インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Googleマイビジネスとは?登録方法や利用するメリットを紹介!

近年、無料で使える実店舗への集客ツールとして注目されているのが、Googleの提供する「Googleマイビジネス」です。

Googleマイビジネスを導入すれば、無料で検索結果ページやGoogleマップの目立つところに、最新の店舗情報を掲載できます。

ウェブサイトなどと比べると提供できる情報の量は制限されてしまいますが、ウェブ制作の知識がまったくなくても利用できるという点で優れており、特に中小の事業者にとってはお勧めのサービスといえます。

Googleマイビジネスとは?サービスの仕組み

Googleマイビジネスを簡単に説明すると、「Googleマップや Google検索で、店舗名を検索されたときに、店舗情報を検索結果に表示できるサービス」です。

検索結果の目立つところに店舗の営業時間や定休日、電場電話番号、ウェブサイトへのリンク、地図、画像、動画などをまとめて表示できるため、集客ツールとして利用できます。

ためしに、「GINZA SIX」とGoogleで検索してみてください。

Google検索

Google MAP

検索結果に、所在地や電話番号、さらにはウェブ上のレビューや訪問の多い時間帯など、まとめて表示されるはずです。

GINZA SIXのような大きな商業施設だけでなく、コンビニや個人商店なども登録できます。

むしろ宣伝費をかけられない、小さな店舗こそが使うべきサービスです。

Googleマイビジネスへの情報登録はGoogle側も行っていますが、事業者が自ら登録することも可能です。Google側の登録では最低限の情報しか掲載されないため、本気で集客を目指すのならば自分で情報を登録することをお勧めします。

Googleマイビジネスの登録確認方法

Googleマイビジネスでは、利用を開始する前に、まずは登録確認を行う必要があります。

なぜ登録確認するかというと、すでに登録済みなのに、さらに新規登録してしまうと重複扱いになり、GoogleやGoogle MAPでの検索にひっかからなくなってしまうこともあるからです。

上記「Googleマイビジネスとは?サービスの仕組み」に書かれているように、店舗名・会社名などで検索したときに、Googleの検索結果やGoogle MAPに店舗や企業詳細が表示されれば、登録されているということになります。

Googleマイビジネスのオーナー確認と登録方法

Googleマイビジネスの登録確認の結果次第で、下記の対応が必要になります。

■登録されている場合:オーナー確認が必要

■登録されていない場合:新規登録とオーナー確認が必要

登録されている場合:オーナー確認が必要

すでに登録されていることがわかった場合、オーナーが誰になっているかを確認します。

会社や店舗自身が登録していなくても、以下のケースがあります。

  • Googleが自動的に登録しているケース
  • 前任の担当者が登録しているケース
  • 第三者が登録してしまっているケース

すでに登録されている場合は、次に誰がオーナーとなっているかを確認します。

<オーナー確認の手順>

Google MAPで店舗検索を行って、店舗情報が表示され、「ビジネスオーナーですか?」と出ていた場合、すでにGoogleによって、店舗が自動生成されている状態ですから、オーナー確認作業だけを行います。

1.下記の赤い矢印の部分をクリックすると、画面が遷移します。

2. 次に、店舗名や会社名を入れます。

3. 次に、登録されている所在地を確認します。もし、所在地が間違っている場合は、修正します。

4. 次に、ビジネスに当てはまるカテゴリを選びます。

5. その他、表示する連絡先の情報などを入力します。

6. このようにして、入力して行くと最後に、下記のような画面になります。

(ただし、画面はビジネスによって異なり、同じようにならない場合もあります)

この画面になった場合、確認コードを複数の方法から選ぶことができます。

  • 電話での確認
  • はがきでの確認
  • ビジネスによっては、電話、SMS、メール、Google Search Console などによるオーナー確認が可能

その時に表示された確認方法の中から選びます。

確認方法を選択後、確認コードが手元に届きます。(はがきの場合は1週間くらい)

確認コードが手元に届いたら、ログインして確認コードを入力して送信すれば、Googleマイビジネスの全機能が使えるようになります。

登録されていない場合:新規登録とオーナー確認が必要

<新規登録とオーナー確認>

新規に登録する場合は、Googleビジネス公式ウェブサイトから登録可能です。

確認コード請求後、手元に確認コードが届いたら、Google マイビジネスにログインします。

メニューの「オーナー確認を行う」 または「今すぐオーナー確認」 ボタンをクリックして、手順に従ってオーナー確認を行います。

Googleマイビジネスの活用方法

確認コードを送信し、全機能が使えるようになったら、まずは「情報」機能を使いましょう。これは先ほどのリスティングに表示する文章や画像などが編集できる機能です。その他、主な編集項目をご紹介します。

基本情報の設定

ビジネス名、カテゴリ、住所、営業時間、電話番号などの基本情報はすべてここで編集します。

カテゴリとはたとえば「100円ショップ」「DIY用品」「エスニック料理レストラン」「バイクショップ」などのことで、大まかな事業形態と考えていただければ大体間違いありません。

ウェブサイトのリンクを掲載することもできますが、ない場合は「ウェブサイト」の機能で簡易的なウェブサイトを作成することも可能です。

インサイト

インサイトでは、以下の項目を設定することができます。

  • ユーザーがビジネスを検索する方法
  • ユーザーがビジネスを検索した Google サービス
  • ユーザーの行動
  • 運転ルートのリクエスト
  • 電話着信件数
  • リピーター
  • 混雑する時間帯
  • 写真の閲覧数
  • 写真の枚数

写真の追加・管理

また、「写真」の機能を使うと、画像はもちろん動画も投稿できます。

動画投稿機能は、2018年1月に追加された新機能です。

動画再生時間の上限は30秒と長くはありませんが、それだけあればお店の最低限の雰囲気は伝えられます。なお、動画の投稿は現状ではAndroidアプリでのみ対応(iOSやパソコンは非対応)となっています。

動画の再生時間が10秒以内の場合はすぐにアップロードできますが、それ以上の場合は24時間を上限に時間がかかることがあります。早めに撮影して、早めにアップロードすることをおすすめします。

まとめ

  • Googleマイビジネスは検索結果の上部に情報を掲載できる無料サービス
  • 営業時間や電話番号だけでなく、画像や動画なども掲載できる
  • オーナー(事業者)自ら情報の編集が可能で、簡易なウェブサイトも作成可能
  • Googleマイビジネスに情報を掲載すれば、ビジネスの信頼性が向上する
  • 利用に当たっては事前登録が必要

Googleマイビジネスは無料で利用できる実店舗集客ツールとしては非常に優秀です。小さな店舗こそ活用して、どんどん集客していきましょう。

[記事公開日]2018.01.22
[最終更新日]2019.02.28
[ライター]佐久間