インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webコンサルタントとはどんな職業か?

Webコンサルタントとはどんな職業か?

Webコンサルタントは、Webプロモーションにおいて設定した利益目標を達成できるように、問題点を見つけ、原因を調査し、対策を行うことにより、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。

Web制作プロジェクトに対しては、第三者的な立場にあり、成果については責任を問われないのがWebコンサルタントになります。

一方、成果を上げられたかどうかについて責任を負う立場にあるのが、Webプロデューサーです。

ただし、業務委託として成功報酬型の契約であれば、Webコンサルタントは成功した部分のみの報酬しか受け取れないという形で、責任を負うということになります。

Webコンサルタントはどこで仕事をするの?

Webコンサルタントは、広告代理店やWeb制作会社、Webコンサルティングファーム、そして、一般事業会社などで仕事をします。

Webコンサルティングは、一人でも活動が可能なため、正社員として雇用されているケースもあります。

しかし、経験豊富なWebコンサルタントは、独立開業して、あるいはフリーランスとして、業務委託や契約社員という形で活動することも少なくありません。

Webコンサルタントはどんな仕事をするの?

Webコンサルタントの仕事は多岐に渡りますが、利益を上げるための戦略を提案し、PDCAサイクルが的確に回るようにします。

そして、これらのことをクライアントや制作スタッフが正確に理解できるように、プレゼンテーションできることが大切です。

Webサイト制作

WebコンサルタントがWebサイト制作プロジェクトの企画段階から関わる場合は、クライアントの要望をヒアリングし、商品やサービスの特徴をよく理解し、競合の状況やユーザーのニーズなど、さまざまなリサーチを経て企画を行います。

Webコンサルティングファームに所属している、あるいは、独立起業しているWebコンサルタントがWebサイト制作の提案を行う場合は、WebプロデューサーやWebディレクターの代わりに全体の指揮を取る場合もあります。

その場合は、企画書や見積書の作成やスタッフの選択、制作の進行管理まで行います。

Webサイト運用

Webサイトの集客、利益増加のための戦略立案・課題や問題点の解決、各種マーケティングの施策を行います。

問題点の提起

現在運用しているWebサイトのUIやUXに問題はないか、アクセス状況やコンバージョンはどうか、的確なターゲットにリーチしているか、Webサイト以外のアプローチを行っているかなど、さまざまな観点から問題点を抽出します。

また、クライアント側からの悩みや要望をヒアリングして、その原因を調べます。

問題点の対策

限られた予算の中で、どのWebマーケティングを行うかを選択し、期待される効果や効果が出るまでの期間などをクライアントに説明します。

その他の問題点やクライアントの悩みや要望について、クライアントと協議をしながら解決をします。

Webマーケティングの種類

集客、利益増加のためのWebマーケティング施策には、次のようなものがあります。

  • SEO対策(検索エンジン最適化)
  • リスティング広告
  • ディスプレイネットワーク広告
  • アフィリエイト広告
  • リターゲティング広告
  • SNS広告
  • SMM(ソーシャルメディアマーケティング)
  • メールマーケティング
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(入力フォーム最適化)

※こちらの記事も一緒によく読まれています。
⇒WEBコンサルタントの将来について考えてみた

Webコンサルタントに必要なスキル

Webコンサルタントになるには、幅広いWebの知識とスキルが必要ですが、中でも、クライアントや制作スタッフからの信頼を得るために、良好な関係を築くことができるコミュニケーションスキルが強く求められます。

Webサイト制作に関する幅広い知識やスキル

Webコンサルタントは、Webデザイナーやエンジニアとも対等に話ができるように、ある程度のWeb制作に関する知識やスキルは必要となります。

また、マーケティングにも関わって来ますが、セールスライティングのスキルも是非備えておきたいものです。

Webマーケティングの専門知識

Webコンサルタントには、Webマーケティングの専門知識と数値や情報などのデータを分析能力は必須です。

前述したようなWebマーケティングの知識の他に、各種データを解析するためのツールを使いこなすスキルも必要となります。

また、マーケティング分野で使われている行動心理学の知識も、兼ね備えておきたいものです。

コンセプチュアルスキル

Webコンサルタントが現状の状況を把握し、その問題点を解決へ導く場合、直感や過去の事例、感情などに流されず、データに基づいた事実を検証していくことが大切です。

そのためには、コンセプチュアルスキル(論理的思考能力)が必要となります。

コンセプチュアルスキルとは、さまざまな情報を整理分析し、創造的な戦略立案を行い、物事の大枠を理解し、本質を把握することができるスキルのことを言います。

その中には、問題解決力、先を見抜く洞察力や目先の事象に捉われることなく、全体的・長期的な動向を把握できる力も含まれています。

ヒューマンスキル

Webコンサルタントには、Web制作や運用に関するテクニカルスキルと同じくらい、ヒアリングスキル・リーダーシップ・ネゴシエーションスキル・コミュニケーションスキルなど、ヒューマンスキルが必要となります。

どれほど高度なWebマーケティングの知識を持っていても、コンサルタントとして信頼され、その効果がクライアントやスタッフに伝わらなければ実現しません。

クラアントやスタッフの要望や意見をしっかりヒアリングして理解し、提案する施策の内容や効果をきちんと納得してもらってこそ、初めて施策を進めることができます。

そのためにはクライアントやスタッフとの信頼関係を築き、良好な関係を作ることが重要です。

資 格

特に資格が必要というわけではありませんが、下記のような資格を取っておけば信用度も高まり、Webアナリストとしての業務も可能となるでしょう。

資格を取るための勉強がそのまま自身の知識となりますので、時間があればトライしてみるのもよいでしょう。

  • ウェブ解析士
  • Google Analytics Individual Qualification
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定

※こちらの記事も一緒によく読まれています。
⇒これからのWEBコンサルタントに必須な条件とは

Webコンサルタントの年収

Webコンサルタントの需要は、ますます増え続けていくことが予想されますので、売り手市場となっています。

さまざまな雇用形態が考えられ、経験や実績により年収のレンジも広くなっています。

Webコンサルタントの収入レンジ 400万円~1000万円以上

大手のWebコンサルティングファームや広告代理店の場合は、実務クラスでも400万円~700万円、マネージャークラスでは800万円~1000万円と高水準となっています。

成果に応じて、インセンティブという形での報酬が期待できる場合は、さらに高い年収となることもあります。

また、Webコンサルタントは単独での仕事が可能なため、フリーランサーや独立起業で活躍する方も少なくありません。

その場合、実績を上げた分だけ報酬を得ることができますので、能力のあるWebコンサルタントの報酬は青天井とも言われています。

Webコンサルタントの仕事の幅は、ここからここまでときっちり決まっているわけではなく、働いている会社やクライアントにより変わります。

場合によっては、Webに関するよろず相談係のようになってしまうことさえありますが、クライアント主体の受け身体制になってしまうと、施策も思うように進まなくなることもあります。

クライアントには理路整然と説明ができること、主導権を取れること、自信を持って施策を行って行くことが大切です。

※Webコンサルタントの年収月収について、こちらの記事でも紹介しています。
⇒Webコンサルタントの平均月収と年収について

Webコンサルタントになる方法

Webコンサルタントは、Webプロモーションにより、クライアントが目標とする利益を達成する責任があります。

Web戦略において制作からマーケティングまで、幅広い専門知識が求められますから、Webコンサルタントになろうと思ってすぐになれるというわけではありません。

ここではWebコンサルタントになるためには、どのようなキャリアパスが考えられるかについてご紹介します。

経験により専門知識を養う

Webサイトにおけるプロジェクトを成功に導くには、Webサイト制作やWebマーケティングの知識が必須となります。

これらを短期間で習得することは簡単なことではありません。

Webデザイナーやエンジニアから、Webディレクター、Webマーケッターなどのキャリアパスを経ることで、幅広い知識を習得することができます。

そうした経験と実績を積み重ねた後に、Webコンサルタントになるという方法が一般的です。

企業の「Web担」からWebコンサルタントとして独立

企業の中には、俗に「Web担」と呼ばれる職種があります。

Web担当者の事ですが、自社のWebサイト構築、運営、マーケティングと幅広い業務を担当しています。

WebディレクターやWebマーケッターなどの仕事を一手にまとめたような仕事であり、Webに関することは何でもやっているという場合も多く見受けられます。

その中で、Webプロモーションに関するさまざまな知識やスキルを身に着けて行きます。

この経験と実績を活かして、独立してWebコンサルタントに転身するという道も開けてきます。

アフィリエイターから転身

アフィリエイターは、自身のブログやWebサイトで、企業の商品やサービスを宣伝して収入を得る仕事です。

閲覧者の問い合わせや資料請求、購入実績がそのまま自分自身の収入につながるわけですから、Webマーケティングについて深い知識を得る努力をしています。

アクセスを増やすための手法、閲覧者を問い合わせや購入に導く手法についての専門的知識は、そのまま「クライアントの利益目標を達成する」というWebコンサルティングの目的と合致します。

そこで、アリフィエイターからWebコンサルタントに転身するという方法が考えられます。

ただし、アフィリエイターは、これまで個人として活動をしている場合が多く、今後、Webコンサルティングとして活動するためには、相手がクライアントになるという点が異なります。

コミュニケーション力、提案力、プレゼン力など、対人関係のスキルを磨く必要はあります。

Webコンサルティング会社で未経験から始める

Webコンサルティングの会社の中には、未経験でのWebコンサルタント募集を行っている場合もありますので、アシスタントから始めて、経験を積んでいくということは可能です。

Webデザインやエンジニアの経験がない場合は、マーケティング寄りのコンサルティングになる傾向があります。

しかし、幅広いコンサルティングを行うことができるためには、HTMLやCSS、プログラミングの基本的な知識は身に着けておいた方がよいでしょう。

※Webコンサルタントになる方法として、こちらの記事もよく読まれています。
⇒どのような経験と結果を積んで来た人がWebコンサルタントになれるの?