インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

どのような経験と結果を積んで来た人がWebコンサルタントになれるの?

どのような経験と結果を積んで来た人がWebコンサルタントになれるの?

Webコンサルタントへのキャリアパスには、さまざまなケースがあります。

  • WebデザイナーやエンジニアからWebディレクターとなり、Webコンサルタントになるケース
  • 未経験からWebコンサルティングファームで採用され、一人前となるケース
  • Webマーケティングの部署でのキャリアを積んで、Webコンサルタントに転身するケース

など

どうすればWebコンサルタントになれるか?というと、極端な話、「Webコンサルタント」と名乗れば、Webコンサルタントになることができます。

しかし、Webコンサルタントとして仕事をしていくためには、結果を出さなくては後が続きません。

Webコンサルタントという職業の魅力とは?

感謝される

Webコンサルタントは、クライアントのWebプロモーションを成功させ、売上を上げるという使命を負っています。

無事、プロモーションに成功すれば、クラアントからは感謝され、信頼を得ることができます。それにより、また、次の仕事につなげることができます。

達成感がある

Webプロモーションを成功させるということは、並大抵の努力ではありません。

予算範囲内でできることを把握し、内部施策や十分な広告効果により、売上を上げることができれば、大きな達成感を得ることができます。

そして、それは、Webコンサルタントとしての大きなモチベーションとなります。

実績を上げれば収入は青天井

現在のIT業界は、需要が供給に追い付いていない状態です。スキルのあるWebコンサルタントは、引っ張りだこの状態です。

もちろん、しっかり実績を上げているWebコンサルタントであることが条件ですが、需要はあるので、確実に成果を出していくことができれば、収入は青天井とも言われています。

Webコンサルタントになるにはどんなスキル・キャリアが必要?

Webコンサルタントになるには、

  • Webサイト制作に関する幅広い知識やスキル
  • Webマーケティングの専門知識
  • ヒューマンスキル
  • コンセプチュアルスキル(論理的思考能力)

など、幅広い総合的な知識やスキルが必要となります。

Webサイト制作に関する幅広い知識やスキル

Webコンサルティングファームに所属している場合や、独立起業しているWebコンサルタントは、企画段階からWeb制作に携わることもしばしばあります。

WebプロデューサーやWebディレクターを配置しない場合は、自らが制作を主導しますので、制作スタッフとのコミュニケーションや対等に話をするためにも、Web制作に関する知識やスキルは必要となります。

Webサイト制作に関する基本知識やスキルは、スクールに通うなどして習得することはできます。

しかし、実際の制作現場では、クライアントの要望や時間的な制約などにも応えて行かなくてはならず、さまざまなトラブルなども起こります。

さらに、マーケティングの要素も盛り込んでくるなど、さまざまな展開が想定されます。

Webデザイナーやフロントエンドエンジニアの経験を積んでいれば、こうした実情や制作の流れなどを把握することができるので、制作スタッフとも現状の把握が容易になり、コミュニケーションが取りやすくなります。

Webマーケティングの専門知識

Webコンサルタントは、設定した利益目標を達成できるように、Webプロモーション上の問題点を見つけ、原因を調査し対策を行い、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。

そのために、必要なWebマーケティングの施策を行っていく必要があります。Webマーケティングを行うには、スクールなどで基本的な知識は習得できるものの、やはり実戦での経験は必須です。

Webコンサルタントへのキャリアパスの過程で、実践的なマーケティングを経験できるとすれば、主にWebディレクターやWebマーケッターです。

ただし、WebデザイナーやエンジニアでもWebサイトの運用過程において、Webマーケティングのスキルを習得する場合もあります。

Webに関わる職種であれば、マーケティングのスキルを習得するチャンスはいくらでもあります。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルはヒアリング、リーダーシップ、ネゴシエーション、コミュニケーションなど、対人に関するスキルです。

Webコンサルタントにもっとも必要なのは、ヒューマンスキルだとも言われるほど重要なスキルになります。

Webディレクター、Webマーケッターなどの経験を積むことにより、ヒューマンスキルを身に着けて行くことができます。

しかし、同時に日ごろから、セミナーや交流会・講演などには積極的に参加して、人脈を広げておくこと、また独自に行動心理学・交渉術・マネージメントなどを学んでおくことも大切です。

コンセプチュアルスキル(論理的思考能力)

コンセプチュアルスキルとは、Webコンサルタントに必要な資質の一つ「論理的な思考能力」のことです。

バックエンドエンジニアの経験があれば、データに基づいた検証・情報を整理分析し、目先のことに捕らわれず、物事の大枠を把握することができる能力を兼ね備えていますので、Webコンサルタントになるためにはとても有効でしょう。

コンセプチュアルスキルは、バックエンドエンジニアの他、データアナリスト、Webマーケッターの仕事などをしていた場合、持ち合わせているスキルです。

さらに、コンサルティングファームでWebコンサルタントのアシスタント経験や、データ解析やレポーティングを行う仕事をしていた場合にも持ち合わせています。

Webコンサルタントになるにはどんな選択肢がある?

Webコンサルティング会社で働く

未経験でWebコンサルティングファームに就職して、まずはアシスタントとして、一から勉強しながらスキルを磨いていくという方法があります。

この場合、Webコンサルタントとしてのスキルを積み上げて行くことに集中しやすい環境にあると言えます。

企業のWeb担当として働く

企業の中で、Web担当として働くという方法もあります。

一般的に、企業のWeb担当は、Web制作やマーケティング以外にも、さまざまな雑務に関わっていかなくてはなりませんので、幅広い仕事の経験をすることができます。

しかし、企業内のWebプロモーションしか経験できないというデメリットもあります。

独立起業/個人事業主として働く

Webデザイナー、Webプログラマーなどの経験がある、Webマーケッターとして仕事をしていたなどの経験のある人は、これまでの経験を活かして、独立起業や個人事業主としてWebコンサルティングを行うことも考えられます。

Webコンサルティングは総合的なスキルが求められるので、もともと制作側の立場であった人は、ヒューマンスキルを強化しておくことをお勧めします。