インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

人気Webディレクターを目指す方への最新情報

WebディレクターはWeb制作における一連の流れを管理、監督する仕事です。また、クライアントと制作者との橋渡しや交渉などの業務も担います。つまりWebサイトを構築する上での責任者と言えます。

良いデザインや良いWebサイトになるかどうかは全てWebディレクターの手腕にかかわっていると言っても過言ではありません。当ページでは、そんなWebディレクターを目指す方への最新情報をお伝えしてまいります。

Webディレクターとはどんな職業か?

Webサイトが完成するまでには、Webデザイナー、コーダー(フロントエンドエンジニア)、バックエンドエンジニア、そして時にはライターなどの職種が関わってきます。WebディレクターはWeb制作における一連の流れを管理、監督する仕事です。また、クライアントと制作者との橋渡しや交渉などの業務も担います。一般的なWebディレクターは主に広告代理店やWeb制作会社で働くディレクターを想定していますが、その他に、インハウスディレクターや制作に関わる担当者全員が外注という場合もあります。

Webディレクターになるにはどんな勉強が必要なの?

Webディレクターの仕事はWebサイトの制作工程を管理監督する仕事です。そして、その中でクライアントと制作担当者との橋渡し、交渉、提案、問題解決などさまざまな業務をこなさなくてはなりません。そのためには、どうしても制作側に立って制作に関わる経験を積むことが必要となってきます。多くの場合WebデザイナーからキャリアアップしてWebディレクターになるのはそのためです。その他、プログラマーや新聞雑誌の編集経験者がWebディレクターになるケースもなくはありませんが、Webサイトの品質管理をする際、プログラミングの深い知識があることより、デザインや一般的なHTMLマークアップについてなど幅広い知識があるWebデザイナーのほうがより入りやすい職種と言えます。

Webディレクターの年収はいくら?業種別やフリーの場合など紹介

これからWebディレクターを目指す人、現在Webデザイナー、コーダーあるいはWeb プランナーでありキャリアアップをしたいと思っている人にとって、気になるWebディレクターの平均的な月収や年収についてご紹介いたします。

Webディレクターになるにはどんな経験(スキル)が必要なの?

Webディレクターの仕事はWebサイト制作に関するプロジェクトの管理監督をすることです。所属する会社の方針によっても仕事内容は異なりますが、概ね企画段階のクライアントとの打ち合わせから、制作の進行管理、Webサイト完成後の運用までを行います。そのため、多岐に渡るスキルが必要になり、1から勉強するのは大変ですのでWebサイト制作に関わった経験があるとより入りやすい職種です。とは言え、すべてのWebディレクターがこのような経験やスキルを兼ね備えているわけではありませんし、デザインやコーディングの経験がない場合でもWebディレクターの採用を行っている企業もあり、経験を積みながら成長していくという方法もあります。

Webディレクターになるとどんな未来が待っている?

Webディレクターになるとどのような未来が待っているか?という話をする前に、まずは、Webディレクターになるまでにはどのような道のりがあるかをご紹介します。Webディレクターの仕事はWebサイト制作プロジェクトの管理・監督です。企画段階においては、クライアントからのヒアリングを元に、Webサイトのターゲットに合ったデザインイメージ、コンテンツ、戦略などを立案します。そして、予算管理、制作スタッフの人選、実際の制作の進行やクォリティの管理、場合によっては完成後の運用やマーケティングも行います。そのために多岐に渡るスキルが要求されますが、まずは、そのスキルを身に着けるまでの3つの道のりをご紹介します。

Webディレクターの次に目指す所はどこ?

Webディレクターとしてある程度のキャリアを積み上げて行くと、さらなるキャリアアップの可能性が見えてきます。Webディレクターの上にはWebサイト関連のプロジェクトの最高位職として、Webプロデューサーという職種があります。Webサイト制作・運営プロジェクトチームでは、Webディレクター、Webデザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアが関わってきます。場合によってはこの他に、営業、ライター、WebプランナーやWebマーケターが加わる場合もあります。Webプロデューサーはそのすべての指揮をとる立場にあります。