インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Googleマイビジネスの投稿タイプ「商品」の利用でCV率アップ?

Googleマイビジネスに、商品情報を掲載する「商品」機能が追加されました(現在は英語圏のみ)。

自社で取り扱っている製品の基本情報(価格、サービス名、範囲、詳細など)を登録することにより、検索結果からの購入を促すことができるようになりました。

近いうちに日本でも使えるようになると思いますので、今のうちから「商品」の投稿について知っておきましょう。

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスは、Googleの検索結果やGoogle mapなどのGoogleのサービスに、ビジネス情報を掲載できる無料ツールです。

検索やGoogle mapは、毎日多くのユーザーが利用していますので、そこに無料でビジネス情報を掲載することには大きな意義があります。

Googleマイビジネスには、以前から「最新情報」「イベント」「クーポン」という機能があり、検索結果などにそれらを表示することが可能だったのですが、2018年5月に新たに「商品」という機能が追加され、更にビジネスの幅が広がりました。

商品機能の概要

「商品」は、検索結果やGoogle mapなどに、自社で取り扱っている製品に関する情報を掲載する機能です。

入力項目は

  • 画像:商品画像を掲載して視認性を高める。動画も挿入可能
  • サービス名:販売している商品、もしくはサービスの名称
  • 価格:日本円での価格
  • 範囲:価格幅がある場合はこちらを「1000円~5000円」のように入力する
  • 詳細:商品に関する説明。100文字~300文字

以上の項目を入力し設定すると、マイビジネス画面に情報が掲載されるようになります。情報は必要に応じて適宜訂正したり、削除したりできます。

最後に

Googleマイビジネスは、無料で使えるサービスということもあり、利用者数は順調に増加しています。

Googleマイビジネスは、スマートフォン画面の占有率が高く、スマートフォンの普及率が高まった現代においてはほぼ必須の無料ビジネスツールと言えるでしょう。

投稿の機能を使っている人もまだまだ少ないと思いますので、「商品」の投稿の導入とともにすぐに利用すれば、ライバルに差をつけられる可能性があります。

[記事公開日]2018.06.19
[ライター]佐久間