インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webコンサルタントの年収と平均月収について

Webコンサルタントの年収と平均月収について

Webコンサルタントは、Web開発・制作・運用に関して利益目標を達成できるように、問題点を見つけ、原因を調査し、対策を取るというPDCAを回して、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。

Webコンサルタントは1人でも活動できるため、その雇用形態もさまざまです。

Webコンサルティングファーム、Web制作会社、事業会社に雇用されるケース、独立起業して個人で活動するケースなどがあり、所属する会社によっても年収は大きく異なります。

Webコンサルタントの平均月収や年収ってどのくらいなの?

全体の平均年収

平均年収 610万円
平均月収 35万円

職種としてはまだ新しいため、若い世代が占める割合が多く、全体の平均年収は610万円ですが、Web業界の中では高い水準となります。

例えば、SEMなど、ある一部の施策に特化したWebコンサルティングの場合、もう少し年収は下がります。

また、固定報酬の他、インセンティブが別途発生する場合は、成功の度合いによって収入が異なることもあります。

年代別平均年収

20代 512万円
30代 672万円
40代 821万円
50代 886万円
60代 648万円

Webコンサルティングの仕事は、Webに関する深い専門知識と高いヒューマンスキルなどが要求されるため、どの年代についても平均より多い数字となっています。

30代後半~50代にかけて、マネージャークラスになると、平均年収が1,000万円を超えることもあるようです。

企業規模別平均年収

大企業のWebコンサルタントの平均年収 928万円
中企業のWebコンサルタントの平均年収 768万円
小企業のWebコンサルタントの平均年収 696万円

企業の規模や業種によっても平均年収は異なりますが、一般的に大企業は小企業に比べて、200万円ほど平均年収は高めになります。

また、正社員、契約社員、派遣社員など、雇用形態によっても異なります。

会社に雇用されないフリーランスや独立起業した場合は、経験と実績がある有能なWebコンサルタントであれば、収入は青天井と言われています。

参考URL:http://heikinnenshu.jp/it/itcon.html

Webコンサルタントが収入を上げるには?

実績を上げる

Webコンサルタントが手掛けているWebプロモーションを成功に導くことで、その成功度合いにより、インセンティブを得るという形で収入が上がる場合もあります。

自社サイトでの成功実績を積み上げた場合は昇進するなど、役職と同時に報酬も上がっていくことになるでしょう。

コンサルティングファームやWeb制作会社などに所属している場合、特に大型案件の成功実績を積むことにより、条件のいい会社への転職の可能性も大きく開けてきます。

より条件のいい会社への転職

現在、Webコンサルタントの需要は多く、売り手市場となっていますので、より条件のいい会社へ転職がしやすい状況です。

また、実績は数値となって測りやすいため、それなりの実績を積んだWebコンサルタントは、ヘッドハンティングからも声がかかりやすく、その場合はより条件のいい提示があることが多いものです。

その他、スカウトサイトに登録するなどしておくのも一つの手段です。

最近では、大手の事業会社への転職希望が増えつつあります。

コンサルティングファームや制作会社の社員として、第三者ではなく「自社」つまり当事者として関わることができれば、より身近に運用の結果を体感することができ、自信のキャリアを積むことができるからです。

それにより、さらにその先でステップアップしてより高い年収を期待することができます。

収入が上がるという事は、それなりの高度なスキルを期待されているという事ですから、豊富な実績や卓越した得意分野がある場合は、より高い報酬で採用されるでしょう。

独立起業

経験と実績を積んだWebコンサルタントが、独立起業することはめずらしくありません。

その場合、コンサルティングファームで仕事していた時のような、大型案件をいきなり手掛けることは難しいかもしれませんが、小中規模の案件を多数手がけることができます。

Web制作、運用、LP制作、Webマーケティング、セールスライティングなどの事業を、一手に引き受ける、あるいは独自のWebサービスを展開するということも可能です。

小中規模の案件は、より深く会社との関係を築きやすく、自社案件同様の「当事者感覚」を持つことができる場合もあります。

有能なWebコンサルタントであれば、事業の規模次第で、会社に所属している時以上の収入を得ることができます。

独立起業で活動する場合は、クライアントに提示できる経験や実績の他、資格を所持していればより活動しやすくなります。

参考となる資格
  • ウェブ解析士
  • Webアナリスト検定
  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • IMA検定

Webコンサルタントとして、相応のキャリアを積んだあとには、WebプロデューサーやWebアナリストなどへのキャリアアップによる収入アップの可能性もあります。

いずれの場合も、Webコンサルタントはルーチンワークをこなしていればいいという仕事ではなく、実績を上げることが必須ですので、日々変化するWeb業界の流れに乗り遅れないようにすることが大切です。

 

※こちらの記事もよく読まれています。

>>Webマーケッターの平均月収と年収について

>>Webプロデューサーの平均月収と年収について

>>Webディレクターの平均月収と年収について