インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

売れっ子Webコンサルタントを目指す方への最新情報

今やインターネットを使わずして企業を運営していく事は不可能です。どんな小さな会社でもホームページを当たり前のように持ち、Webを使った経営戦略を考えます。もはやWebコンサルタントは、その会社の経営基盤を担う経営コンサルとのような存在になって来ております。そんな会社の未来を背負って立つ売れっ子Webコンサルタントを目指す方への最新情報を掲載してまいりたいと思います。

Webコンサルタントとはどんな職業か?

Webコンサルタントは、Webプロモーションにおいて設定した利益目標を達成できるように、問題点を見つけ、原因を調査し、対策を行うことにより、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。Web制作プロジェクトに対しては、第三者的な立場にあり、成果については責任を問われないのがWebコンサルタントです。一方、成果を上げられたかどうかについて責任を負う立場にあるのが、Webプロデューサーです。ただし、業務委託として依頼した場合に、成功報酬型の契約であれば、Webコンサルタントは成功した部分のみの報酬しか受け取れないという形で、責任を負うということになります。

どのような経験と結果を積んで来た人がWebコンサルタントになれるの?

Webコンサルタントへのキャリアパスはさまざまなケースがあります。WebデザイナーやエンジニアからWebディレクターとなり、Webコンサルタントになるケース、未経験からWebコンサルティングファームで採用され、一人前となるケース、Webマーケティングの部署でのキャリアを積んで、Webコンサルタントに転身するケースなど、どうすればWebコンサルタントになれるか?というと、極端な話、「Webコンサルタント」と名乗れば、Webコンサルタントになることができます。しかし、Webコンサルタントとして仕事をしていくためには、結果を出さなくては後が続きません。

Webコンサルタントの平均月収と年収について

Webコンサルタントは、Web開発・制作・運用に関して利益目標を達成できるように、問題点を見つけ、原因を調査し、対策を取るというPDCAを回して、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。
Webコンサルタントは1人でも活動できるため、その雇用形態もさまざまです。Webコンサルティングファーム、Web制作会社、事業会社に雇用されるケース、独立起業して個人で活動するケースなどがあり、所属する会社によっても年収は大きく異なります。

これからのWebコンサルタントに必須な条件とは

Webコンサルタントは集客や利益目標を達成できるように、問題点を見つけ、原因を調査し、対策を行うことにより、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。それは、今もこれからも変わることはありません。しかし、日々変化するWeb業界において、新しい技術、トレンド、メディアが次々誕生し、Webコンサルタントが関わる問題点や原因、対策も多様化して行きます。

Webコンサルタントの将来について考えてみた

この20数年で、インターネットが一般家庭に普及したことにより、世の中が大きく変化しました。そして、スマートフォンの登場でインターネット人口はさらに上昇し続け、今では、インターネット環境は、ライフラインの一つと言っても過言ではありません。そして、商品やサービスの広告宣伝方法も劇的に変化してきました。今後の10年、20年で、新しい媒体やサービスも登場し、Web環境はさらに変化していくことでしょう。

Webコンサルタントのクライアントの見つけ方

Webコンサルタントがクライアントを見つける場合、どのような形態で雇用されているかにより、状況も変わってきます。事業会社で雇用されて、自社のWebプロモーションを任されている場合は、クライアントを見つける必要はありません。WebコンサルティングファームやWeb制作会社で雇用されている場合や、独立起業、フリーランスとして活動している場合、Webコンサルタントは集客のプロですから、自身の業務についても、Webマーケティングを行うことによってクライアントを見つけることができます。