インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webコンサルタントに必須な情報収集!有用な3つのツールを紹介

Webコンサルタントになるのに特別な資格は必要ありませんが、実力が伴わない人のもとには依頼は来ません。

Webコンサルタントとして活動する以上は、常にWeb業界はもちろん、その他の業界の情報に対してもアンテナを張っておき、その知識と実力を高めておく必要があります。

今回はプロのWebコンサルタントも愛用している、少ない労力で多くの有用な情報を拾える、Web上で使える情報収集ツールを紹介いたします。

将来Webコンサルタントとして働きたい方はもちろん、現在すでにWebコンサルタントとして働いているという方も、是非参考にしてください。

効率的に有用な情報を集められる「3つのツール」

世の中に情報収集ツールは星の数ほどありますが、重要度の高い情報を効率的に集められる情報収集ツールとなるとかなり数が限られてきます。いらない情報まで取得してしまうようなものは避けるべきです。

必要な情報を効率的に集められる、非常に有用な情報収集ツールとして、本記事では以下の3つを紹介します。

  • Googleアラート
  • SNS(特にTwitterとFacebook)
  • ニュースアプリ

Googleアラート

URL:https://www.google.co.jp/alerts

Googleアラートは、Googleが提供している情報収集ツールです。

あるキーワードをあらかじめ設定しておくと、そのキーワードが含まれる情報がWeb上に流れた際に、メールやRSSフィードで更新のお知らせを受け取れます。

(基本的には検索結果で上位に出やすいWebサイトのみが対象となります)

最初に登録すれば、後は待っているだけでどんどん有用な情報が飛び込んでくるので、非常に便利です。

キーワードはAND検索やOR検索にも対応していて、アラートを受け取る頻度は「その都度」「1日1回以下」「週1回以下」の3つから選べます。Googleアラートの便利な点は、普段は見ないようなWebサイトの更新情報も受け取れることです。

Googleアラートは機械的に情報を収集してくれるので、今まで存在を認知していなかったWebサイト管理者の嗜好や考え方、流行などを自然と知ることが出来ます。

SNS(特にTwitterとFacebook)

Twitter:https://twitter.com/

Facebook:https://ja-jp.facebook.com/

SNSの素晴らしいところは即時性の高さにあります。その中でも特にユーザー数が多く、有用な情報が多いのがTwitterとFacebookです。

自身がSNSを楽しいものだと思わなくても、情報収集のために上記のサービスのアカウントは作成しておくべきです。

SNSには情報が溢れており、その中から情報収集を効率的に行うためには、フォローや友達などの機能を上手に活用しなければなりません。あれもこれもとフォローしてしまうと、タイムラインが雑多な情報でいっぱいになってしまいます。

必要になるたびに検索するのもいいですが、面倒なので基本的には信頼できそうな人を何人かフォローすることをおすすめします。信頼できそうな人がするツイートやリツイートは比較的信頼性が高いからです。

では、具体的にどんなアカウントをフォローすればいいのでしょうか。

Facebookの場合は実名登録なので信頼できるアカウントを発見するのは容易ですが、Twitterは匿名と実名が入り混じっているので、アカウントの信頼度の判断が難しい一面があります。

基本的には、ある程度仕事での実績がある実名のアカウントを優先的にフォローすべきですが、有名人を名乗っていてもなりすましの可能性があるため、油断はできません。

認証バッジ(青地に白のチェックマーク)が付与されているアカウントは、公式から本人確認された有名人のアカウントですので、なりすましではありません。

ただし、有名人であっても認証バッジを取得するとは限りませんので、本人かどうかよくわからない場合は、プロフィールやツイートの内容などを吟味して判断しましょう。

ニュースアプリ

ニュースアプリとは、スマートフォン向けにニュースを配信するアプリのことです。Android,iPhoneともに多数の対応アプリが存在するため、使えるアプリがなくて困るということはまずありません。

むしろアプリが多すぎてどれを選べばいいのか困ることのほうが多いでしょう。

ニュースアプリにはYahoo!ニュースやNHKニュースなどのようにじっくり話題を掘り下げることに重点を置いたものもあれば、グノシーやスマートニュースのように旬の話題をサクッと把握するのに適したものもあります。

または、カメリオのように、特定のテーマの情報を重点的に行えるアプリもあります。

どれも一長一短であり、それぞれを使い分けることによって情報収集が捗ります。

どれを選べばいいのかよくわからないという場合は、とりあえず有名どころのアプリを3個ほど入れてみて、色々と見比べてみるのがいいでしょう。それぞれのアプリの長所と短所が見えてくれば、使い分けも容易になります。

代表的なアプリを箇条書きにしますので、選択の際の参考にしてみてください。

  • グノシー:エンタメやスポーツなど、比較的軽めのニュースが中心のアプリ。
  • ニュースパス:話題の中心はグノシーに類似。気になる話題をフォローできる。
  • スマートニュース:話題のニュースをサクサク読める軽量アプリ。
  • ニュースピックス:コメントの投稿ができるニュースアプリ。実名で活動する専門家も多数。
  • NHKニュース:トップニュース中心のアプリ。政治経済などの比較的硬いテーマに強い。

まとめ

  • Googleアラートは特定のキーワードに関する情報を集めるのに向いている
  • SNSは情報量が多いがその内容は玉石混交なので、フォローする人は吟味すべき
  • ニュースアプリは複数を使い分けると情報収集が捗る

Webコンサルタントにとって、情報収集は生命線になります。複数のツールを上手に活用して、効率的に情報を集めてください。

[記事公開日]2017.11.22
[最終更新日]2018.10.03
[ライター]佐久間