、ある案件ではWebマーケティングを担当する、ということも可能です。

Webディレクションの仕事がない時は、Webデザイナーの仕事をするなど、持っているスキルをフル回転させて、さまざまな仕事をすることができるのです。

昨今、残業がしにくくなった一般企業に比べ、フリーランスは通勤時間もなく時間も自由なので、その気になれば、かなりの時間を仕事に使うことができますから、やり方次第で収入を上げることは難しくはありません。